TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スーパーナチュラル」シーズン1 Vol.3

『スーパーナチュラル』 SUPER NATURAL #6・#7

SUPERNATURAL スーパーナチュラル(ファースト・シーズン)コレクターズ・ボックス1 Vol.2-5
 製作:2005年~
 製作国:アメリカ






※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれてるかも。


第6話:もう1人の自分
兄ザックが殺人容疑で逮捕されたとザックの妹からメールがきた。兄が殺人をするはずがないと言い切る妹。なぜなら兄が犯人なら同時に2ヵ所にいたことになると。いろんな人に姿をかえることができる伝説のシェイプシフターの仕業だと知った2人だったが、ディーンの姿にも化けてしまった。果たしてどうなる?

第7話:偽りの十字架
9マイル・ロードで切断死体が発見された。唯一の目撃者によると「犯人の姿は見えなかった」と。根拠のない伝説の代表と言われてる「フックマン(鉤(フック)の腕の男)」が犯人だと思われる。が、唯一の目撃者である牧師の娘の周辺ばかりで起こる事件ということは一体?
いつもの兄貴と違うのをとっさに見抜くのはやはり弟。でも兄ディーンの本心(?)は本当に本心なのかな?それともシェイプ・シフターがサムを試しているのか??サムによるとシェイプ・シフターは乗り移る人間の記憶も取り込んでる感じと言ってるけど、これが本当ならディーンの内心がかなり暴露されてます・・・。
父親が残した手掛かりだけでなく、偶然知った友人の事件までもが2人の仕事の領分だなんて、世の中不思議な事件があふれてるもんだ。

7話ではフックマンが登場。伝説の中でも何の根拠もない代表らしいのですが、ホントそんな感じのストーリーでした(笑)。
一つ気になったのは、牧師の娘さん、大変な事が起こったあとなのに赤系の口紅を塗ってるせいか、ラストのシーンだけ全く別の女優さんが演じてるのかと思ってしまった。ラスト前までの顔となんか違うような気がするのは私だけ?

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/180-dcff0393
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。