TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「かもめ食堂」

『かもめ食堂』 

かもめ食堂
  製作年:2005年
  製作国:日本
  監督:荻上直子
  原作:群ようこ
  出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、
      ヤルッコ・ニエミ、タリア・マルクス


<簡単なあらすじ>
フィンランドでかもめ食堂を営んでるサチエ。初めての客である日本かぶれの青年トンミに「ガッチャマン」の歌詞をいきなり聞かれ、出だしししか思い出せない彼女は本屋のカフェで偶然見かけた日本人女性ミドリにガッチャマン」の歌詞を聞くことに。歌詞を教えてもらったお礼にミドリを家に招待し、そしてミドリはかもめ食堂を手伝うことに。かもめ食堂には美味しいコーヒーをいれるコツを教えてくれる男性がきたり、荷物が無くなった日本人女性がやってきたり、いつも店の中を睨むように見てる女性がいたり・・・。サチエを取り巻く人間、環境をのんびりと描いた作品。

<感想>
この映画で出てくる料理って、普段食卓に出そうなものばかりで共感がありまくりで、気取ってなく素朴で海外にいるととても食べたくなるものばかり。かもめ食堂のメインメニューもおにぎりってのがまたいいねー。やっぱおにぎりは梅・鮭・オカカ。フィンランドで日本食食堂って違和感あるかと思ってたら、このかもめ食堂は全然浮いてなくとても自然。

なんといっても片桐はいりのフィンランドにくることになった理由がいい!!どっか遠いところに行ってやろうと思って目をつぶって世界地図を指差したらそこがフィンランド・・・うーん、なんかなんかダーツの旅っぽくてカッコイイぞ!日本の世界地図はもちろん日本が真ん中。私が旅する地を同じ方法で決めるなら絶対意図的に左上のヨーロッパ辺を指すな(笑)。

日本びいき青年トンミのTシャツに「にゃろめ」のプリントがされてるだけでなく、トンミの着るTシャツは日本かぶれに徹底してる。凝りすぎ(笑)。トンミに頼まれて漢字を書くシーンがあるのですが、いくらなんでもそんな当て字はないだろうと思いつつ私もトンと言えばやっぱりこの字しか思い浮かばない・・・。
他にもフィンランドだけに片桐はいりが読んでる本が「ムーミン谷の夏まつり」だったり、「フフフ」と思わず笑ってしまうシーンもちりばめられていてゆっくり進むストーリーなのに全然退屈しない!
ラストがまた素朴でこの映画にぴったりで、見終わった後は幸せな余韻を残してくれるようなそんな感じ。公開中からずっと見たかった映画だっただけに大満足の作品でした♪

余談ですが、海外旅行に行く時に友人にお土産のリクエストを聞いたら「世界地図!」と言った子がいたのを思い出しました。なんでも世界地図はその国の言葉で書いてあるだけでなく、その国が中心にきてるので日本で見る世界地図とは違って楽しいんだとか。うん、確かに楽しそう♪

-2 Comments

ひめ says...""
あの漢字のおかげで「トンミ・ヒルトネン」という名前をバッチリ覚えられました。
穏やかだけどたまにくすりと笑える感じがとても良かったですよね^^
2006.12.03 03:06 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
はじめまして、ひめさん。
ホントあの漢字で私もすぐ名前を覚えました(特にトンミ!)。
3人の個性派女優のキャスティングがぴったりとハマっててなんとも言えない余韻があります。群ようこさんは昔にちょっと読んだだけなのですが、今回この映画を見て原作も読んでみたいなと思いました♪
2006.12.03 21:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/130-a13797fa
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。