TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ファンタスティック・フォー」

『ファンタスティック・フォー』 FANTASTIC FOUR

ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]
  製作年:2005年
  製作国:アメリカ
  監督:ティム・ストーリー 
  出演:ヨアン・グリフィズ、ジュシカ・アルバ、クリス・エヴァンス、
      マイケル・チクリス、ジュリアン・マクマホン



<簡単なあらすじ>
天才科学者リード・リチャーズと元彼女である遺伝子研究のスーザン・ストーム(劇中ではスー)、スーの弟でパイロットのジョニー、リードの親友ベン・グリムはスーの恋人である実業亜ビクターの援助を受けて、人類の進化を解明するための宇宙実験を実施。しかし謎の宇宙嵐の放射線を浴びた4人はDNAが変化し、それぞれ違った特別な超能力を手に入れることに。一方で、このことにより地位も名誉も失ったビクターにも変化があり、超能力を手に入れ世の中の人々を助け悪と戦っている4人と激突することになるのですが・・・

<感想>
まず「ダーク・エンジェル」でジェシカ・アルバを見慣れてる人にとっては、黒髪ではなくブロンドヘアにちょっと違和感を覚えるかも・・・。やはり髪の色が違うと雰囲気が随分と変わるもんです。
肝心の内容ですが、気が付けばいつのまにか宇宙へ・・・早っ!
どうやら宇宙実験は数分で終わらし、メインの超能力を持った4人のその後に重点を置いているようです。それぞれが自分の体の変化にに気が付くシーンでは、陽気なジョニーだけは喜んでおりベンだけは超ドン底・・・。
どちらかと言えば皆わりと冷静に受け止めており、自分たちの能力を十分活用してるって感じ。
そしてその能力が認められて世間からは「ファンタスティック・フォー」と呼ばれ雑誌にも載り一躍有名人に。
体を透明にできるスーは<インビジブル・ウーマン(ガール?)>、火を操れるジョニーは<ヒューマントーチ>、体が自在に伸びるリードは<ミスター・ファンタスティック>、岩のようになったベンは<ザ・シング>とニックネームがあるのですが、いざ対決となるとちょっと見せ場が中途半端かな。

恋愛あり、アクションあり、友情ありのこの映画。細かいことを言うといろいろと突っ込みどころがありますが、同名コミックを映画化したこともあってかそれはしょうがない。
しかしDNA問題は一体どこにいってしまったのか・・・?!
前半はこの先どうなるのかと期待しすぎたのがいけなかったのか、後半は盛り上がりに少し欠ける感じが。それでも所々にユーモアがありそれなりに楽しく見れたつもり・・。
とても単純なストーリーなので見やすいことは間違いない?!

※レンタルで借りたこの作品には、「プリズン・ブレイク 第1話」が収録されています。この感想はまた後日。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tkat.blog55.fc2.com/tb.php/10-10336fbd
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。