TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「任侠ヘルパー」

『任侠ヘルパー』

任侠ヘルパー

製作年:2012年
製作国:日本
監督:西谷弘
出演者:草彅剛、安田成美、夏帆、風間俊介、リリィ、品川徹、草村礼子、黒木メイサ(友情出演)、堺正章(特別出演)、杉本哲太、宇崎竜童、香川照之

<簡単なあらすじ>
指定暴力団「集会」を脱退し堅気となった翼彦一(草彅剛)は、コンビニ店員として暮らしていた。ある日、コンビニ強盗に入った老人(堺正章)に金を渡し逃がしたことから刑務所に送られてしまう。獄中でその老人・蔦井と再会し、コンビニ強盗の時の礼にと、困ったことがあれば自分がかつていた「極鵬会」を訪ねればいいと言われる。出所した彦一は、子分にして欲しいと外で待っていたコンビニで一緒に働いていた成次(風間俊介)を伴い、蔦井のつてを頼りに大海市の極鵬会を訪れる。そこは市議会議員の八代(香川照之)が「観光福祉都市宣言プロジェクト」を提唱し、介護施設の誘致に積極的に乗り出そうとしている街だった。彦一は極鵬会組長・朝比奈(宇崎竜童)からシノギをもらうが、それは老人相手の闇金と、その闇金で破産した老人たちを「うみねこの家」という最悪の環境化にある老人介護施設に入れ、生活保護や年金をせしめることだった。淡々とシノギをこなしていた彦一だったが、老人を食い物にすることに次第に苛立ちが募るように。さらに蔦井の娘・葉子(安田成美)の母親が設備完璧の施設に入ったら病状が悪化したことをきっかけに、彦一は「うみねこの家」を建て直すことを決意する。だが貧困ビジネスを目の敵にする八代に妨害されたり、余計なことをするなと極鵬会が立ちはだかる。そして、それぞれの思惑を抱えながら「観光福祉都市宣言プロジェクト」の入札の日を迎えることに。彦一は自分の任侠道を貫き、老人たちの生活を守ることができるのか?

<感想>
予告編を見て面白そうだなと思い公開直後すぐ観に行ってきました!ドラマは全く見ていなかったのでちと不安はあったのですが、十分楽しめました^^流れ的にはテレビドラマ、スペシャルに続くその後の翼彦一って感じなのかな?

任侠道――弱きを助け強きを挫く。命を捨ててでも義理人情を貫く。俺はそんな、ホンモンの極道になりたかった――。世話になった組を離れて、一度はカタギになろうと決心はしてみたが……どこに行っても背中の彫りモンが邪魔をしやがる。生まれついてのチンピラが……世間様に交じって生きていこうなんて考えたことが、そもそもの間違いだったらしい。上等だよ……だったら意地でも日陰を歩いてってやるよ。……ホンモンに、なってやるよ。

↑パンフに書かれていた文句ですが、なるほど、これが根底にあるんですね!あと、派手なアクションや決めゼリフで主人公の強さを誇示するのではなく、地味で何気ない所作やセリフで人の真の強さを表現する真摯な演出が人物造形に奥行きを与え、独特のヒーロー像を築き上げてると書かれてました。確かに銃撃戦とかナイフ等の武器を使ったハデなアクションはなく、どことなく陰がある、なんて言えばいいんだろう、寡黙…いや違うな、どう表現したらいいのか難しい…。どこか不器用なところがありつつ、身体を張って生きてる。口は悪いが垣間見る何気ない優しさを持つ男気ある男性って感じでしょーか。

草彅くんは全然ファンでなかったのですが、今作品を観て好きになりました^^バラエティや優しい男性役のイメージが強かったのですが、びっくりするほど"翼彦一"が似合ってた!かっこいいってもんじゃない。それ以上。冒頭から草彅くんに魅了されてしまいました!表情や目の演技がすごい。こんなに極道役が合ってるとは思いもしなかった。黒いスーツとサングラス姿でプロジェクト入札会場に乗り込むシーンなんてかっこよすぎて椅子からずり落ちそうになるぐらい。←なんじゃそれ(笑) とにかくシビれた。安田成美さん、夏帆さん、風間俊介さん、香川照之さん、極鵬会の面々も良かった。ただ堺正章さんだけはバラエティ番組の印象が強すぎてマチャアキにしか見えなかった^^;

