TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「境遇」 湊かなえ

『境遇』

境遇  

 著者:湊かなえ
 出版社:双葉社





<簡単なあらすじ>
高倉陽子、36歳。政治家の夫と5歳の男の子を持ち、自らは絵本作家となり絵本大賞新人賞を受賞。晴美、36歳。新聞記者として働いており20歳の頃から陽子とは親友。この2人はともに生まれてすぐ親に捨てられ、滋養養護施設に預けられた同じ境遇だった。陽子が絵本作家として注目され始めた頃、陽子の息子が誘拐され「世間に真実を公表しろ、白川渓谷意見を思い出せ」という脅迫状が届く。陽子は自由に動くことが出来ず晴美に協力を仰ぐ。犯人の狙いは一体?そこに隠された真実とは?

<感想>
読み終えて知ったのですが、これって昨年12月に放送されたドラマ化『境遇』のために書き下ろされた作品だったみたいです。松雪泰子さんとりょうさんが主演だったらしいですが、名前だけ拝見し、どちらが陽子、晴美を演じたのかイメージ沸きません(。-_-。) ドラマを見ていないのでなんとも言えませんが、雰囲気的にお2人とも晴美のイメージがあったり。。

本当の親を知らないもの同士という境遇の2人、20歳の時にあるきっかけで知り合ってから親友になった2人。タイトルにもなっている境遇という言葉がやたらと出てきます。まぁ確かに境遇がポイントになってるわけですが…。

『告白』のようにショッキングでもなく、『花の鎖』のように凝った関連性もなく、全体的にあっさり。←この2作品しか長編は読んだことがない私がえらそーに言うのもなんですが^^;どうしても『告白』と比較されてしまうのはちょっと気の毒ですが、あまりにも『告白』が衝撃的すぎたので仕方がないといっちゃ仕方がないような気も。

高倉陽子にしろ政治家の夫にしろ、基本的に人間が出来ておりいい意味でも悪い意味でもどこか冷静。お互いの意思を尊重しすぎなんじゃ?夫婦なんだからもっと2人で相談しようよと思っちゃいます。ってか息子が誘拐されたのにこの冷静さ(もちろん心配はしてますが)、ちょっと不自然かなー。しかも真相を語るのにどうしてあの番組を通さなきゃいけないの?もっと違う方法があっただろうに。

やはりドラマ前提で書いてるのでこういう淡々とした雰囲気になっちゃうのかな?ドラマはどんな風に仕上がってるんだろう。ドラマのHPを見るとミツコ役は野際陽子さんとのこと。ここはやっぱり本家本元にして欲しかったw

全体として面白くなりそうな内容なのに、全てにおいて淡々としていたのが少し物足りなかったです。でもこの本を読んだ後に、あるアンソロジーに入っている湊かなえさんのショートストーリーを読んだのですが、そちらは面白かったです!

スポンサーサイト

「悪の教典 下」 貴志祐介

『悪の教典 下』

悪の教典 下

 著者:貴志祐介
 出版社:文藝春秋





<簡単なあらすじ>
(上巻)ハスミンこと蓮実聖司は晨光学院町田高校2年4組の担任で英語を教えており、職員からは信頼があり生徒からも絶大な人気があった。2年4組は問題児を抱えたクラスだったが、それはIQが高いハスミンが意味あって自ら引き受けたのだった。反社会性人格障害(サイコパス)のハスミンは学校内で自分の思い描くシナリオ通りに実行していくが、それは悪夢の始まりだった。それに気付いた者は…。
(下巻)期末試験に向け、カンニングの防止と真相究明するためハスミンは対策を練る。一方、クラスの生徒:早水はハスミンの正体を暴こうと1人動き出すが…。その後、9月に行われる文化祭に向けてクラス皆で準備する2年4組の生徒たち。本当の悪夢はここからだった。

<感想>
上巻を読んだのが昨年の7月、その時に下巻を図書館で予約してやっとやっと手元にきました!

