TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「欲望の街 古惑仔I」

『欲望の街 古惑仔I 銅鑼湾の疾風』  古惑仔之人在江湖 Young and Dangerous

欲望の街~古惑仔 I・銅鑼湾(コーズウェイベイ)の疾風

 製作年:1996年
  製作国:香港
  監督:アンドリュー・ラウ(劉偉強)


出演:イーキン・チェン(鄭伊健) 、ジョーダン・チャン(チャン・シウチョン)(陳小春)、マイケル・ツェー(謝天華)、ジェイソン・チュー(朱永棠)、ジェリー・ラム(林暁峰)、フランシス・ン(呉鎮宇)、ジジ・ライ(黎姿)、サイモン・ヤム(任達華)、ラム・ソンイー(林尚義)

<簡単なあらすじ>
1956年、香港政府が一大団地を建設。その結果、戦後の核家族化と教育熱は多くの落ちこぼれを産み、近くのグラウンドは不良少年の温床となった―
洪興社の幹部B(ン・チーホン)の舎弟である義理に厚いナン(イーキン・チェン)、女好きのサンカイ(ジョーダン・チャン)、、おちゃらけなポウパン(ジェリー・ラム)、そしてチョウパン(ジェイソン・チュー)とイー(マイケル・ツェー)は昔から顔なじみの5人グループ。
ある日、洪興社の組長チャン(サイモン・ヤム)からマカオにいるビルというボスを始末してほしいと命令を受け、現地に行った5人。しかしこれは罠の始まりに過ぎなかった。

<感想>
いやー久しぶりにこの映画を見たけどやっぱり面白いかった♪私が初めてイーキン・チェンや小春さんを知った映画で、思い出の作品です。

暴力団の義理人情をベースにしてるのですが、青年たちの青春映画とも言えるような感じ。Bを慕う仲間たちの飲み会(?)は自由で楽しそうな雰囲気。Bも部下を最大限に信頼していて絆がしっかりあるのがよくわかる。こんな上司と部下の関係はどんな世界であっても理想中の理想。Bはなんだか地井武男に似てるので気になる(笑)。

あと登場人物がいい!一番のヒットはやっぱり神父さん!!何気に登場するのですが、肝心なシーンでやってくれちゃってる!!前振りはあったもののまさかここで?!とシリアスなシーンでちゃっかりです(笑)。
そしてカン役のフランシス・ン。悪者のイメージがぴったり!『欲望の街 古惑仔I』ではなんとも嫌な役ですが、ネットで調べていると『非情の掟』で来日してた彼の写真を見るとめっちゃいい感じですやんか!!小春さん主演の『BE MY BOY』にも出ており見てみたいと思いつつもこの作品、我が家近所のレンタルショップにないんですよねー。
そんなカンが言ったセリフで、
<「義」という字は我と羊からなっており、我は羊という意味。羊のようにボスに従順する義理人情は今時はやらない―>
なるほど。この意味が本当なのかはわかりませんが納得。

しかし小春さんの再登場シーンには泣かせてくれる。何回か見てるのでここで再び登場するというのはわかっちゃいても、そしてクサすぎるとわかっちゃいても目頭が熱くなってくる(泣)。この役が小春さんだからなおさらなのか??

この映画は数年前に『水曜亜細亜電影』という番組から録画したのを今改めて見たのですが、この番組はよく香港映画を放送しておりとてもお世話になりました♪ちなみにこの作品、ベストセラー漫画『古惑仔』(日本未発売)の映画化だそう。

-2 Comments

孔雀の森 says...""
こんにちは♪
やっぱりコレでしたね。
タイトルを目にするたびに観ようと思いながら、まだ観ていない作品です。
イーキン・チェンはこの時代とあまり変わっていないような気がします。童顔だからでしょうか。
小春さんは前よりがっちりした感じがします。
私も『水曜亜細亜電影』を時々見ていたような記憶が…
もう少し前はNHK教育テレビでした。
2007.02.17 13:03 | URL | #W/rA3xXw [edit]
TKAT says...""
こんにちは、孔雀の森さん♪
そう、やっぱりコレですコレ。イーキンは昔も今もホント変わりませんよね~。まだまだ若いと思ってたら彼も今年40歳!ひゃー。
トニー・レオンもそうだけど、まだまだ青年の雰囲気があって(←これはちょっと言いすぎ?)人気も衰え知らずってのは凄いです!
この作品でクールないい男イーキン、三枚目の小春さんのイメージが出来てしまい、他の作品でも同じような役が多いような・・。ジェリー・ラムもイーキン作品には欠かせない存在。愛嬌ある笑顔が何とも言えない(笑)。

孔雀の森さんも『水曜亜細亜電影』をご覧になったことがあるんですね♪これってもう放送してないのかな??NHK教育テレビでも放送してたのはびっくりです!!でも教育上よろしくない映画は放送されないのでかなり厳選された映画ばかりだったんでしょうね。
とにかくテレビ(しかもタダ)で好きな映画(ノーカット版)が見れるって嬉しいことです♪
2007.02.17 13:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/163-59da36ac
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。