TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「GOSICKⅣ -愚者を代弁せよ-」 桜庭一樹

『GOSICKⅣ -愚者を代弁せよ-』

GOSICK IV-ゴシック・愚者を代弁せよ- (角川文庫)

 著者:桜庭一樹
 出版社:角川書店 角川文庫




<簡単なあらすじ>
一弥とアブリルは怪奇映画を観た帰り、その舞台となった場所が聖マルグリット学園の時計塔に激似していることに気付く。立ち入り禁止の中に入っていく2人、そこでアブリルから時計塔にまつわる史実に基づく学園の怪談を聞かされる。一方、図書館最上階にいるヴィクトリカの頭上に、金色の書物が落ちてきた。昔学園にいたとされる錬金術師・リヴァイアサンの回顧録で、そこには<未来の汝よ。我は愚者なり。そして汝、愚者の代弁者となりて、我が愚かなりし秘密を暴け!>と書かれていた。それを読んだ時間を持て余しているヴィクトリカはこの挑戦を受け、学園内にある混沌(カオス)の欠片を集めるため下界におりる。同じ頃、時計塔で密室殺人が起き、殺された男性は最期にリヴァイアサンの名を呟く。そして学園には謎の人物もやってき…。果たして殺人事件はかつて学園にいた錬金術師・リヴァイアサンのしわざなのか?時計塔には一体何が?隠された学園の謎とともにヴィクトリカの謎も徐々に明かされるGOSICKシリーズ第4弾。

<感想>
1890年代、国王の前で錬金術師としての力を披露し、その後王妃の寵愛を受け国政にも関わるようになった錬金術師・リヴァイアサン。学園の時計塔に工房を造り、そこにこもり金を造り研究し続けた。だがある時、彼の力を恐れた国王が王立騎士団を派遣し、毒矢で暗殺しようとする。不老不死と言われていた彼は仮面・ローブ・手袋で身を隠していたので、死んだのか生きているのか結局誰にもわからずじまい。その後、リヴァイアサンがいなくなって数十年、工房では不可解な事件が数回起こり、リヴァイアサンの亡霊のしわざと噂される。そんな時、一弥が時計塔で殺された男性を発見したり、ヴィクトリカの頭上にリヴァイアサンの回顧録が落ちてきたことで物語スタート!

いつものように退屈しているヴィクトリカの頭上に棚から落ちてきた金色の書物。ここに書かれている回顧録を読み、彼女は挑戦を受けて立つことに。学校内にばらまかれた混沌(カオス)の欠片を集め再構成し、謎を解くためになんと今回は自ら下界へ降り立った!今まで一弥とセシル先生とブロワ警部との絡みしかなかったんですが、4巻でアブリルと初めて対面。あまりにも美少女なヴィクトリカを見てからかうアブリル、それにムキになって応えるヴィクトリカ。なんかこの2人のやりとりは可愛いぞ?ヴィクトリカって一弥といいセシル先生といいアブリルといい、ばかさ加減がいい塩梅の人と(←私がそう思っているんじゃなくてヴィクトリカ談)相性いいのかも♪

でも学園から出ていく一弥とアブリルの後ろ姿を見て、寂しそうに見送る小さな姿のヴィクトリカを想像すると悲しくなる。2人のあとを追って走り出そうとしたってことは、やはりヴィクトリカも学園の外に出たいんだと思うとまた悲しくなる。もうじき嵐がやってくること、またどうして自分が幽閉されているのか、どんな役割を担うことになるのかなど、自分自身しっかりと理解している模様。多くは語らないが彼女は何もかも知っているんだろう。まだ14歳(15歳?)なのに背負った運命は過酷すぎる…。一弥にとっては頭脳明晰であってもただの小さな女の子なのに…。

