TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ターンレフト・ターンライト」

『ターンレフト・ターンライト』  向左走・向右走 TURN LEFT, TURN RIGHT

ターンレフト・ターンライト 特別版
 製作年:2003年
 製作国:香港
 監督:ジョニー・トー(杜峰)/ワイ・カーファイ(韋家輝)
 原作:ジミー(幾米)「Separate Ways 君のいる場所」
 出演:金城武、ジジ・リョン(梁詠)、
     エドマンド・チェン(陳之財)、テリー・クワン(關穎)、
     ラム・シュー(林雪)

<簡単なあらすじ>
バイオリニストとジョンと翻訳家のイブ。ある日公園で会い互いに惹かれあった2人。電話番号を交換するも雨でにじんで番号がわからなくなってしまった。同じアパートの隣同士に住んでるのにそのことを知らず互いに相手を探すが・・・。2人が偶然頼んだ食堂の店員や、医者が2人が再会するのを邪魔するが、2人の運命はすれ違いのまま終わるのか。

<感想>
いくつもの偶然の中、互いを捜し求めている間に2人のいろんな感情がよく出ててこちらまで感情移入してしまうほど。
公園で出会った日の夜、それぞれが浮かれ気分でいたのに(このシーンがとても可愛い!)、次の日の朝、書いてもらった電話番号が雨ににじんでわからなくなってしまった時のトーンダウン。どんなシーンでも離れている2人が思うことは一緒ってのは運命以外なんでもない?!

シンボルスカの『一目惚れ』の詩が2人のベースみたいになってるのですが、この『一目惚れ』という詩が気になるー♪詩には全然興味がなかったのに、『一目惚れ』は自分まで恋してる気になっちゃう。

そしてこのラブストーリーを引き立ててくれるのは、やっぱりジョンの事が好きな食堂の店員とイブの事が好きな医者。この2人がいなかったらただのラブストーリーにで終わってしまいそう(笑)。
そして目立たないけど赤ちゃんと犬!ちゃんと2人のことがわかっているのが何ともいじらしいじゃないの~♪

2人が会えるのか会えずに終わるのかっていう肝心のラスト、びびびびっくり!!私が予想してたのとは大きく違った!ってこんな結末誰が予想できる??これも偶然が引き起こす運命ってことなのか・・・。
驚きのラストでしたが、見終わったあとは<縁>ってすごいなーと感じた作品でした。
原作絵本「君のいる場所」も見よっと♪

-6 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは♪
ずいぶん前に観た作品で、ちゃんと覚えているのは二人の職業、傘、雨ににじんだメモ、それにラストくらいです。
でも二人の主役の表情は鮮明に残っています。やはりあのラストだからでしょう。
ラストに到る過程も、臨場感があってドキドキしましたよ。「会えないで終わるはずないよね~」と思いながら…
ドラマを先に見ていたので、そちらの先入観が強かったのですが、映画はまた違った意味で魅力的でした。
2007.03.22 09:25 | URL | #W/rA3xXw [edit]
5011 says...""
TKATさん、ども。
これ面白かった。
恋愛モノかと思いきやスクリューボール・コメディのような展開で、まさかまさかと思いつつエンディングになってまたビックリ!
絵本のほうはもっとオーソドックスな恋愛モノのような気がしますね。
TBさせてもらいました、ヨロシクです。
2007.03.22 12:39 | URL | #- [edit]
加納ソルト says...""
こんばんは!
この作品私も好きです。見ているこちらがイライラするほど出会わないもどかしさ…けど、絶対最後には出会えるだろうと予想はつく。しかしラストは意外すぎましたね~。
私も記事にしていたので、TBさせてもらいました!
2007.03.22 20:38 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
>孔雀の森さん

二人の職業、傘、雨ににじんだメモ、ラスト・・これだけ覚えてるなら完璧です(笑)。
私もラストは「きっと会えるんだろうな」と思いつつ見てたのですが、会えるなら一体どんな形で??と想像してたらラストで「え~!!」って感じでしたよ。
途中、テレビや何かでそれらしい兆候が少しでもあったら想像できたかもしれないけど、いきなりでしたもんね~。こんなラストも意外性があっていいかも。 
ドラマも半額デーを狙って借りてみます♪ 

                                                                                             
2007.03.22 20:50 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
>5011さん

この映画面白いですよねー。そういや5011さんもジョニー・トー監督について書いてたなと思い出し、先ほどお邪魔したら『ターンレフト・ターンライト』についても書いてられたんですね~。しかもシンボルスカの詩まで♪普段は全く気にも留めない内容の詩なのに、この映画でこの詩が好きになっちゃったよ。

TBなんですが、私の設定が悪いのか(多分そう)TBすることもTBしてもらうことも最近調子が悪いみたいなんです・・。TB出来る場合もあるようで、一体何が原因なのか不明ときてる。ちょいと設定を変えてみたので、申し訳ないですがもう一度TBしてもらってもいいですか?お手数かけてすみません!
2007.03.22 21:04 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
>加納ソルトさん

加納さんもご覧になってたんですね♪(ソルトさんじゃなく加納さんって言うとなんだか妙な感じだわ(笑))。
あれだけ何度も会える機会はあったのにお互い気付かないのはホントもどかしい!そしてどんな劇的な再会があるのかと思いきや、あり得ない設定でびっくり!ある意味ありきたりじゃなくて良かったかも。

TBありがとうございます♪最近TBが不調なのでちゃんとTB出来てうれし~。

2007.03.22 21:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/172-87ec4c40
気づかないことは美しい/映画「ターンレフト・ターンライト」
同じアパートに住みながら朝の時間がずれているため出会わない男と女。アパートの窓から外を見ると丁度、女が出かけたところ。しかし、見えるのは頭の上だけ。同じ電車に乗るが、30分ずれているため、出会わない。同じ売店でホッ
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。