任侠ヘルパー2

高齢化社会がテーマになっており、認知症、自宅での介護の大変さ、ヘルパー依頼、老人虐待、そして施設不足、施設内での扱いなど、今後ますます増加し、深刻化するであろう問題を盛り込んでます。それを利用した貧困ビジネス。さらに寂れた町の立て直し。うみねこの家の例は多少誇張してるかもしれませんが、安田成美さん演じる葉子の家庭、施設内でのことは他人事じゃない。誰もが歳を取りこのような状況になりうる。葉子の立場、いずれ葉子の母親の立場として。こんな難しい問題と極道とを結び付けるなんてよく考えたもんです。どうしてドラマしてる時に見ようと思わなかったんだろう。ってか今映画を知ってからドラマがあったことを知ったんだけど^^;

難しい問題はよくわかりませんが、最初から最後までスクリーンに見入ってしまいました。任侠ものではあるけれども、ばたばた人が殺される殺戮なシーンがあるわけではなく、こんな状況下だと絶対絶対助からないだろうってシーンで都合よく2人が駆けつけるなど、どこか観客に対して優しくまとめたような感じ。おばあさん1人が歩いているだけのエンドロールがまた印象的。今後の日本を象徴するかのような映像で、ここに日本の未来が集約されてるような気がする。

これって続編というか、同シリーズが続きそうな予感。刑務所に入ってまたどこかで働いてるって感じで。ホンモンになるまで続きそう。そうなったら絶対観ます!ドラマ版もDVD借りてこようかな~。どんな過程があって今の彦一になったのかが知りたくなりました。なにはともあれ、ストーリー展開云々より、草彅くんの翼彦一に釘付けになった作品でした。面白かったです^^

スポンサーサイト

「悪の教典 -序章-」

『悪の教典 -序章-』

悪の教典序章

製作年:2012年
製作国:日本
監督:野本史生
監修:三池崇史
原作:貴志祐介
出演者:伊藤英明、中越典子、若松了、高杉亘、高岡早紀、吹越満

<簡単なあらすじ>
蓮実聖司(伊藤英明)は、アメリカの投資銀行で成功を掴みながら、「やりがいのある仕事を見つけた」と突如帰国。私立高校の英語教師となった現在は、生徒たちから「ハスミン」と慕われ、校長や同僚からも絶大な信頼を得ていた。新任スクールカウンセラーの聡子(中越典子)も、明るく聡明な蓮実にシンパシーを感じる一人。しかし、穏やかに見えていた学園内で、にわかに不穏な出来事が起こり始める。聡子のカウンセリングルームが「死ね」のメッセージと共に荒らされたのをはじめ、生徒の一人が体育教師の体罰で負傷。物理教師の釣井(吹越満)は、執拗に蓮実の周囲を嗅ぎ回っていた。一方、蓮実は聖者の仮面の裏で、人知れず凶悪な牙を研ぎ澄ませていた。
(公式HPより引用)

<感想>
BeeTVで放送された映画『悪の教典』と対をなすオリジナルドラマで4話から構成。この4話が収録されたDVDをレンタルしてきました。日常の崩壊を描く映画版に対し、こちらは日常に潜む見えざる悪意。映画ではすでに生徒や先生から絶大な人気を誇っている蓮実先生ことハスミン。そのハスミンがいかに悪の本性を隠し、生徒や先生たちに取り入り、教師の鑑のような存在になっていったのか、その謀略が描かれてます。

序章では、ハスミンがいかに周囲から絶大な信頼を得ていっているか、そしてその仮面の裏に潜む本性を描いているので、映画のような殺戮シーンは殆どなし。ところどころに軽いホラーちっく要素があるぐらいか(赤いマネキュアの手とか)。もともと女生徒に人気のあったハスミンが親衛隊まで出来てしまう過程とか、その親衛隊をどのように操ってるか。また、釣井先生の家庭環境や、校長との関係も明らかに。

スクールカウンセラーの水落先生や、保健室の田浦先生も登場!水落先生はすっかりハスミンの魅力に取りつかれた感じになってるけど、原作ではそこまでじゃなかったような?ハスミンに少し興味があるのかな?ぐらいだったような気がする。原作読んでから時間が経つのであまり覚えてないけど^^;田浦先生=高岡早紀さんはハマり役!生徒との情事は結局描かれてなかったなぁ。

ハスミンの魅力に惹かれ始めた水落先生と、罪滅ぼしからか妻と似ている水落先生にハスミンは危険だと何度も強引に言う釣井先生。この2人、"知りすぎた女と男"が主となりハスミンの謀略を浮き彫りに。知りすぎちゃダメなのに…(><。)。ハスミンは確かに生徒ウケはするし、校長や先生たちにも信頼を得ている。学校へ溶け込むのがうまい。良い先生というレッテルをもらうのがうまい。全てに取り入るのがうまい。でも彼の本性を暴こうとするとえらいことに…(><。)。。。