一方、一弥の鈍感というか無神経な言動にちょっとガッカリ。初対面のアブリルはちゃんとヴィクトリカの表情を見ているのに、いつも会ってる一弥は気付かない。恋する乙女アブリルにも対し時々ヒドイ言動をしてるような…。無意識だからどうしようもないんだなこれが^^;でも、でもでも、ほっぺたをふくらませる姿や、美味しそうにサンドイッチを食べているヴィクトリカをニコニコ見守ったり、「必ず君を見つける」とか「あと、ぼくもね」と、一弥がよく言う日本時男児ともあろうが者なら恥ずかしくて言えないセリフをさらっと言ったりしちゃう。これも無意識なんだよなー。女性たちに振り回されてるようで、時々一弥の方が振り回しているような気がする。でも女難の相が出てる(?)らしから気を付けないとね~(^m^) しかしヴィクトリカを守るために戦う一弥がかっこいい!お兄さんの格闘本が大いに役立ってる!まさかこんな場面で格闘本が役立ってるとはお兄さんは露知らず~。

忘れちゃいけないのがブロワ警部!いつものようなドリル髪ではないのには驚いた!そうだったんだ…あのドリルは長い髪をセットしてたんだ…。金髪サラサラヘアでハンサムでキザな男といえば…一瞬、『有閑倶楽部』の美童を思い出しちゃった。そして前回から登場回数が多くなった"あら、まぁ"のセシル先生。先生までへんな歌うたってる~(笑)。

今回は錬金術師・リヴァイアサンの真実、現代に起こった時計塔の事件、学園に現れた謎の人物が主体となってます。今までの事件とは違い、リヴァイアサンの真実は奥深く読み入ってしまいました。読み終えると伏線は結構あったなーと。私は一つも気付かなかったので真相を知った時には驚いた!悲しい。仮面の下に隠された素顔…なんて切ない真相なんだろう。ブロワ警部によると、学園にも闇のヨーロッパ史がいくつも眠っているそうで、歴史的に白日の下に晒すことができないほど。学園の過去の秘密はまだまだ隠されていそうな雰囲気。全体的に重さを感じる内容で、今までで一番面白かったです。深みがある中、アブリルとセシル先生の陽気さがいいバランスになってました^^

そしてとうとうヴィクトリカの母親のことを知るあの人物が登場!一弥に都会に生きる灰色狼、今までの歴史、さらに不吉な言葉を語る。一弥はヴィクトリカに対し強い不安、そして焦り似た感情を覚えるぐらいヴィクトリカのことが心配でしょうがない。今後、ちゃんと守れないかもしれないという不吉な予感をも。
大きな嵐がきたら、内容がどんどんシリアスになっていき、今まで一弥に見せてきた意地悪で気まぐれで子供っぽく、時に健気で嬉しそうな顔をするヴィクトリカの姿を見ることが少なくなっていくのかな?

3巻まではキャラ読みしていた部分がありましたが、4巻でかなりシリアスというか今後の予兆ともいえる伏線がたくさんあり、今後の展開が大きく変わりそうな予感。ブロワ侯爵の正体もほんの少し見えてきたし。巻を重ねるにつれ、いい具合に謎が明かされていったり、次回に真相がわかるような伏線であったりと次巻を読まざるを得ない内容。あと2日で学園は夏休み。何もないわけがない!というわけで5巻に突入!と思ってましたが、発行順に読もうと思い図書館で『GOSICKs』を予約してるんですが、予約数が多くて当分きそうもない感じ(悲)。『GOSICK』シリーズは全巻持っているので5巻を読もうかな。それとも『GOSICKs』シリーズ買っちゃうか!

