TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フライトプラン」

『フライトプラン』 FLIGHTPLAN

フライトプラン
  製作年:2005年
  製作国:アメリカ
  監督:ロベルト・シュヴェンケ
  出演:ジョディ・フォスター、ピーター・サースガード、
      ショーン・ビーン、マーリーン・ローストン、
      エリカ・クリステンセン


<簡単なあらすじ>
ベルリンからニューヨークまでの飛行機に、夫の棺とともに乗ったカイルと娘のジュリア(このE-474型のエンジンはエンジニアのカイルがつくったもの)。カイルが目を覚ますと娘のジュリアが行方不明に。必死に探し回るも誰もジュリアを見ておらず、搭乗した記録さえもなければ荷物も消えている。娘と一緒というのはカイルの妄想なのか?もし一緒なら娘はいったいどこに消えたのか?

<感想>
飛行機という密室の中で、女の子を狙う変体に娘を誘拐されたと騒ぎ立てるカイル。いきなりアラブ人のせいにするわ、カイルの度を越した行動によって400人の乗客を超不安に落としいれるわ・・ものすごいパワーよくいえば娘のために最後の最後まで戦う母は強し。航空保安官のジーン・カーソンは安全を脅かすカイルから目を離さない。私も娘の存在が気になり画面から目が離せない。結末が全く想像していなかった方向へ進んでいき、見る前からあまり期待してなかったせいか意外にドキドキ感いっぱいで見入ってしまった。なによりこの飛行機の構造は見てて楽しい(←この映画で一番の見所だったりして)。
テロからセキュリティが厳しくなってるはずなのになぜそんなことが可能なの?とか誰も少女を見ていないなんて都合よすぎない?そして何よりも計画が超甘すぎない?(←なんの計画かはネタバレになってしまうので書けない・・・)なんて疑問に思う部分もありますが、個人的にはまあまあ面白く見れたかな。ジョディ・フォスターがハマリ役だったのが面白く見てた要因かも(しかし老けたなー)。この映画の結末は賛否両論のようですが(特にジョディ・フォスター演じるカイルの傍若無人ぶりが非難の対象?)、まあそんな役どころなんだなと無理やり納得・・・いや納得できないかも・・・。

-4 Comments

5011 says...""
こんばんは。
この映画にしても「インサイド・マン」にしても最近のジョディはちょっと貫禄ありすぎです。
『私はジョディよっ!!』的な凄みありありで、ちょっとやそっとの俳優じゃ相手にならないのです。
今の彼女に見合った役は合衆国大統領くらいしかないんじゃないでしょーか?
2006.09.03 23:16 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
お久しぶりです、5011さん。
確かにジョディはめっちゃ貫禄ありありです。

>今の彼女に見合った役は合衆国大統領くらいしかないんじゃないでしょーか?

面白過ぎ(笑)!そして納得。小生意気で強い女性のイメージが定着してるので、ここら辺で優しい母親役とかをやってもいいんじゃないかと・・・シングルマザー役じゃなく夫に依存してる役とか。超ラブコメディに出演してるジュディも見てみたい(笑)。
2006.09.04 19:24 | URL | #- [edit]
5011 says...""
そんな久しぶりでしたか…。
ジョディの超ラブコメですか、見れるもんなら見てみたい!
でもやっぱり相手役は誰がやるんでしょうね。
ヤバいですね、ジョディ。
大好きなんですけどね~、このままだとグレン・クロース化しちゃいますね~。

2006.09.04 21:17 | URL | #- [edit]
TKAT says...""
ジョディが超ラブコメするなら相手は誰がいいだろう?うーん、思いつかないや。
私の中でグレン・クロースといえば、ありきたりですが「危険な情事」と「101」「102」。特に後者のクルエラ役は強烈でインパクト大!ジョディいずれこんな役をするようになるのか?!考えられないけど・・・見てみたい。
2006.09.05 19:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/100-e1944848
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。