私は原作を読んで、映画を観て、この序章を見たのですが、出来るなら原作を読んで映画を観るか、あるいは映画と序章を合わせて観た方が、内容がよりわかりやすいような気がします。多分だけど…

「悪の教典」 

『悪の教典』

悪の教典

製作年:2012年
製作国:日本
監督:三池崇史
原作:貴志祐介
出演者:伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、林遣都、浅香航大、水野絵梨奈、KENTA、山田孝之、平岳大、吹越満

<簡単なあらすじ>
蓮実聖司(伊藤英明)は、生徒から"ハスミン"という愛称で呼ばれ、絶大な人気を誇る高校教師。学校やPTAの評価も高く、いわば「教師の鑑」とも呼べる存在だったが、それはすべて仮面に過ぎなかった。彼は他人への共感能力をまったく持ち合わせていない、生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)だったのだ。蓮実は自らの目的のためには、それが最善の策であれば、たとえ殺人でも厭わない。学校が抱える様々なトラブルや、自分の目的の妨げになる障害を取り除くために、いとも簡単に人を殺していく。やがていつしか周囲の人間を自由に操り、学校中を支配しつつあった。だが、すべてが順調に進んでいた矢先、小さなほころびから自らの失敗が露呈してしまう。それを隠蔽するために考えた蓮実の解決策。それは、クラスの生徒全員を惨殺することだった…。
(公式HPより引用)

<感想>
昨年夏に原作上巻、今年入って下巻を読み、映画化されるということで楽しみにしてました!本の感想はこちら()。原作だけでもかなりバイオレンスな内容で、主人公ハスミンを伊藤英明さんがどう演じるんだろうかとこちらも楽しみに。あの原作を映像にするとこんなことになるのかと、最後までスクリーンに見入ってしまいました。

いやいや、伊藤英明さんのハスミンは想像以上にイケてた。頻繁に見せてくれるあの肉体美もかなりイケてた。そして"クラス全員皆殺し"というキャッチフレーズ通りの殺戮シーン!某アイドルが「私はこの映画が嫌いです。」と途中退場したのもわかるような気がする。バイオレンスが嫌いな方や大量殺人シーンが苦手な方は観ない方がいいかも。バイオレンスとして観るならいいけど、内容や背景を重視するなら原作を読んでから観た方がいいかも。さらに、何を伝えたいのか…なんてのも深く考えずに観た方がいいかも。

上下巻からなる原作を2時間ちょいでまとめるのって難しい(>_<。)ハスミンがどんな人物でどんなことを考えているのか映画では心理描写が少なく、ただ生徒を殺すだけの残虐映画になってるような気がする。なぜクラス全員殺さなければならないのかも原作読んでいないとわかりづらい。ハスミンの過去は、釣井先生が生徒に対し簡単に説明してくれてるけど、ちと簡単すぎのような。過去に殺すことに躊躇したことがあるとか、アメリカ時代の詳細もよくわからない。←アメリカ時代はところどころ挿入されてるけど、原作読んでない方はあれだけでわかるのかなー?釣井先生の人物像や家庭も把握しにくいような気がする。

"毒をもって毒を制す"的な感じに見えますがそうでなかったり。自分にとって都合の悪い人物は何の躊躇もなく消していく、しかも善悪の概念は全くなく、ハスミンは人の命を奪うことが悪いことだとは全く思っていない。サイコパスぶりは冒頭から発揮。原作の感想でも書きましたが、私がこの学校の生徒だったらハスミンの正体は絶対に気付かないだろうな。ハスミンの英語の授業は楽しそうだし爽やかで生徒のことをちゃんと考えてくれてる。なんて思っててると真っ先に殺されそう(><。)。

登場人物さんたちを見て思ったこと。二階堂ふみさんと染谷将太さん、そして吹越満さん、『ヒミズ』を思い出しちゃった。さらに山田孝之さん、平岳大さんは最近観た『のぼうの城』に出てたのであっ!って。一番印象的な脇役さんは、『踊る大捜査線』に出てた王さん(滝藤賢一さん)が生徒の父親役に!王さんの印象が強かったので、めっちゃ流暢な日本語喋ってる!って感動した(笑)。あとパンフ見て知ったのですが、生徒役にはダルビッシュ選手の弟さんや、元プロ野球選手の工藤さんの息子さんや、トシちゃんの娘さんが出てるようです。ダルビッシュ選手の弟さんであるKENTAさんは単独登場シーンが多かったのでわかりましたが、あとの2人はどのシーンに登場してたのかわからなかった~。残念!

