TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狼たちのノクターン<夜想曲>」 <2012-2013 冬の香港傑作映画まつり>

『狼たちのノクターン<夜想曲>』  大追捕  NIGHTFALL

大追捕

製作年:2012年
製作国:香港
監督・脚本:ロイ・チョウ(周顯揚)
出演者:ニック・チョン(張家輝)、サイモン・ヤム(任達華)、ジャニス・マン(文詠珊)、マイケル・ウォン(王敏徳)、キャンディ・ユー(余安安)、ケイ・ツェ(謝安琪)、フェリックス・ロク(駱應鈞)、ラウ・カーファイ(劉家輝)、ケン・ホン(洪卓立)

<簡単なあらすじ>
香港警察特捜班刑事、ラム(サイモン・ヤム)は妻を自殺で亡くした事を認められず、殺人だと決めつけ、事故や自殺の事件を追い続けている。残された娘との間にも溝が出来ており、捜査班の中でも浮いた存在だ。その頃刑務所から一人の男が出所してくる。19歳の時に少女を殺害し投獄されていた犯人のウォン(ニック・チョン)は、20年の服役を終え、ピアノの調律師として働き始めるが、彼はそこでピアニストの少女、シュー(ジャニス・マン)と出会い驚愕する。何故なら彼女は、21年前の犠牲者とそっくりだからだ。シューには著名な音楽家の父ツイ(マイケル・ウォン)がいて、彼は偏執的にまで娘を支配していた。シューを監視し、彼女のストーカーと化したウォンは、ツイに憎悪を募らせる。それからしばらくして海で惨殺死体が発見される。被害者はツイである事が判明。事件の担当となったラムが捜査を進めていくと、やがてウォンの存在が浮かび上がる。ウォンを追跡するラムだが、ウォンはまるでラムを手玉に取るかのように、神出鬼没な動きを繰り返す。なぜ、ウォンが事件に関わっているのか?そして21年前の少女とシューの関係は?謎がすべて繋がった時、そこには哀しくも衝撃的な真相が待ち受けていた…。
(特設サイトより引用)

<感想>
今映画祭の中で一番観たかった作品。でも『大魔術師“X”のダブル・トリック』同様、鑑賞してからすでに1ヵ月以上経ってるので内容を忘れかけてる~(>_<。)でも頑張って思い出します!

10代の時に少女を殺害し刑務所に入っていたウォンが20年後出所し、殺害した少女そっくりの音楽家の娘と出会い、ストーカー行為をする。そんな時、娘の父親が殺され刑事のラムはウォンが犯人じゃないかと追跡。といった簡単なストーリーではあるけれど、この中にサスペンス、クライム、アクション、愛憎劇などが盛り込まれてます。

冒頭の刑務所内でのシーンは怖かった!香港映画って暴力シーンや自殺シーンが妙にリアル。しかも最近ますますリアル感に磨きがかかってるように思う。怖いながらもニック・チョンの体に釘付けになってしまった…。この撮影のためにものすんごい鍛えたと聞いてはいたけどここまでとは!想像以上!役者魂にアッパレ!

鍛えられた上半身を見るとスゴイなーと思う。シューが学校でピアノを弾いているのを陰から見てるシーンでは、痩せて頬がこけ目がクリクリになってて、ここまで役のために…と思うと改めてスゴイなと。痩せたのを見て思ったこと。いつも着ている服(ジャンバー&裾がほんの少し短い(折ってた?)ズボン)の時、軽い身のこなしを見てると雰囲気が元阪神の矢野さんに見えた。←多分こー思ったのは私だけかも…。だって今まで似てるとは一度たりとも思ったことないですもん^^;

さて、刑事のサイモン・ヤムはニック・チョンが犯人だと思い追跡しますが、頭が良いはずなのにボロを出し過ぎなのが気になってる。もしやニック・チョンが逮捕された当時の捜査に問題があるのでは?!と。サイモン・ヤがそう思うのと同時に(それより前だったかも)、観客もニック・チョンがなぜストーカーまがいの行動をしているのか、真相が何となく分かった人は多そう。最初、スケベで卑劣で暴力男だと思ってた。だって出所してすぐ、街中で女の子の顔や足、胸元を見て(実際に見てるかはわからないけどそんな風なカメラワーク)イヤらしい笑い。今思えば、あのシーンは観客を混乱させるためだったのかしら?

ロープウェイに乗るシーンがあり床が透明でめちゃ怖い!あれって実在してるロープウェイ?それともCG?高所恐怖症ではないけどあのシーンは怖いよ~。もしあれに乗ったら多分私、床に足を置かず靴脱いで椅子の上で運動座りする。間違いない。それよりいくら木がクッションになってくれてるといっても、あれだけの怪我でおさまる??それが不思議。。←映画だからそれを言っちゃダメか(笑)。