上巻では、ただ邪魔だから、あるいは自分に不利な人物は殺したらいいだけ…と感情なく容赦なく実行に移してきたハスミン。下巻では文化祭を前に想定外のことが起こり、どう収拾するのかと思っていたらとんでもないことに!!「木の葉は森に隠せ」とは!!ハスミン、これはおおごとだよ?!絶対どこかでボロが出るよ?無理だって~と思いながら読み続けました。論理ではなく直感で救われてきたハスミン、果たして吉と出るか凶とでるか。上巻でもそうでしたが、かなり前から計画してた訳ではなく、その場その場で計画を立てて実行という究極のパターン?

文中である人物に「殺人が一番明快な解決法だとわかっていても、ふつうの人間は躊躇する。どうしても恐怖が先に立つから。しかし俺はそうじゃない。やれると確信さえできれば最後までやりきることができる。途中でためらうとかえって危険だが、思い切って突っ走れば案外走りきれるもの」と言っていた。が、あるシーンで躊躇するシーンが。でも恐怖からというのではなく別の意味のような?人間らしい感情を取り戻したのかと思ったのもつかの間、その後の行動はもうバトルロワイヤル状態。

いやいや、よくこんな計画が思いついたもんだ。生徒たちは各々の性格や立場によってそれぞれの行動を取るわけで。自分よりも大事な人を守りたいと思う人、自分1人だけは助かりたいと思う人。上巻よりも下巻のありえない状況で、個々の性格が赤裸々にわかってきました。話の流れからしてこの生徒たちはきっと残るんだろうなぁというのは想像通りでしたが、とにかく2年4組の生徒だけには絶対、絶対になりたくないです~(><。)。

今作品で完結なのかしらん?下巻ではアメリカ時代のエピソードがあったのですが、これってのちのち続編があった時のための前置き?!考えすぎ?続きが読みたい気もしますが、アメリカに行くには物理的に無理な状況なので、もし続編があるあら身近なとこからの復讐とか?

ってか、下巻でやけくそのような行動ではなく、もっとサイコっぷりを見せてほせいかったなぁ。あと学校の先生がブログをしているのはまぁいいとして、学校内で起こった事件、学校内で隠しておきたいこと、職員会議のことを書くだろうか?ちょっと安易なような気がする…。
「ん?」と思うシーンもありましたが、全体的に「一体どうなるの?!着地点はどこ?」とさくさく読み進めることができた作品でした。

『悪人』のロケ地巡り in 博多・長崎・佐賀

長崎ランタンフェスティバルをメインに博多と佐賀にも行ってきました!
『悪人』のロケ地巡りを調べていると…
「ながさき旅ネット」さんにはロケ地ガイドがあり、とても参考になりました^^
五島もロケ地巡りモデルコースもあったりして、これはとってもありがたい!

といっても日程の関係上、長崎県は五島市・平戸市は
行っておらず、長崎市内のみになってしまいました。
佐賀も呼子には行けず市内のみです。
博多も行ける範囲内で…

ということで満足なロケ地巡りはできず…というかかなり少ないかも^^;
全部制覇するにはかなりの日数を要するので、
次回、九州に行った時に今回行けなかった場所に行けたらいいなー。

では中途半端なロケ地巡りですがいってみよっ!
※映画の登場シーン順ではなく、ほぼ、私が行った場所順になってます。


東公園
福岡県福岡市博多区

1博多区東公園 2博多区東公園
佳乃は祐一とここで待ち合わせしていたが、増尾と偶然出会ったことで祐一との約束を急にキャンセルした場所。正確な場所はわかりませんが、この辺りだと思います。左は増尾が車を止めた側。右は祐一が車を止めた側。

けやき通り
福岡県福岡市中央区

3けやき通り
佳乃の父親が増尾の後をつけて歩いていた場所。

4けやき通り
この本屋さんの前で父親が増尾を襲おうとしてました。

5けやき通り SOL FAMILIA大名店
増尾が友人たちと集まっていた店で、2回ほど登場したような?2回目では佳乃の父親が乗り込んでました。ちょうどお昼時だったので、こちらでランチを食べる予定でいたのですが閉まったました(悲)。

渡辺通り
福岡県福岡市中央区

6渡辺通り
冒頭あたりで、佳乃が父親に客を紹介してもらったあと、父親と佳乃が乗る車が走っていた通り。

7渡辺通り
佳乃が父親の車から降りた場所。劇中で後ろにヴィトンがあったことで、ここじゃないかと思ったのですが…実際の映像を見ると違ってました^^;一体どこのヴィトン前なんだろう??


