TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブラッド・ダイヤモンド」

『ブラッド・ダイヤモンド』  BLOOD DIAMOND

ブラッド・ダイヤモンド [DVD]
 製作年:2006年
 製作国:アメリカ
 監督:エドワード・ズウィック
 出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、
     ジャイモン・フンスー、マイケル・シーン



<簡単なあらすじ>
漁師のソロモンは反政府ゲリラRUFによって家族をバラバラにさせられただけでなく、採掘現場で強制労働させられる。そこでソロモンはピンク・ダイヤモンドを発見し隠すが、密売人ダニーにそのことを嗅ぎつかれてしまう。ソロモンの家族を捜すことを条件にダイヤモンドの隠し場所へ案内さそうとするが・・・。

<感想>
これまた機内で見た映画。見たいと思ってたので往路の一発目に鑑賞。
143分という長さだったけど最後まで見入ってしまった!「紛争ダイヤモンド」の供給システムについても言及されてるだけでなく、密輸されたダイヤモンドで得たお金が武器購入や内戦資金に使われててること、希少だからこそダイヤは高く売れるという実情はこの映画で初めて知った・・。
そして何よりもRUFが子どもたちを兵士にしようと仕立て上げる様が衝撃的。これはエンターテインメント?ドキュメンタリーでは?と思ってしまう。
機内の映画説明文によるとディカプリオはジンバブエに滞在して現地の独特のなまりある英語を習得したとのこと。といっても英語力が全くない私にはディカプリオのセリフを聞いてもそんな努力は全くわからないけど~(笑)。

とにかく銃撃戦がとても緊迫感があり、最後まで画面に釘付けになった映画でした。今後、ダイヤモンドを見たらこの映画を思い出しそう・・。

-2 Comments

chocolate says...""
インドの宝石の街、ジャイプールに行った時に
めちゃめちゃたくさんのダイヤモンドを見たんですけど、
やっぱりこの映画のこと思い出しちゃって
旅先なのになんだか社会派な気分になってしまいました~(笑)

銃撃戦、迫力がありましたよねー。
私も打たれるかと思ったもん、ふふふ。
2007.04.28 10:55 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
やっぱダイヤモンドを見るとこの映画を思い出しちゃいますか~。うんうん。
ダイヤを買う予定は全っっくないのですが(というか高すぎて買えない)、もしダイヤに接する機会があれば「どこ産?」って気になるかも・・。

銃撃戦、迫力ありましたね!見ててハラハラしぱなっしでした!
でもやっぱり一番印象に残ったのは子ども達が兵士として洗脳させられていくシーン!
肝心のディカプリオの演技はって?良かったと思います♪『ディパーテッド』を観たあとだと余計にそう思ったりして(笑)。
2007.04.29 15:01 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/182-68abc768
ブラッド・ダイヤモンド
ディカプリオが、見事な演技で光っています。アフリカのシエラレオネ共和国では、闇でのダイヤモンドの取引が盛んに行われていました。反政府軍組織であるRUFに襲われて連れ去られ、闇ダイヤの採掘場で強制労働を強いられていたソロモンは、作業中に大粒のピンクダイヤを発
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。