TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デッド・フライト」

『デッド・フライト』  PLANE DEAD

 製作年:2007年
 製作国:アメリカ
 監督:スコット・トーマス
 出演:デビッド・チザム、クリステン・ケール、
     ケビン・J.オコナー、デレク・ウェブスター、
    レイモンド・バリー

<簡単なあらすじ>
パリ行きの航空機には特別貨物が積荷されていた。機体が乱気流で激しく揺れた時に積荷物が崩れ、その箱の中から自称科学者と名乗る女性が出てきた。この女性はあるウィルスに感染したゾンビで機内は次々と増殖していく。そのことを知った米政府はこの民間の航空機を撃ち落す決断をするが・・・。

<感想>
機内には犯人を護送中の刑事、揉めごとだらけの若いカップルたち、運輸保安局員(はじめは怪しい雰囲気なのに正体がわかってからどこか凛々しくなる)など、ありきたりな乗客たちが乗り込んでます(笑)。
最近のゾンビはただ単に死んだ者が生き返るというのではなく、科学者たちによってつくられたウィルスが発端だったりしてバックグラウンドが近代的になってきてる。だからそれなりの前置きがいる訳で・・・ゾンビが増殖してわんさか登場するのは後半から。

機内という密室が舞台なので、ゾンビが増殖したら絶対助かるわけない!なんて思っちゃいますが、なんとかなるもんです。これが2時間映画ならきっと全滅だったはず?!

この『デッド・フライト』はパニック50%、ホラー50%という感じでしょうーか。ストーリーもオチも目新しいものは何もありませんが、ゾンビが登場する後半からはテンポがよくなるので退屈はしないかな。

-2 Comments

kazuou says...""
ゾンビもの好きなので、見てみました。
フライトパニックもの+ゾンビ、というアイディアは斬新ですが、展開自体はオーソドックスでしたね。
パニックになるまでの前半がかなり長いような気がしましたが、それなりに人物描写も小まめにしていて、退屈するほどではなかったです。護送中の詐欺師が、飛行機の運転できる、という伏線がさりげなく挟まれていたあたり、わりと丁寧な作りで感心しました。
ネタ自体がキワモノなので、多少のお馬鹿さは許容範囲のつもりで見たのですが、意外に、よくできていたように思います。
2007.06.02 22:10 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
こんばんは、kazuouさん♪

私もゾンビものは好きで、パニックものも好きなので観ました。確かにパニックになる前の前半はちょっと長かったですが無駄な感じではなかったですね。そして後半で一気にパニックに(笑)。
個人的にアメリカ映画なのでシスターは生き残る?って期待してたのですが・・あれれ?

ラストのいかにもゾンビっぽい終わり方は結構気に入ってます(今観るとコテコテ感が反対に新鮮?)。退屈はしませんでしたが、ゾンビものとしてはあまりインパクトないかな~。
あっといわせるようなゾンビ映画があれば是非教えてくださーい!
2007.06.02 23:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/185-40147ebb
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。