長崎市立市民病
長崎県長崎市新地町6-39

8長崎市立市民病
祐一が祖父を連れて行った病院。

市民病院前バス停
長崎市立市民病前

9長崎バス・市民病院前バス停
祐一の祖母が漢方薬事務所を訪れ、高額なものを買わされたあとに佇んでいたバス停。本当はこの席ではなく、左横にある椅子だったのですが、バスを待っているお客さんがいたため近くの椅子を撮りました。

10漢方薬事務所
漢方薬事務所。ここは長崎ランタンフェスティバル会場の近くにあったので、行くのが夜になってしまいました。ちょうど右手に入口があります。

11漢方薬事務所
正確な建物はわからなかったのですが、入口に映画のポスターが貼ってあったのでここじゃないかと…。


ポプラ大和店
佐賀県佐賀市大和町大字川上549-4

13ポプラ大和店
光代が祐一に連れ出された翌日、家に電話を掛けた公衆電話。

紳士服のフタタ 佐賀西バイパス店
佐賀県佐賀市鍋島町大字森田字一本杉29-1

14紳士服のフタタ 佐賀西バイパス店
分かりづらいですが、奥の輝いている建物です。夜、しかも雨のなか走る車の中から撮ったためこんな写真に…(泣)。シャッターチャンスを間違えた~。

諸富警察署
佐賀県佐賀市諸富町大字諸富津47-1

15諸富警察署
祐一が自首しようとしていた警察署。劇中と同じように雨だったのですが、夜だったためちゃんと写せませんでした(><。)

佐賀駅
佐賀県佐賀市駅前中央1-11-10

16JR佐賀駅
祐一と光代が待ち合わせした場所。悪人のロケ地だという看板がありました~wしかもご丁寧に2人の位置がわかるように赤い靴あとマークまで!

17JR佐賀駅
光代が祐一の車から降りた場所。ここで光代は祐一にホテルでもらったお金を返してました。


以上、ロケ地巡りでした!
佐賀県の「ポプラ大和」、「紳士服のフタタ」、「諸富警察署」以外は
観光地にあったので行きやすかったです♪
今回、何度も登場する祐一が住んでいる辺りや、
逃亡先の灯台には行くことができませんでしたが、
とりあえずこれだけ行けたので満足です^^

『解夏』のロケ地巡り in 長崎

2月4~5日に長崎ランタンフェスティバルに行ってきました!
前回の『解夏』の感想でも書きましたが、ついでにロケ地巡りもしてきましたっ(^▽^)ノ
それでは『解夏』のロケ地巡りいってみよっ
※映画の登場シーン順ではなく、ほぼ、私が行った場所順になってます。

聖福寺
長崎県長崎市玉園町3-77

1聖福寺
このお寺は何度も登場します。この写真の階段を隆之が上るシーンもあり。

2聖福寺
回想シーンで、隆之が幼馴染とかくれんぼをしてました。大人になってからも来てました。

3聖福寺
回想シーンでアップになったり、横の階段に陽子が座ってるシーンがありました。

4聖福寺
この前で、隆之と陽子が抱き合っているシーンあり。


万寿庵
長崎県長崎市桜馬場2丁目4-10

6万寿庵
隆之の母親が、嬉しいことがあると(家に滞在人が増えると)やってくるまんじゅうやさん。


諏訪神社
長崎県長崎市上西山町18-15

7諏訪神社
隆之と陽子が階段を上がるシーンあり。


中島川の編笠橋
長崎県長崎市 眼鏡橋から徒歩数分

8中島川の編笠橋
橋の右手前の階段を隆之と陽子が降りてき、途中で隆之がしゃがむシーンがありました。


長崎新地中華街
長崎県長崎市新地町

9長崎新地中華街
隆之と幼馴染と陽子の3人がここを歩いてました。

10長崎新地中華街
ちょうどランタンフェスバルをしており、中華街はどえらい人でどの店も入れず(><)
ちなみに右上に写っている看板の店『江山楼』で、隆之と幼馴染と陽子の3人が食事をしてました。


オランダ坂
長崎県長崎市東山手町

11オランダ坂
このオランダ坂付近で隆之と陽子が歩いてたんですが、正確な場所がわからず(><)。無念!


