TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「香港ゾンビ」

『香港ゾンビ』 生化壽屍 BIO ZOMBIE

香港ゾンビ
  製作年:1998年
  製作国:香港
  監督:監督:ウィルソン・イップ(葉偉信)
  出演:ジョーダン・チャン(チャン・シウチョン)(陳小春)、
      サム・リー(李燦森)、アンジェラ・トン(温盈盈)、
      ライ・ユーチュン(黎耀祥)、チョン・カムチン(張錦程)


<簡単なあらすじ>
DVDショップで働いているビーとモーディは、車を運転してるところボトルを入れたカバンを持った男を轢いてしまう。そのボトルの中身は半分飲めば無敵になれるというもの(=ゾンビ)。そのことを知らない二人は轢いた男に飲ませてしまい、様子のおかしくなったこの男をトランクに乗せるが・・・。ゾンビだらけと化したショッピングモールから逃げ出すことは出来るのか?

<感想>
いきなりホラーというわけではなく、冒頭はジョーダン・チャンとサム・リーの掛け合いのような感じ。タイトルを知らなければかなり弱いチンピラの話かと思うかも(笑)。やっとホラーっぽくなってきたかと思ってても、この2人のホラー映画らしからぬ掛け合いがまさに香港映画!
次は何かあるぞと思ってたら空すかしだったというパターンはよくあるものの、この映画ではそういうシーンでもどこかしらコメディっぽい。全体的にドタバタコメディホラーだなこれは。ゲーム好きが幸いして危機一髪のとこ助かったり、ゾンビたちと戦う時にはゲームみたいに馬力と武器の紹介があったりする。このゲーム感覚の紹介シーンはよく見ると楽しい(←<ゾンビ軍団VS香港オタク軍団>のキャッチコピーの意味をやっとここで納得)。しかしホラーとしてのメイクはいただけない・・・けどなんか許せてしまうのが香港映画。
この作品の見所はゾンビになった寿司屋の最後まで純粋な恋と、何より小春さんがかっこいいってこと(笑)。最近の映画かと思ってたら1998年製作じゃないの!『メイド・イン・ホンコン』や『欲望の街』から1~2年しか経ってないじゃん!!どうりで若いと思ったよー。
特典でもう一つのエンディングが収録されてますが、こちらはいかにもホラーって終わり方。まあどっちの終わり方でもいいけど(笑)。まさしくぶっ飛びゾンビ映画でした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/102-fdf11663
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。