あのシーンにはどういう意味が?とか、あのシーンはちょっと無理っぽくない?とか、死体が消えたのに一体誰が?と不思議に思わなかったの?等々疑問に思ってしまうシーンもありましたが、最初の衝撃シーンから最後までスクリーン釘付けになり、面白く観れました!なによりニック・チョンが良かった!そしてロケ地もキレイ。シューが通っている学校も近代的でお洒落だし、サイモン・ヤムがいる警察署も景色が良い場所にある。ロープウェイも凄い規模っぽいし。なにはともあれ<2012-2013 冬の香港傑作映画まつり>で一番印象深い作品でした^^←2作品しか観てないけど^^;

ところでタイトルになってる『狼たちのノクターン』ってどうなのかしらん?『狼の○○』とか『○○ノクターン』って今までの香港映画でよく見かけたような気がちらほら。なんでこの手の香港映画っていつもよく似た邦題がつくんだろう。これも不思議。

スポンサーサイト

「大魔術師“X”のダブル・トリック」 <2012-2013 冬の香港傑作映画まつり>

『大魔術師“X”のダブル・トリック』  大魔術師  THE GREAT MAGICIAN

大魔術師

製作年:2011年
製作国:香港
監督・脚本:イー・トンシン(爾冬陞)
出演者:トニー・レオン(梁朝偉)、ラウ・チンワン(劉青雲)、ジョウ・シュン(周迅)、ウー・ガン(呉剛)、ラム・シュー(林雪)、オリビア・ワン(王子文)、澤田拳也
特別出演:ダニエル・ウー(呉彦祖)、チョン・プイ(秦沛)、アレックス・フォン(方力申)、ツイ・ハーク(徐克)、ヴィンセント・コク(谷徳昭)

<簡単なあらすじ>
民国時代1920年頃の北京、天橋。街では軍閥の雷大牛(ラウ・チンワン)が勢力とその覇権を轟かしていた。彼は世間では恐れられていたが、実生活では愛を受け入れてくれない第七夫人の柳蔭(ジョウ・シュン)に翻弄される日々を送っていた。その頃、街では一人の天才的マジシャン張賢(トニー・レオン)が現れ、見事なマジックで人々を魅了していた。雷もその一人で、ある日張賢を屋敷へ招くがそれは張賢の計算づくの事であった。彼の目的は幽閉された師匠(チョン・プイ)との再会、そして柳蔭を奪い返す事であった。なぜなら彼女は張賢の元恋人だったのだ。張賢は軍閥転覆を狙う革命団と手を組み、周到な計画を立てるが、その背後では勢力を争う軍閥たち、清朝復活を目論む残党、マジックの奥義“七聖法”を狙う者、そして謎の日本人組織が絡み出し、計画は思いがけぬ方向へと展開していく。果たして彼らの運命は!?恋の行方は如何に?そして驚きのどんでん返しが!
(特設サイトより引用)

<感想>
1920年頃が舞台の北京が舞台で、冒頭、字幕に袁世凱の時代がどーのこーのと書かれていたので、こりゃもしかして中国の歴史背景を理解してないと流れについていけない?!ヤバいぞ私!と危惧したけど全然大丈夫でした^^いやーホント良かった。ホッ 安心したけど、なんとな~く全体的に昔懐かしい映画の雰囲気が漂ってたかも。

なんだろう、一言でいうなら喜劇?それもすごいベタの。舞台上での大牛と張賢の争いはベタすぎて笑っちゃう(笑)。後半にいくにつれてドタバタしていき、誰と誰が組んでいるのかよくわからなくなくなりそうだったけど、楽しいのは楽しい。ラウ・チンワンは最初からギャグみたいな感じ?トニーは最初、二枚目っぽいけど、三角関係が増すにつれてどんどんお茶目になっていき、最後には三枚目になってたw第七夫人だけが真剣に演じてるように見えたのは気のせい?

その第七夫人を演じたジョウ・シュンさん。凛とした姿がかっこいい!年末に機内で観た『聽風者』でもトニーと共演していたけど、ここでもクールでかっこいい女性役。思うんだけど、彼女は現代モノではなく、時代モノの髪型や服がよく似合ってるような気がする。本作品ではジョウ・シュンさんのおちゃらけた姿もちと見たかったけど、やっぱり凛とした姿の方がお似合い♪

マジックはトニーが一生懸命練習して実際やってるのもあるらしいけど、こんなマジックありえねー!っていうCG大活躍のも。そんな中、第七夫人の前で見せた絵のマジックは、中国らしい絵で綺麗でうっとり。様々なマジックの中でトニーが色んな衣装を着てるのもまた楽し♪そういやトニーがラウ・チンワンに教える瞳の虜、私もやられた~(笑)。
ラウ・チンワンに仕えている(?)腹黒いけどどこか愉快な柳萬遙役のウー・ガン、どこかで見たことがあるとずっと気になってたんだけど思い出した。2年前に東京国際映画祭で観た『備えあれば(原題:不怕賊掂記)』の主役の人だ!雰囲気の全然違う役だったから思い出すのに時間かかっちゃった。

今作品を鑑賞して1ヵ月以上経っており、覚えているのはこれぐらい^^;でも時代云々は気にしなくていいし、何も深く考えず気楽に観れる娯楽作品だったと思います^^(あまり記憶に残る作品でもなかったりするのは、ただ単に私の記憶力が悪いせい?)
一番よく覚えているのはエンディングに流れた曲かも♪



余談:昔の香港映画でビルの改築や建築の時に竹の組み立てをしてるシーンをよく見ましたが(最近はあまり見ないような…)、今作品で、ラム・シューの店を改装する時の竹の組み立てが超スゴイ!めちゃかっこよかった!