活水女子大学
長崎県長崎市東山手町1-50

12活水女子大学
この画像のシーンは登場しないのですが、劇中では隆之と幼馴染と陽子の3人が乗ってた船から
学校の外観が映ってました。あと、別のシーンで隆之が学校内まで入ってました。


東山手十二番館横の坂道
長崎県長崎市東山手町

13東山手十二番館横の坂道
隆之が歩いていた赤レンガの塀のある坂道です。


祈念坂
長崎県長崎市南山手町

15祈念坂
この映画の基本といってもいい(?)、隆之の実家。
右側の石垣を入ると家がある設定なのですが、実際は空き地?
他のサイトを見ると、家は別の場所でロケをしたとか。

16祈念坂
家の設定場所のすぐ下。隆之と陽子が歩いてました。

17祈念坂
ここからの景色、めちゃいいんです!
ってかめちゃ観光地に住んでる設定だったんですね~。


ドンドン坂
長崎県長崎市南山手町

19ドンドン坂
正確な場所はわかりませんが、隆之と陽子が歩いていた坂道。


小川凧店
長崎市風頭町11-2

小川凧店
隆之の姉が嫁いだ先。ここで隆之は凧を借りて、すぐ近くの風頭公園に行きます。


風頭公園
長崎県長崎市伊良林3丁目510-6

23風頭公園
小川凧店を出てすぐ。ここを入り、下の写真の場所で凧を揚げてました。

24風頭公園


若宮稲荷
長崎県長崎市伊良林2-10-2

26若宮稲荷
隆之と陽子が下りてくるシーンがありました。


興福寺
長崎県長崎市寺町4 -32

27興福寺
隆之が一人で訪れるシーンあり。長崎ランタンフェスの会場の一つだったため、
ちと外観が賑やかめです。

28興福寺
ちょうどこの前を隆之が歩いてました。

29興福寺
ここの通路で隆之が誰かと話すシーンがあるのですが、
ランタンフェスのためこれ以上は入れず。


へいふり坂
長崎県長崎市 大音寺と晧台寺の間
20へいふり坂 21へいふり坂
ここもよく出てきたような?この坂を上がると、隆之の父親の墓があるという設定でした。
隆之1人でも上ってたし、母親も上がっていたし、隆之と陽子の2人もこの坂を下ってました。


すべてのロケ地を巡ってはいませんが、観光地が多かったので
大きな移動がなくよかったです^^ちなみに主人公が東京の小学校に勤めていたので、
その小学校、住んでいたアパート、また陽子の父親が勤めていた大学、絵画館は
関東がロケ地みたいです。

なにはともあれ、この作品のロケ地巡りは楽しかったです♪

「解夏」

『解夏』  

解夏

製作年:2003年
製作国:日本
監督・脚本:磯村一路
原作:さだまさし『解夏』
出演者:大沢たかお、石田ゆり子、富司純子、田辺誠一、古田新太、鴻上尚史、石野真子、渡辺えり子、柄本明、林隆三、松村達雄


<簡単なあらすじ>
東京で小学校の教師をしていた隆之は、目に違和感を覚え悪夢を見るようになる。幼馴染の友人に診察してもらうと、ペーチェット病で、やがて失明すると診断される。その頃、恋人の陽子は仕事で海外にいた。彼女には何も連絡をせず、彼女の父親であり恩師でもある朝村には今後について相談しに行く。そして春休みを機に教師を辞めて実家がある長崎に戻ることを決心。失明する前に故郷の景色を脳裏に焼き付けようと、幼馴染に会ったり長崎の街を歩く毎日。そんな時、父親から事情を聞いた陽子が長崎にやってくる。長崎の街を歩く2人。だが隆之は目が見えなくなる恐怖、陽子の未来を考え葛藤していた。そしてその日はやってきた。

