TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不夜城」

『不夜城』  SLEEPLESS TOWN

不夜城
 製作年:1998年
 製作国:日本
 監督:リー・チーガイ(李志毅)
 出演:金城武、山本未来、椎名桔平、エリック・ツァン(曾志偉)、
     ラン・シャン(郎雄)、キャシー・チャウ(周海媚)


<簡単なあらすじ>
上海、北京、台湾などのさまざまな組織が勢力を持った町、―歌舞伎町―。
上海マフィアの幹部を殺して逃亡してる富春が歌舞伎町に戻ってきた。3日以内に富春を探すように言われたかつての相棒である健一。そんな中「富春を売りたい」と富春の女である夏美が健一の前に現れる。何もかも利用して生きている夏美に対し危険と知りながら惹かれていく健一。歌舞伎町の中で2人を待ち受けている結末は・・・

<感想>
家にあるビデオ整理をしていて出てきた映画。当時映画館に見に行ったのち、あまりにも気に入ったためレンタルビデオ屋で中古ビデオとして購入しました。
映画化となったベストセラー小説『不夜城』がマフィア抗争がメインなのに対し、映画ではラブストーリーがメインになってる感じです。なので小説とは多少イメージが違いますが、映画は映画で良く、マフィア抗争の渦中にいる2人の行き場ないラブストーリーに引き込まれてしまうほど。
『月夜の願い』『裏街の聖者』などのリー・チーガイ監督だからラブストーリーに重点を置いたんだろうなきっと。

同じ匂いがする2人は惹かれ合いながらも信じ合うことがない。生き残ることに手段を選ばない夏美、素性が謎で一体どこまでがウソなのか真実なのか全く先が見えないという役に山本未来がまさにハマり役だったのにビックリ。とくにラストでの表情がたまらなくいい~。
マフィアのボスのイメージが定着しているエリック・ツァン、今回はそれほどインパクトなかったのですが主役2人が際立ってて脇の立場を十分わかってるって感じ?
ただ富春役に椎名桔平っていうのは何度見ても少し違和感あるんだなー。もしかして椎名桔平=長髪に違和感があるのかも。
健一(金城武)と夏美(山本未来)の騙し合い、数日間という短い間での深く哀切なラブストーリーとしては見応えのある映画です。

-6 Comments

masada says..."不夜城"
はじめまして。昔映画館で見ました。自分がよく行っていた新宿が舞台でインパクトありました。裏ぎ裏切られ
で、ぞくっとする感覚があったのを覚えています。
2007.03.04 21:21 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
はじめまして、masadaさん♪
私は関西在住なので映画を見ててもどこが新宿らしいのかチンプンカンプンなのですが、パンフレットを見るとオープニングシーンは実際歌舞伎町なんですね(セットだと思ってましたよ~)。あと銃撃戦は靖国通り?ついでにレインボーブリッジ・ループ桟橋下とか新宿アイランドタワー前だとか。関東在住の人には馴染みの場所が多くて映画を見てても違う楽しみがあっていいですよね~♪

うらぎ裏切られは、見ててこちらまでホントにどこまで信じていいのか半信半疑状態。そんな騙し合いが衝撃的な結末に・・。うーん、思い出しただけでもゾクゾクしますね。
2007.03.04 23:26 | URL | #- [edit]
孔雀の森 says...""
こんにちは♪
これほどの豪華キャストとは、知りませんでした~
昔はマフィアものがあまり好きではなく、この手の作品は遠いところにありました。
この作品には暴力的なイメージを持っていましたが、レビューを拝見して、思っていたほど強烈ではないかも、と勝手に想像しています。
レンタルショップでは日本映画の棚を探せばいいのですね。(今更納得している私…)
長髪の椎名桔平って、ちょっと想像できませんね。
2007.03.06 07:13 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんばんは、孔雀の森さん♪
ラブストーリーに重点を置いてるといってもベースはマフィアの抗争なので、銃撃戦とか多少はそれらしきシーンも・・。でも全然強烈じゃないから多分大丈夫っす♪

>レンタルショップでは日本映画の棚を探せばいいのですね。
私が持ってるビデオには製作国は日本と記載されてますが、もしかしてアジア映画棚にあるかも??
舞台は歌舞伎町なのですが、映画の半分(1/3程かな?)は北京語(台湾語も少しあり)のためなんだか日本映画って感じはしないんですよねー。

そうそう、私は原作を読んで(しかも人物相関図が載ってるパンフもあり)、この映画を見たのですんなりストーリーに入り込めるのですが、初めてこの映画を見た友人はマフィアの派閥関係がイマイチ理解できないと言ってました。でも男女間の結末を見ると派閥なんてどうでもよくなっちゃうかも??長髪の椎名桔平にも是非注目を(笑)。
2007.03.06 21:33 | URL | #- [edit]
孔雀の森 says...""
こんにちは♪

やっと観ました~。

>マフィア抗争の渦中にいる2人の行き場ないラブストーリーに引き込まれてしまうほど。

ホントにこの2人どうなるのかというのが最大の関心事で、マフィアの抗争はどうでもよくなってしまうほどでした。というか、派閥関係はよくわからないまま終わってしまいました(苦笑)。

>とくにラストでの表情がたまらなくいい~。

山本未来さん出演作は初めてでした。このラスト、切なかったです。いつまでも残るような表情でした。ビデオのパッケージにもなっているのですよね♪

同時に本も購入してこれから読もうかと。順序が逆ですが(笑)。
TBさせていただきました。
2007.06.23 07:58 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんにちは♪

やっぱり派閥関係は難しいですよね~。上海、北京、台湾の組織がベースになってるのですが、誰がどこに所属してて結局どうなったの?っていう感じは否めないですね。ラブストーリーに重点置きすぎて抗争部分がちょっとあやふやかも??

>同時に本も購入してこれから読もうかと。順序が逆ですが(笑)。
おお!本も購入されましたか!!原作は抗争がメインとなってるので映画とは雰囲気が違いびっくりするかも(笑)。

TBありがとうございます♪
2007.06.23 14:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/167-acc74b7b
不夜城
  1998年/日本/2時間02分(中古VIDEO)  監 督  李志毅(リー・チーガイ)  原 作  馳星周『不夜城』  出 演  金城 武  山本未来  椎名桔平        郎 雄(ラン・シャン)曾志偉(エリッ
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。