第8回大阪アジアン映画祭

本日、第8回大阪アジアン映画祭のチケット発売がありました☆
まずはチケットをゲットした作品 ↓


・『毒戦』(原題:毒戦)
 製作年:2013年
 製作国:中国/香港
 監督:ジョニー・トー(杜琪峰)
 出演:ルイス・クー、スン・ホンレイ、ホァン・イー、ミシェル・イェ、ラム・シュー

オープニング・セレモニー作品。やった~!トー監督モノは今までの大阪アジアン映画祭からみて絶対あると思ってた♪作品解説によると中国本土を舞台にした本格クライム・サスペンスとのこと。めっちゃ楽しみ^^

・『低俗喜劇』(原題:低俗喜劇)
 製作年:2012年
 製作国:香港
 監督:パン・ホーチョン(彭浩翔)
 出演:チャップマン・トー、ロナルド・チェン、ダダ・チャン、フィオナ・シット、サイモン・ロイ

パン・ホーチョン監督が好きなので外せない作品。作品解説には"パン・ホーチョン節炸裂の大爆笑最新作"と。期待しちゃおっと☆

・『恋の紫煙2』(原題:春嬌與志明)
 製作年:2012年
 製作国:香港
 監督:パン・ホーチョン(彭浩翔)
 出演:ミリアム・ヨン、ショーン・ユー、シュウ・チェン、ヤン・ミー、ヴィンセント・コク

またまた大好きなパン・ホーチョン監督作品。<2010東京国際映画祭>で『恋の紫煙』を鑑賞し面白かったので、2は絶対観ようと思ってました!2012回東京国際映画祭で上映されており、東京まで観に行こうかと思ったぐらい^^; 映画祭に監督来てくれないかな~。監督自身もめちゃ面白いので話聞きたいデス☆

・『GF*BF』(原題:女朋友。男朋友)
 製作年:2012年
 製作国:台湾
 監督:ヤン・ヤーチェ(楊雅喆)
 出演:グイ・ルンメイ、ジョセフ・チャン、リディアン・ヴォーン、
     チャン・シューハオ、レナ・ファン、ティン・ニン

やったー!台湾でこのDVDを買おうか何度も迷った挙句、中文字幕で観ると時間がかかってしょーがないので結局諦めた作品なので、日本初上映が本映画祭なのがとっても嬉しい(TT)。

・『ポーとミーのチャチャ』(原題:寶米恰恰)
 製作年:2012年
 製作国:台湾
 監督:ヤン・イーチェン(楊貽茜)/ジム・ワン(王傅宗)
 出演:ホアン・ペイジア、ポール・チャン、オウヤン・ルン、ジャン・シーイン、リー・チーチ

双子ポーとミーの青春ラブコメとのこと。2012年台北映画祭グランプリ受賞とのことなので楽しみ~。

・『BBS住人の正義』(原題:BBS郷民的正義)
 製作年:2012年
 製作国:台湾
 監督:ロー・リン(林世勇)
 出演:チェン・ボーリン、アイビー・チェン、シュウ・ジエカイ、パフ・クオ

チェン・ボーリンくん主演というだけでチケ買っちゃった(笑)。作品解説の内容を読むとなんだか面白そうな予感?!
とりあえず6作品のチケはゲット済み^^
でもまだ興味がある作品があるんだなー。

・『メモリー –First Time-』(原題:第一次)
 製作年:2012年
 製作国:香港/中国
 監督:ハン・イエン(韓延)
 出演:アンジェラベイビー、マーク・チャオ、ティエン・ユエン、チャン・シャン、シンディ・ユェン

実は年末の台湾旅行の機内映画で既に鑑賞済み。小さい画面で観にくかっただけでなく、ところどころ内容を忘れてるので観直そうかしらん?と軽く思ってる程度なので、おそらく観ないかな^^;

・『セデック・バレ 太陽旗』(原題:賽克・巴萊 太陽旗)
 製作年:2011年
 製作国:台湾
 監督:ウェイ・ダーション(魏徳聖)
 出演:リン・チンタイ、ダーチン、安藤政信、ビビアン・スー、木村祐一

<第7回大阪アジアン映画祭2012>で既に太陽旗編、虹の橋編が上映されており、今回はプレオープニング作品としてなぜか太陽旗編のみ上映。なして?!後半の虹の橋編は??どうやら2013年GW全国ロードショーで公開されるにあたり、一般公開に先駆けての上映みたい。もう一度観たかったので太陽旗だけでも…と思ったけど、GWに観た方がよさげ?


他にもいろいろと上映作品があり、チケもまだ余裕がありありのようなので
台湾・香港映画以外のアジア作品もじっくり物色しようと思います^^

とりあえず今は、放置気味のブログをなんとかしないと!
この1~2ヵ月間に観た映画や読んだ本の感想を早くアップしないと~

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。