<感想>
つい先日、長崎ランタンフェスティバルに行ってきました!初めての長崎なので、ランタンフェスだけでなく、ロケ地なんぞも行ってみたいなーと考えてた時に思い出したのが今作品。数年前にテレビで放送されていたのを観たことがあり、長崎の街っていいなと思った記憶があったんです。内容もあまり覚えてないので旅行する前にDVDを借りてきました^^

ペーチェット病と診断され、失明する日はいつなのかわからない。教師を辞めて母親が住む実家に帰り、失明する前に故郷の景色を焼き付け、歩いて歩いて街を覚えておこうとする隆之。造船所に勤める幼馴染を訪れたり、凧屋に嫁いだ姉に会いに行ったり、診察してくれた幼馴染の紹介で、同じ病気になり失明した人を紹介してもらったり。

お寺で知り合った老人に思わず自分の病気のことを話す隆之。そんな隆之に老人は"解夏"の話をし出します。一度観た作品なので流し観しており、正直、この老人の話をよく覚えてないのですが、印象的だったのは「失明した時に恐怖から解放される」みたいなことを言っていたこと。

隆之のいつか失明するという恐怖。医者から診断結果を聞いている時、子供の頃に聖福寺で幼馴染たちとかくれんぼをし怖かった記憶とを交差することで不安な気持ちを表していたのでしょうか。見えていたのもが見えなくなるということは、最後に見た人の顔が最後の記憶。その後の彼女がどのように歳を重ねていくのか見ることもできないし、もしかしたら最後の見た顔さえも数十年経てば記憶も薄れていくかもしれない。そっか、そういうことか。陽子の決断は相当勇気がいるもの。決断と言っても彼女の気持ちは最初から決まってましたが…。

個人的に好きなシーンはまんじゅうやさん。おかみさん演じる渡辺えり子さんと、隆之の母親演じる富司純子さんの会話がいいです。おかみさんの嫁話もそうだし、息子が帰ってきたこと、未来の嫁が来てくれたことを嬉しそうに話す富司さんはどこか可愛い♪

主人公が失明するという話が軸になってるのですが、さほど深く掘り下げてなく、ところどころ長崎の街並みに心奪われる内容になってます。ロケ地巡りをして思ったのですが、今作品、ホント観光地が多く、私が行った長崎ランタンフェスティバルの会場の一つにもなってたので非常に行きやすかったです^^でもですね、作品観てもわかりますが坂がめちゃ多いです!隆之・陽子・母親はしょっちゅう坂を上ってます^^;ってか坂の途中に家があるんですもーん。家からの景色はいいけど、外出するの大変だなぁと現実的なことを思ってしまいましたw

ということで、次はおそらく今作品のロケ地巡りをアップする予定デス。

第7回大阪アジアン映画祭

本日、第7回大阪アジアン映画祭のチケット発売がありました!

まずは指定席・整理券付き自由席のチケットをゲットした作品。↓

『捜査官X』 Wu Xia 
2011年/香港・中国/115分
監督:ピーター・チャン
出演:ドニー・イェン、金城武、タン・ウェイ、ジミー・ウォング

 チケット発売数分後に完売のマークである×が付いてたったのですが、
 その後、なぜか購入可の○マークが付いたり消えたり…
 ×マークがついているのに懲りずにチャレンジしてたら
 11時過ぎに購入することができました~(嬉)。
 なんだろう?ちょっとずつ小出しにしてたのかな?それとも当日券の分を出してたのかな??

『高海抜の恋』 Romancing in Thin Air 
2012年/香港/114分
監督:ジョニー・トー
出演:ルイス・クー、サミー・チェン、カオ・ユアンユアン、ホァン・イー、ウィルフレッド・ラウ、ワン・バオチアン

 すぐ売り切れるかと思っていたら、今現在もまだまだチケットはある模様。
 トー監督、舞台挨拶にきてくれるかなー?