総合的に割愛されてるシーンが多いなと思ったのですが、どうやら『悪の教典-序章-』というDVDがあるみたい。なので早速借りてきちゃいました~。この後鑑賞する予定です♪ハスミンの詳細やアメリカ時代、釣井先生の詳細、映画では省略された先生や生徒との関係なども描かれてるのかな?楽しみ^^
それはそうと、ラストは原作と同じ終わり方だったけど"To be continued"と字幕が!原作者の貴志祐介さん、もしかしてもう続編を執筆中?!それともただ単に、作品自体は終わったけどハスミンのゲームはまだまだ続くよっていう意味なのかなぁ?続編があればぜひ観たいです!

「ヒア・カムズ・ザ・サン」 有川浩

『ヒア・カムズ・ザ・サン』

ヒア・カムズ・ザ・サン

 著者:有川浩
 出版社:新潮社





<簡単なあらすじ>
真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。
彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。
強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。
ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。
カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。
父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。
しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた…。

上記のわずか7行のあらすじから誕生した二つの小説。大切な人への想いが、時間と距離を超え、人と人とを繋げていく。有川浩meets演劇集団キャラメルボックス。小説×演劇の全く新しいクロスオーバーから生まれた物語の光。
(本書帯より引用)

<感想>
『ヒア・カムズ・ザ・サン』と『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』の2編が収録されおり、前者はある役者の「この7行のあらすじから、有川浩と成井豊が生み出すそれぞれの物語を読んでみたい」という呟きがきっかけで生まれたそう。後者は上演された舞台に着想を得て執筆されたものだそう。2つは登場人物名や大枠は共有しているけど、話そのものは全く別物となってます。

出版社の編集部に勤務する古川真也は、幼いころから何かに触れるとそこに残された人間の思いや記憶が見えたり聞こえるという不思議な能力を持つ男性。その残された思いが強ければ強いほどはっきりと感じ取ってしまうため、真也は切れるような痛みが走ったり眩暈に襲われることも。その能力を生かしつつ編集部で働く真也は、同僚のカオルの父親をカオルと空港に迎えに行くが…。といった内容。

『ヒア・カムズ・ザ・サン』も『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』も登場人物や働いている場所などの背景は同じなのですが、話は全く別物。『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』を読み始めて、あれ?2人はそういうことに?ん?時期的に『ヒア・カムズ・ザ・サン』の中では既にそーなってたの?!なんて疑問に思っていたら、空港に迎えに行く時に、あっ、これは登場人物そのままで内容が全く違うパターンなんだと。読み終えてから、巻頭の説明にちゃんとパラレルワールドって書いてあるのに気付いた。タイトルにもParallelって入ってるっちゅーねん(笑)。『ヒア・カムズ・ザ・サン』を読んだ後にすぐ『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』を読んだので(1冊の本だから当たり前か^^;)、最初は設定にかなり困惑したかも。

前者はちょっとミステリーのような感じ?後者は夢見る夢子ちゃんの男版。たった7行のあらすじからこんなストーリーを考えるなんてすごい。父親はカオルを愛しており、カオルは長年会っていなかった父親に対し複雑な思いを持っている。そんなカオルの家族のために「余分な」気づき――能力を使おうとしてるのは一緒。
今回はどちらかというと胸が痛い系かも。『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』は途中から、これはもしかして目頭が熱くなる展開か?!と覚悟を決めて読んだのですが…やはり目頭が熱くなってしまった…。といいつつ個人的に好きなのは『ヒア・カムズ・ザ・サン』だったりするんだけど^^;←読後感的に。

幼いころの真也とおばあちゃんのやり取りや、カオルが子供の時、父親が見てる前でだけ思いっきりブランコを漕ぐことができるというやり取りはほっこり系で目頭が熱くなるパターンだけど、『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』の中で、上司の岩沼が言ったセリフ「親父に腹を立てるのは、自分の理想の親父であってくれないから。尊敬できる真っ当でカッコいい親父でいてくれないから。親は立派な人であるべきというのは子供の幻想だ」というセリフは重たくてぐっとくる。カオルのどうして自分だけが大人にならなきゃならないのかという呟きも。こういうどこか身近な感情に胸がつまる…。そして父親の言動が読んでいて辛くなる。

『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』は、後者は上演された舞台に着想を得て執筆されたものということなので、もともと違う方が書いた脚本があるってことだよね?それが成井豊さん?劇だけでなく映画にも出来そうな雰囲気がありました^^

このように登場人物名や大枠は共有しているけど、話そのものは全く別物の2作品を収録するのは面白いと思いますが、『ヒア・カムズ・ザ・サン』の内容が頭の中にあったので、『ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel』の内容に慣れるまでちと困惑しました~。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。