スポンサーサイト

「GOSICKⅢ -蒼い薔薇の下で-」 桜庭一樹

『GOSICKⅢ -蒼い薔薇の下で-』

GOSICKIII  ―ゴシック・青い薔薇の下で― (角川文庫)

 著者:桜庭一樹
 出版社:角川書店 角川文庫





<簡単なあらすじ>
ヨーロッパの小国ソヴュール王国にある聖マルグリット学園に留学している久城一弥のもとへ故郷の姉から手紙がくる。そこに<青い薔薇>を買って送って欲しいと書かれており、セシル先生、同級生のアブリルにも頼まれ、一弥は一人首都ソヴレムにある巨大高級デパート"ジャンタン"に行く。そのデパートで不可解な出来事に遭い、偶然行きの列車の中で出くわしたブロワ警部に相談するも信じてもらえず、デパート周辺にいるストリートチルドレンや、風邪で寝込んでいるヴィクトリカに助言を仰ぐ一弥。そばにヴィクトリカがいない中、起こったことを電話で伝えるだけで解決できるのか?GOSICKシリーズ第3弾。

<感想>
またまたアブリルから聞かされた怪談話に基づく事件に遭遇するわけですが、今回、ヴィクトリカが風邪を引いて寝込んでしまい、難事件の現場には一弥一人。といっても行きの列車の中でブロワ警部と偶然出くわし、同じソヴレムに向かってます。ある難事件解決のために警視庁に呼ばれたんだとか。

一弥はお目当てのデパートに入り頼まれた<青い薔薇>を探すも、どうも様子がおかしい。ある少女と出会ったことでブロワ警部のもとを訪れ、再びデパートに戻るが従業員全員が一弥のことを見ていないという。何がなんだかちんぷんかんぷんの一弥。ソヴレムの街で”闇に消える者たち”の事件が頻発する中、このデパートには何か謎が隠されているのか?というのが事件の概要。

事件には直接遭遇していないヴィクトリカは家で寝込んでます。ということで今回は彼女の住まいが判明!そうだよね、図書館で寝泊まりしてるわけないよね^^;なんかヴィクトリカにぴったりの家で可愛いなぁ。一弥からもらったお土産がよほど嬉しいらしく、にっこりして鼻歌まで。そういや前回はお風呂の歌を歌っていたような…。歌詞が単純で何とも可愛い♪さらに風邪を引いた理由、「ぐじゃ!」や布団かぶったまま移動も可愛い。可愛すぎ。同性だけど萌える~。

寝込んでいても一弥からの電話には出る健気なヴィクトリカ。そんな状況を知ってか知らずか一弥はいつもよりめちゃ強気!ちょっぴり一弥が意地悪でイヤな奴に見えてきた…。前回、あなたを助けた時からずっと手が腫れてるっていうのに~(><。) なんだかんだと鈍感な一弥ですが、ヴィクトリカへのプレゼント、花を添えた手紙と意外と女心をくすぐる行動をとってたり。無意識にしているさりげなさがモテモテにつながるってるのかしら。

今回はセシル先生と一弥のお姉さんのことも少しわかってきました。まずセシル先生、ほんわかしてるようでヴィクトリカと一弥の扱い方をわかってます(特にヴィクトリカに対して)^^2人の性格をちゃんと理解してる模様。そしてお姉さん、厳格な家柄でもっとザ・お嬢様風だと思っていたらめちゃ今風の口調(笑)。お姉さんの日常も知りたくなってきました。

内容より人物についての感想ばかりになってしまった。。まぁいいか。ソヴュール王国の歴史のことも少しわかってきた3作目。ブロワ侯爵家のことについても今後徐々にわかってくるんだろうな~。アブリルとの出会いとされる”紫の本”事件も。前回名前だけ登場したブライアン・ラスコーが今作品でほんの少し登場しており、今後、何かしらの影響をヴィクトリカたちにもたらすんだろうなー。そういや彼が持っていた箱の中、一瞬「えっ?!まさか来ちゃったの?!」と思ったけど違った…。ってことはまさかあの方?そうなの?!めちゃ気になるよー。

