TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハッカビーズ」

『ハッカビーズ』 IHUCKABEES (I HEART HUCKABEES)

ハッカビーズ スペシャル・エディション
  製作年:2004年
  製作国:アメリカ
  監督:デヴィッド・O・ラッセル
  出演:ジェイソン・シュワルツマン、ジュード・ロウ、ナオミ・ワッツ、
      ダスティン・ホフマン、リリー・トムリン、
      マーク・ウォールバーグ、イザベル・ユペール


<簡単なあらすじと感想>
環境保護連合で微妙な立場(正確には郊外開発反対運動の支部長らしい)にいるアルバートが自分の身に起こる不思議な偶然を知るために、哲学探偵に自分の調査を依頼≪実存主義的調査≫するのですが・・・。
ジェイソン・シュワルツマン演じるアルバート、ジュード・ロウ演じるブラッド、ナオミ・ワッツ演じるドーン、トミー演じるマーク・ウォールバーグが、それぞれ抱えている問題について本当の自分探しをするこの作品。
監督自身は「この映画はまず何よりもコメディ」と言ってるらしいのですが、う~ん、う~~ん・・・・。コミカルなシーンは確かにあるけど、私の笑いのツボにはハマらなかった。残念!

しっかし、哲学探偵のダスティン・ホフマン!いいのかこんな髪形で!!
ジュード・ロウが軽く女装するシーンは笑えないし。むしろ少しキモいかも・・・。
正直、宇宙の真理や自分を知る鍵だとか背景になってることが私にはよくわからないときてる。
それでもハッカビーズ社のエリート役であるジュード・ロウが、哲学探偵にいつも話すマヨネーズのネタを指摘された時の徐々に変化する顔、そしてその後の狼狽する姿、嫌味な男前エリートの落ちぶれる姿を見るとスッキリするのはなぜ?
しかもこの時のジュード・ロウの演技がまたいい(特に何度もテープレコーダを聞いてる時の顔の表情変化)!!

ジュード・ロウが主役?と思いがちですが、どちらかと言えばジェイソン・シュワルツマンが主役でその脇役を固める豪華共演者たちといった感じ。
ジェイソン・シュワルツマンの実母タリア・シャイアも出演してるということなんですが、Mrs.silver役ということでおそらく劇中でも母親役の人??(間違ってたらスミマセン!)。
彼女が出てる「ロッキー」や「ゴッドファーザー」見たのに顔が思い出せない・・・。なんせ見たのは超昔だからな~、仕方ないか。
ダスティン・ホフマンの実子ジェイク・ホフマンも出演してるらしいのですが、一体誰だったのか全くわからず・・・。
valetという役らしいけど、どのシーンに出てたのか思い出せず・・・。わかる人がいたら是非教えてちょーだい
ちなみにハッカビーズというスーパーマーケット自体はそれほど重要ではないらしく、劇中でも殆ど(というか全く)出てきません

個人的にはジュード・ロウ主演の最近映画では、「アルフィー」の方が好きかな。この映画の感想はまた後日。

-2 Comments

5011 says...""
TKATさん、はじめまして。
コメントどうもでした。
なんかタイトル眺めてたら、TKATさんと観てるものがカブッてるんですよねぇ。
これもDVD買ってまだ観てないんですけど。

最近、ジェイソン・シュワルツマンて、チョッと気になってるんです。
「奥さまは魔女」にも出てたけど、家柄バッチリだけど、背ちっちゃいし、ちょっと味わいありますね。
DVD寝かせとかないで観てみます。

また、おじゃまさせてください。
2006.03.20 23:11 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
5011さん、わざわざ来てくださってありがとうございます!
「奥さまは魔女」でもマネージャー役で出てましたよね。私も味あい深い彼がちょっと気になります。
ちなみに私もエルモア・レナード、原作は殆ど見ました。実は読書の方が好きで(特にユーモア作家や犯罪もの)感想をアップしたいと思いつつ、映画にしろ読書にしろすぐ感想を書かないと内容を思い出すのに時間がかかるときてる(笑。
一生懸命思い出しながら頑張る予定です(あくまでも予定)♪
5011さんのKARAOKE第2弾も楽しみにしてますね~。
2006.03.21 10:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/22-0c09d705
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。