TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「森のなかの秘密」 幾米

『森のなかの秘密』 森林裡的秘密 THE SECRET OF FOREST

森のなかの秘密
 作・絵:ジミー(幾米)
 訳者:高梨いなさ
 出版社:PHP研究所





<簡単なあらすじ>
とある日、昼寝をしてるともこもこうさぎが現れた。おいでと口笛を吹かれてドアを開けたみるとそこは森の中。森は音楽がいっぱいで楽しい。実は森の中に秘密をたくさん隠していた。そして忘れていた夢も見つかった。楽しい時をすごせてありがとう、もこもこうさぎ。しかし夢が覚め、うさぎがいない町はとてもさみしい。またあの楽しい夢が見たい・・・。

<感想>
今作品は手に入れにくそうなので図書館で借りてきました。
ジミー=色彩豊かというイメージがあったのですが、今作品は絵の線も文字も全て深い緑色。でも内容はファンタジー溢れる物語になってます。

今作品はジミーの処女作。しかも作家デビューが40歳というんだからすごい!そして何よりこの処女作を読んであることが分かったことが何より嬉しい!!
『地下鉄』や『幸せの翼』、『君のいる場所』を読んで、密かに登場してる巨大うさぎ(窓の外だったり木の陰だったり、登場の仕方は様々)がず~っと気になっていたんです。一体どんな意味があるんだろうと。
ちなみに『地下鉄』では『森のなかの秘密』の主人公と巨大うさぎがちゃっかり電車の中に乗っており、『君のいる場所』では巨大うさぎと夢うさぎたちが堂々の登場。
『森のなかの秘密』を読んで、初めて巨大うさぎの正体がわかりました。もこもこうさぎだったと。←ただ他で登場してる巨大うさぎがもこもこうさぎと同一のものかは謎・・。。

ジミー紹介サイトを見てみると、次のような説明が・・
「巨大な石やウサギや宙を泳ぐサカナや、およそリアルとはかけ離れたものがそこには存在している。一見すると楽しいファンタジーのようだが、内包されているものは実に奥深く哲学的だ。」と。
でしょうね~。『森のなかの秘密』での等身大巨大うさぎは愛嬌があって可愛らしいけど、その他の著書に出てくる巨大うさぎの登場は意味不明で何か奥深いものがありそうですもん。
『森のなかの秘密』は単純にファンタジーとして読んでましたが、もしかして単純な中にも何かメッセージが隠されていたのか?!やっぱりジミー作品は奥深い・・・。

-6 Comments

孔雀の森 says...""
TKATさん、こんにちは♪
今思わず『地下鉄』を開いてうさぎさんを探してしまいましたよ。
『森のなかの秘密』読んでみたいですね。でも入手しにくいのですか。うちの近くの図書館にありますように(願)
40歳でのデビューとは!積み重ねてきた経験が作品に生きているといえるでしょうか。
2007.06.09 06:56 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
孔雀の森さん、こんにちは♪

ジミー作品は購入と決めてたのですが探してもなかなか見つからなくて(泣)。今作品は絶版かな?運がよければ古本屋さんで見つかるかもしれないですよ♪

『地下鉄』で巨大うさぎさんすぐ見つかりました?電車内では耳が隠れており目だけが目立ってるのでわかりにくいかも?ちなみに最初の方で主人公が階段を降りるシーンでも、階段下に巨大うさぎがいます。

↓ここでジミーさんの事が少しわかりますよ~。↓
http://www.roc-taiwan.or.jp/news/week/06/060821z.htm
しかも本人の写真付き!!作品リスト(日本未発売含)もあるので結構参考にしてます♪
2007.06.09 14:12 | URL | #- [edit]
孔雀の森 says...""
こんばんは。

>『地下鉄』で巨大うさぎさんすぐ見つかりました?

すぐには見つかりませんでした。TKATさんの説明でよくわかりました!!ますます読んでみたくなりました!

ジミーさんのサイト、教えてくださりありがとうございます。早速お会いしましたが(笑)、絵本の列車に乗っていそうな方だなあと思いました。
偶然ですが、サイトに載っていた『ブルー・ストーン』の中国版を買いました。どんどん本が増えていきます。TKATさんの影響です(笑)。
2007.06.10 20:36 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん♪

列車内の巨大うさぎ発見しましたか!ここは『地下鉄』『君のいる場所』『幸せの翼』の主人公たちが乗車してる夢の共演車両です(笑)。

>絵本の列車に乗っていそうな方だなあと思いました。
もしかしてどこかに乗ってるかもしれませんね。実は全作品に登場してたりして(笑)。眼鏡かけてる男性の登場人物は要チェック?!

『ブルー・ストーン』購入されたんですね♪私はまだ未見なので感想を楽しみにしてま~す。

>TKATさんの影響です(笑)。
何をおっしゃる~。私自身は孔雀の森さんの影響でジミー絵本が増えていったと思ってます(笑)。
でもそれだけ大人でも入り込める絵本だってことですよね。
孔雀の森さんもジミー関連だけでなく、香港映画全般でおススメサイトがあれば是非教えてくださいませ♪
2007.06.10 23:09 | URL | #- [edit]
孔雀の森 says...""
TKATさん、こんばんは♪

中国図書専門店でこの本を購入しました。衝動買いです。
モノクロで繊細なタッチの絵ですね。もこもこうさぎの心まで描かれているような。ウサギって感情を表現しない動物だと思うけど、こんなふうに一緒に遊んでくれたら楽しいだろうなあと思いながら読んでいました。
おっしゃるように他作品に登場する巨大ウサギは意味不明ですね。私は、どちらかというと、この作品のウサギさんのほうが好きです。
TBさせていただきました~
2008.02.15 19:44 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん♪

読まれたんですね♪私は孔雀の森さんのレビューを拝見するまで内容を思い出せないでいまいした^^;自分のレビュー読んでも、巨大うさぎのことしか書いてないので内容が全くわからない(><) (←古いレビューにコメント付いた時にしか以前自分が書いたレビューを見ることはないのですが、いかに自分が適当に感想を書いていたかよ~くわかりました^^;反省)

夢の中で動物と一緒に遊んでいる夢って楽しそうですね♪猫とか犬ではなく、うさぎさんなのがまたいい!他作品に登場する巨大ウサギに比べて純粋に可愛らしい^^
巨大ウサギにはどこか影が・・・。今後のジミー作品にも巨大ウサギは登場するんだろうな。
2008.02.15 21:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/196-4fbc48ab
幾米『森林裡的秘密』
  著 者:幾米(ジミー)〔台湾〕   出版年:2003年(初版:1998年)   言 語:繁体字中国語   英 題:Secrets in the Woods   出版社...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。