TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幽霊探偵からのメッセージ」 アリス・キンバリー

『幽霊探偵からのメッセージ』 THE GHOST AND MRS.McCLURE

ミステリ書店(1) 幽霊探偵からのメッセージ
 著者:アリス・キンバリー (Alice Kimberly)
 訳者:新井ひとみ
 出版社:ランダムハウス講談社





<簡単なあらすじ>
ペネロピーは伯母と書店を共同経営してる未亡人。その書店に売れっ子作家がプロモーションツアーに来ることに。しかし講演途中で急死してしまう。そんな時、ペネロピーの耳に聞こえてきたのは急死した売れっ子作家が描くベストセラー本の主人公探偵ジャック(幽霊)の声だった!

<感想>
作家が生み出したハードボイルドの主人公探偵ジャックはモデルとなった人物がおり、ペネロピーが経営する書店で命を落としたという経緯でこの書店に棲みついているという設定で、ペネロピーと2人で力を合わせて真相を解明していくというもの。

書店を経営してるという事で一般的にお馴染みの作家たちの名前が登場するのは結構嬉しいもの(しかも自分が知ってる作家ならなおさら)。主人公が書店経営という設定で言うなら、気に入ってるのはやっぱりジョン・ダニングかなー。出てくる本の数が違う!!

幽霊であるジャックの死の真相が今後課題になっていきそうなシリーズって感じなので、この1作目はまずはベース作りといったところでしょうか。なので1作目ではこれといったインパクトはあまり感じられず。このコンビの関係を含めてどう面白くなっていくのかが今後に期待するところ。展開次第では面白くなっていきそうな予感はするんだけど、どうだろ?

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/141-61b28433
ジョン・ダニングについて
ジョン・ダニングジョン・ダニング(John Dunning, 1942年1月9日 - )はアメリカの推理作家である。クリフォード(クリフ)・ジェーンウェイが登場する「本」をテーマとしたシリーズで知られる。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。