TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「40歳の童貞男」

『40歳の童貞男』 THE 40 YEAR OLD VIRGIN

40歳の童貞男
  製作年:2005年
  製作国:アメリカ
  監督:ジャド・アパトー
  脚本:ジャド・アパトー / スティーヴ・カレル
  出演:スティーヴ・カレル、キャサリン・キーナー、
      ポール・ラッド、ロマニー・マルコ、
      セス・ローゲン、エリザベス・バンクス

<簡単なあらすじ>
ある日職場仲間からポーカーに誘われたアンディ、そこで互いの経験談になったのものの、経験したことがないアンディは話を合わすも皆に童貞だということがバレてしまう。そのことを知った同僚たちはアンディの脱童貞作戦を決行。そんな時、店に来た女性客トリシュと知り合ったアンディは次第に彼女とデートを重ねていくことに。脱童貞の日はやってくるのか?

<感想>
同僚たちの手ほどきにより40歳になって初めて色んなことを経験するアンディ、道端での立ちションですら初めてだなんて今まで超道徳的な生活を送ってきたんだなー。しかし男として磨くために剛毛な胸毛を脱毛するのはどうだろ。それにこの脱毛方法、かなり原始的で笑ける!←しかも特典映像によると地毛で本当にやってるんだそう・・・めちゃ痛いって!!
最初はバカバカしいと思いつつも(しかしそのバカバカしさが結構面白い)、後半からはトリシュとの恋愛が見てて楽しくてほのぼのとしてて楽しい♪同僚たちのバカバカしいセッティングも笑ける(しかも同僚たちは意外と真剣にアドバイスしてたり・・)。
デート大会での登場人物たちもクセのある人たちで面白すぎ(←そんな奴いないって!って突っ込みたくなるぐらい)。もしかしてキャサリン・キーナー演じるトリシュが一番自然体だったかも?

見る前の面白いんだろうな~という期待は裏切らなかったって感じでしょーか。特典映像もなかなかで、マット・デイモンやウディ・アレンをネタにしてたりも。
当然のごとく下ネタが多いですが、それほどお下品という感じではなく私には面白く見れたコメディでした♪

-2 Comments

5011 says...""
いや~キャサリン・キーナーっていーなー。
普通の感じをだせるし、かと思えば「マルコヴィッチの穴」とかのミステリアスな女性にもなれる。

あと色んな映画のことをジョークにしてましたよね。
って、具体的にもう思い出せないや。
2006.11.05 20:14 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
ねー♪キャサリン・キーナーっていいですよねー。この映画では飾らない普通の女性でいい感じ。(っていうか他の女性出演者のキャラ濃いすぎ?)
実はついこの間見たのに私も具体的に思い出せない(笑)。有名ミュージカルのパロディがあったらしいんだけど、私はそのミュージカルを見てないのでちんぷんかんぷん。「スター・ウォーズ」のタイトルに似せたジョークしか思い出せない・・。
2006.11.05 20:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/118-ba2172f0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。