そして!何と言っても今3作目の醍醐味はブロワ警部がなぜドリルのようなヘアスタイルをしているのかが判明!!and 部下2人がいつも手を繋いでいる理由も!そうだったのか!そんな理由が!少し笑ってしまったけど、よくよく考えたら律儀というか真面目というか、ただの意地っ張りというか…。でもブロワ警部の株は確実に上がった。女性に対してもそうだけど、本当はいい奴なんじゃ?
3巻目にしてブロワ警部はおちゃらけたキザな男から紳士的な男性へ、ヴィクトリカはツンデレ娘から健気な可愛いお譲さんとイメージがほんの少し変わってきたかも。一弥もヴィクトリカと出会ってから徐々に精神的に強くなってきてる。

まだまだ謎は多く気になることはたくさん!内容以上に登場人物たちが気になって気になって(笑)。ということで明日から4巻目に突入!

「GOSICKⅡ -その罪は名もなき-」 桜庭一樹

『GOSICKⅡ -その罪は名もなき-』

GOSICKII  ―ゴシック・その罪は名もなき― (角川文庫)

 著者:桜庭一樹
 出版社:角川書店 角川文庫





<簡単なあらすじ>
1924年、ヨーロッパの小国ソヴュール王国にある聖マルグリット学園。いつものように九城一弥はヴィクトリカのいる図書館最上階にある植物園に向かい、のみの市で起こった事件の事を話す。だがヴィクトリカにとって単純すぎた事件で退屈極まりないものだった。そこにブロワ警部が真相を聞きに来るが、今回はどうも様子が違った。翌朝、一弥が持ってきた新聞の三行広告に<"灰色狼の末裔"に次ぐ。近く夏至祭。我らは子孫を歓迎する>と書かれているのを見たヴィクトリカは、学園を抜け出し山奥にある名もなき小さな村に一弥とやってきた。そこはヴィクトリカの母がかつていた場所で、当時起こった事件を究明し母親の無実を晴らすためだった。だが新たな殺人事件が起こり、一弥とヴィクトリカは巻き込まれてしまう。そんな中、ヴィクトリカは徐々に混沌(カオス)の欠片を集め、知恵の泉により2つの事件の真相に辿り着く。一体この村で何が起こったのか?GOSICKシリーズ第2弾。

<感想>
相変わらずヴィクトリカのいる植物園に通い続ける一弥。まだ2巻目ですが、話の展開はパターン化してる?まず一弥とアヴリルとのやりとり→そして一弥は植物園でヴィクトリカに行動を当てられ、お土産に外で起きた事件を話す→ブロワ警部が来る。→メインの事件→一弥とヴィクトリカが巻き込まれる…ってな感じ?そして物語の間にモノローグが挿入。

退屈しているヴィクトリカのために、外で起きた事件を手土産にヴィクトリカのもとにやってくる一弥。凡人とか中途半端な秀才とか、その他もろもろからかわれつつも何かと仲が良い2人。絶交をされても、殆ど外出したことがないヴィクトリカが心配で、何がなんでも自分が守ってあげなきゃ!とほっておけない。さらに危機に瀕した時、父親や兄に対して語られる想い、本当に素直ないい子だなー。紳士的だし^^

一方、ヴィクトリカは小さな体で一生懸命一弥を守り、言動も1巻よりもかなり魅力的になってる!特にお風呂に入っている時の歌には笑ったwさらに!最初の方で、絶交を言い渡された後に一弥が言った「ぼくより……」の返事とともとれるヴィクトリカの返事が最後にあるのがまたいい(*'∀`*)なんだかんだいっても心の中では一弥のことを信頼してるのね。そしてもう一人の少女、同級生のアブリルは恋する女の子ってカンジで可愛い♪鈍感で天然な一弥のせいで踏んだり蹴ったりだけど(笑)。