『セデック・バレ 太陽旗』 Warriors of the Rainbow I: Sun Flag
『セデック・バレ 虹の橋』 Warriors of the Rainbow II: Rainbow Bridge
 
2011年/台湾
監督:カン・ヒョンチョル
出演:リン・チンタイ、マー・ジーシアン、ビビアン・スー、ランディ・ウェン、安藤政信、ルオ・メイリン、チェン・ジーウェイ

 観たかった作品なので楽しみ。でも前編143分、後編131分、
 夜の上映だから寝てしまわないか心配…。

『LOVE』 Don’t Go Breaking My Heart 
2011年/中国・台湾/127分
監督:ニウ・チェンザー
出演:スー・チー、ヴィッキー・チャオ


あと、共通自由席3回券を購入したので、

『星空』 Starry Starry Night 
2011年/中国・台湾・香港/98分
監督:トム・リン
原作:幾米
出演:シュー・チャオ、グイ・ルンメイ、レネ・リウ

と、あと2作品何か観に行く予定。
とりあえずお目当てのチケットがゲットできたので良かったです☆

来月から第7回大阪アジアン映画祭☆

3月にある「第7回大阪アジアン映画祭」の上映プログラムがHPに記載されてました。
今回は観たい!と思っていた作品がありこりゃ目が離せません!

絶対観に行くぞーと思っている作品は…

『LOVE』 Don’t Go Breaking My Heart 
2011年/中国・台湾/127分
監督:ニウ・チェンザー(钮承泽)
出演:スー・チー、ヴィッキー・チャオ
 『艋舺』以来、ニウ監督の新作映画を楽しみにしてました♪

『星空』 Starry Starry Night 
2011年/中国・台湾・香港/98分
監督:トム・リン (林書宇)
原作:幾米
出演:シュー・チャオ、グイ・ルンメイ、レネ・リウ
 幾米が原作の今作品、台湾でも昨年11月に公開されたばかり。
 なので日本語DVDはまだまだ先と思っていたので超嬉しいっ♪

『セデック・バレ 太陽旗』 Warriors of the Rainbow I: Sun Flag
『セデック・バレ 虹の橋』 Warriors of the Rainbow II: Rainbow Bridge
 
2011年/台湾
監督:カン・ヒョンチョル
出演:リン・チンタイ、マー・ジーシアン、ビビアン・スー、ランディ・ウェン、安藤政信、ルオ・メイリン、チェン・ジーウェイ
 昨年、台湾で話題(?)になった作品。日本に上陸してもミニシアター系で
 上映かなと思っており、まさか映画祭で上映されるとは思っていなかったので嬉しい。

『高海抜の恋』 Romancing in Thin Air 
2012年/香港/114分
監督:ジョニー・トー(杜峰)
出演:ルイス・クー、サミー・チェン、カオ・ユアンユアン、ホァン・イー、ウィルフレッド・ラウ、ワン・バオチアン
 映画祭でお馴染みのトー監督!これは観るしかない!

『捜査官X』 Wu Xia 
2011年/香港・中国/115分
監督:ピーター・チャン(陳可辛)
出演:ドニー・イェン、金城武、タン・ウェイ、ジミー・ウォング
 金城武出演!楽しみにしてました~♪
 ピーター・チャン監督が舞台挨拶の予定らしいです。


次は出来れば観たい作品

『変態、無頼、そしてその中間に挟まれた女』 Scumbag, Pervert, and the Girl in Between 
2011年/台湾・アメリカ/15分
監督:ブルース・ホァン・チェン(陳良侯)

『熊ちゃんが愛してる』 Bear It 
2011年/台湾/103分
監督:チェン・フェンフェン(鄭芬芬)
出演:ディラン・クォ、クー・ジャーヤン、ディン・チアン、マー・ズーチン、チェン・シーワン

『離れられない』 Inseparable 
2011年/中国/97分
監督:デイヤン・エン(伍仕賢)
出演:ケビン・スペイシー、ダニエル・ウー、コン・ベイビー

『2番目の女』 The second Woman 
2012年/香港・中国/105分
監督:キャロル・ライ(黎妙雪)
出演:スー・チー、ショーン・ユー、チェン・シュー、シー・メイチュアン、チャン・ナイティエン

『ビッグ・ブルー・レイク』 Big Blue Lake 
2011年/香港/98分
監督:ツァン・ツイシャン(曾翠珊)
出演:レイラ・トン、ローレンス・チョウ、エイミー・チュン


さぁ、今年は何作品チケットゲットできるかなー☆
曜日や時間の関係で、おそらく行けても4~5作品ぐらいかな。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。