TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジーヴズの事件簿」 ウッドハウス

『ジーヴズの事件簿』 THE CASEBOOK OF JEEVES

ジーヴズの事件簿 P・G・ウッドハウス選集1
 著者:P・G・ウッドハウス (Pelham Grenville Wodehouse)
 編訳者:岩永正勝・小山太一
 出版社:文藝春秋 P・G・ウッドハウス選集Ⅰ   





<感想というよりウッドハウス・コレクションとの比較>
国書刊行会のウッドハウス・コレクション『比類なきジーヴス』に収録されるのとほとんど同じですが、違うところは『ジーヴズの事件簿』の方が収録数が多いってことと、訳者が違うってこと。
まず『比類なきジーヴス』に入ってないのは「ジーヴズの初仕事」「バーティ君の変心」「ジーヴズと白鳥の湖」「ジーヴズと降誕祭気分」「ガッシー救出作戦」。
しかし最初の4つはウッドハウス・コレクション『それゆけ、ジーヴス』『でかした、ジーヴス』に収録されているため、ウッドハウス・コレクションを読んでからこの『ジーヴズの事件簿』を読むとほとんど内容は変わらないので新鮮味は少ないかも。
唯一「ガッシー救出作戦」(特別収録作品)は初めて読みました。これは<バーティ&ジーヴズ>の原型となるもので、バーティの苗字がウースターではなくマナリング=フィップスとなっており、ジーヴズはほとんど活躍しないというもの。まあ確かにジーブズが活躍するようなストーリーではないような感じ。
 
ウッドハウス・コレクションを読んでからウッドハウス選集を読むとき(逆の場合でも)注目したいのはやっぱり訳。ウッドハウス選集では、ほんのたまにバーティが会話の語尾に「~だぜ」と付くのが妙に気なる・・・。私が関西人だから?それともウッドハウス・コレクションではそんな語尾を見なかったから?(←多分「~だぜ」はなかったと思う)
あと会話の中で「鶯の凍れる涙いまやとくらむー」「しめこの兎だ」など、現代訳でこれはどーよ?!一応これらの言葉が出てくる時にどんな感じの意味かはわかるようになってますが、それでもどーよ??逆で言えばウッドハウス・コレクションは現代訳しすぎってこと?

そして挨拶。「よう、ひょっとこ」=「ハロー、バカ顔」、「何だ、醜おとこ」=「チェーリオ、不細工」、「いようーいようーいよう!」=「ハロー、アーロー、アロー」(※前者が『ジーヴズの事件簿』、後者が『比類なきジーヴス』)となっており、見ての通りウッドハウス・コレクションの訳はおそらく原語に近いんじゃないかと(違うかも?)。なんとなくウッドハウス選集の方が訳がちょっと古くさい気もしますが、どちらが好きかは読む人の好みによるのかなー。
さて、どちらを読むのがいいのか・・・。トータルで考えると多くの<バーティ&ジーヴズ>(ちなみにウッドハウス・コレクションではバーティー&ジーヴスと微妙に違う)をより多く読みたいならウッドハウス・コレクション、ウッドハウスの他シリーズも読みたいなら(全体的に凝縮して)ウッドハウス選集ってとこでしょうか。迷った時は両方読むのが一番!訳の比較をするだけでも楽しいかも。

-2 Comments

kazuou says...""
ウッドハウス、着々と読破していますね!
いちおう、国書刊行会版と文藝春秋版と両方購入しているのですが、まだ国書版1巻しか読んでなかったりします。もったいないので(といいつつ、積読なんですが)。
それにしても、けっこう両シリーズで訳の違いがあるもんなんですね。とくに、国書版は続刊が出るのが、かなり早いので、訳はちゃんとしてるか、心配になったものですが。
でも、なんかどちらのシリーズも〈ジーヴズ〉ものに偏っている気が…。ウッドハウスのノンシリーズものなども紹介してほしいものです。
2006.10.02 22:01 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
リプリーシリーズに続いてまたまた読破しつつあります(笑)。
国書版は次々と続刊が出てますが、こちらはまだ2巻までしか出てないんですよね。3巻目はいつになったら出るんだろう??とりあえず『エムズワース卿の受難録』は今から楽しみです。
訳はやっぱり・・・乾信一郎がシンプルながら味があって良かったかも(笑)。というか初めてウッドハウスを読んだのが乾信一郎訳で、それを読んで面白い!と思ったので印象が強いんですよ。それでも現代訳で読んでも面白く読めるのはやはり原作がいいからなんでしょうね。
2006.10.03 21:45 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/111-6436d66b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。