今回はヴィクトリカの母親の謎に迫る内容に。といっても全貌じゃないんだよなー。巻を重ねるに連れて少しずつわかってくるのかな?で、ヴィクトリカは母親の無実を晴らすために学園を抜け出し母親の出身地へ。事件に関わる(遭遇する)のは、のみの市で一弥が知り合ったシスター、同じように新聞のメッセージを読み興味を持ちやってきた若者3人グループ、そして村に住む人々。閉鎖的で、灰色狼の伝説のもととなったと言われてる村で、文明と切り離された生活を送ってます。

先祖の霊に質問するという形で村長から一人一つ未来について教えてもらえるという儀式で、一弥とヴィクトリカも質問するんですが、その答えの内容がめちゃ気になる!これっていずれこのような事が起こるってこと?もしや伏線??さらにブロワ警部が言うヴィクトリカが外に出てはいけないという理由、こちらもめちゃ気になる!!こちらもいずれわかるのかしら。なんか伏線だらけで次の巻が読みたくなっちゃうじゃないの~。

ヴィクトリカは混沌の再構成に相手と取引を行うとのこと。しかも痛みをともなう犠牲だって(゚д゚lll)しかもそれは習性で、退屈しのぎに悪魔的な要求してるそうな…。な、なんという…。でも一弥には無茶な見返りを求めてないってことは?大切な友達って認識してるってこと?それとも身内じゃなく自分の事を鼻っから恐れてなく接してくれてるから?んん?このあたりも気になるなぁ。

巻末の解説に、作者は小さい頃にシャーロック・ホームズをよく読んでおり、あの頃自分が味わったようなミステリの面白さ、名探偵ものの様式美みたいなものがわかる入門書になれば…と思われてるそうな。なるほど!だからストーリーの流れが他の名探偵ものと同じようにパターン化されてるんだ。そして確かに読みやすい!

事件の真相はちと無理っぽくない?と思う部分があるものの、登場人物のキャラや謎、いたるところにある伏線、新たな謎の人物が気になり続きが読みたくなる、そんなシリーズのような気がしてきました。とりあえずは3巻も読まなきゃ。といいつつ実はもう3巻を読み終えようとしてます(^m^)

「GOSICK -ゴシック-」 桜庭一樹

『GOSICK -ゴシック-』

GOSICK  ―ゴシック― (角川文庫)

 著者:桜庭一樹
 出版社:角川書店 角川文庫





<簡単なあらすじ>
1924年、ヨーロッパの小国ソヴェール王国。山脈の麓に長い歴史を持つ名門聖マグリット学園がある。そこに留学生として入学した15歳の九城一弥は、学園図書館塔最上階の植物園で、いつも書物を読んでおおり一度も授業に出たことがないヴィクトリカに授業のプリントを渡すために届けに行っていた。ある日、担任の先生から自身の村で起こった奇怪な事件のことを聞き、そのことでブロワ警部が一弥とヴィクトリカの所にやってきた。難事件に遭遇する度に植物園にやってき、一弥に詳細を話聞かせ、それを横で聞いているヴィクトリカが真相を言い当て、ブロワ警部が自分の手柄にするという構図が出来上がっていたのだ。その週末、一弥とヴィクトリカはひょんなことから豪華客船への招待状を見つけ行ってみることに。だがそこで殺人事件に遭遇してしまう。危険な場に追い込まれた2人の運命は?殺人事件の背景には一体何があるのか?

<感想>
図書館塔最上階の植物園で、一日中難解な本を読んでいるヴィクトリカ。なぜか男性名を付けられたこの少女は、身長140cmと小柄で長い金髪、白い肌にエメラルド・グリーンの瞳、まるで人形のような美少女。それでいて、植物園にいながら難事件を解決する頭脳明晰。混沌(カオス)の欠片を再構築し、なんとか言語化するらしい。(←なんか難しい説明ですが、ホームズのような安楽椅子探偵という感じ?といってもメインの事件は現場に出向いてます) これだけだと美人で頭がいいパーフェクト少女ですが、なぜか声は老人のようなしわがれた低い声で口が悪い、友達は一弥だけ、学校にいるのに授業は全く出ず担任もそれを容認、ブロワ警部は直接ヴィクトリカに話しかけない、15歳なのにいつもパイプをくゆらしている等々、、謎だらけの少女。

一方、一弥は軍人一家の末っ子の真面目で品行方正で成績優秀な少年。でもちょっぴりヘタレさん。だけど優しく男らしい部分も。優秀な兄たちのプレッシャーから逃れるため、新たな地に胸躍らせてやってきたものの、会談好きの学園の生徒からは、東洋からやってきた黒髪に漆黒の瞳の一弥のことを<死神>と呼ぶように。なにかと"帝国軍人の三男"だからと言う一弥。呪縛のように言ってる感じですが、強い父や兄たちへの尊敬の意もあり、自分も強くならないと!という自分を奮起してるようにも聞こえます。

このヴィクトリカと一弥の2人が、ある老占い師が殺された事件をきっかけに殺人事件に遭遇するという話。現代の話(といっても1924年だけど^^;)の間にモノローグが組み込まれており、読み進めていくうちに、2つのストーリーの行く末がうまく繋がっててます。
最初、一弥と同級生、一弥とヴィクトリカの会話から、ラノベっぽくて軽い感じのミステリーかと思ってました。が、事件の真相は意外と重い内容。でも独特のキャラのヴィクトリカとお人よしの一弥の会話でちょうどいい感じにミックスされてるなと。口は悪いが心では一弥のことを信頼してると思われるヴィクトリア、危険な場に遭遇すると体を張ってヴィクトリカを守ろうとする一弥、この2人のキャラが愛くるしい♪

あと想像できないほど奇妙な髪形をしナイスポーズを決めるブロワ警部と、いつもなぜか手を繋いでいる部下2人、彼らのキャラ設定はいったい…(笑)?特に部下2人、今後、彼らがもっと多く登場する巻があると嬉しい。ちょっぴり気になる存在。

読み終えてヴィクトリカの謎が一つ解けましたが、まだまだ謎が多く気になる~。これってシリーズ通して徐々にわかってくるのかな?めちゃ気になる~。ヴィクトリアと一弥の関係もそう。今はまだ友情で結ばれているというには確信が持てない関係ですが、今後どのように変化するのか楽しみ♪ミステリとしてはさほど「ええっ!!」ってくるものはないですが、登場人物のキャラとその背景や謎が次も読んでみたい!と思わせるような雰囲気。

ということで、今シリーズは読んでいきたいと思います。実はもう2巻を読み終えようとしてます(^m^)

2012 夏の香港傑作映画まつり

久しぶりにシネマート心斎橋のHPを見てみると、
今年の夏、「2012 夏の香港傑作映画まつり」があるとのこと。

ラインナップは、


・『白蛇伝説 ~ホワイト・スネーク~』(原題:白蛇傳説)
 
 監督・アクション指導:チン・シウトン
 出演:ジェット・リー/ビビアン・スー他

・『盗聴犯 ~死のインサイダー取引~』(原題:竊聽風雲)
 監督・脚本:アラン・マック/フェリックス・チョン
 出演:ラウ・チウワン/ルイス・クー/ダニエル・ウー他

・『盗聴犯 ~狙われたブローカー~』(原題:竊聽風雲2)
 監督・脚本:アラン・マック/フェリックス・チョン
 出演:ラウ・チウワン/ルイス・クー/ダニエル・ウー他


どれも観たい~
シネマート六本木は7月14日(土)より開催とあったけど、
大阪のシネマート心斎橋は夏公開の記載だけ。
出来れば神戸でも上映して欲しいなー。

ちなみに6月9日から、神戸で
『ビースト・ストーカー/証人』、
8月に『王朝の陰謀』がやっと上映されます!
大阪より遅れての上映ですが、家から近い映画館に
観に行けるのがなにより嬉しい♪

上映時間に都合がつけば観にいくぞー☆

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。