TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「きことわ」 朝吹真理子

『きことわ』  

きことわ

 著者:朝吹真理子
 出版社:新潮社





<簡単なあらすじ>
25年前、8歳の貴子(きこ)は夏になると母親の春子と叔父の和雄の3人で葉山の別荘に来ていた。その別荘の管理人の娘、15歳の永遠子(とわこ)はそこに遊びにいくうちにいつしか貴子と布団を並べて寝泊りするようになる。だがあることを境に2人は疎遠に。そして25年後、別荘が解体することになり2人は再会する。第144回芥川賞受賞。

<感想>
予備知識を全く持たず読みました。いつもミステリーやストーリー性がしっかりある本を読んでいるせいか、起伏がほとんどなくお上品でゆったりと流れるような文章、ページ数は少ないのに平仮名が多く、さらに夢なのか現実なのか理解するため読むのに少し時間がかかりました。特に最初は文体からも時空の状況を把握しづらかった(><)

幼少の頃、どちらが自分のものかわからなくなるほど髪がこんがらがったり(手足まで!)、母親の髪を娘がとかしたり、髪を引っ張られるシーンがあったり…。髪にまつわるエピソードが多いのは何か意味があるのかな?あるんだろうなきっと。私には髪を引っ張られるシーンは怪奇現象っぽいなーなんて思ってしまった。結局何だったんだろう。引っ張られた夢とか、引っ張られたような気がした…とかじゃないよね?

「永遠子は夢を見る。貴子は夢を見ない。」
当時の貴子と同じ年齢の娘を持つ40歳の永遠子は、幼少の頃の別荘での、貴子との思い出を夢とわかった上で現在の自分とかぶせながら夢を見る。一方、貴子は夢を見ない。なので25年たった今、別荘にやってき思い出の品などに触れその当時の記憶を蘇らせる。同じ思い出を振り返ってもお互いの記憶が微妙に違ってたりする。夢と記憶の差なのか?
そして貴子は夢を見る。この終わり方はもしや全て…だった?と思ったりしたのですがそれはどうも違うみたい。見た夢の内容をすぐ忘れてしまうのは永遠子と違い現実的?と思ってたら、髪を引っ張られるし、いるはずがない場所で永遠子を見たり母親の面影を見たりとやっぱり現実的じゃなかった…。

夢を見ない貴子が母親の面影を見るのは、心のどこかで母親のことを記憶しておきたかったから。(←これは本文に書いてあったので間違いない)なら永遠子が夢のような夢でないような夢で貴子を思い出すのはなぜ?貴子と同じ感情ではないよね?逆に、当時8歳だった貴子が一緒に遊んでくれた年上の永遠子(お姉ちゃん的存在?)のことを夢に見るのならわかるのですが、当時15歳だった永遠子が一緒に遊んだ8歳の少女のことをこのように夢に見ることがどうも私には理解不能。この歳で7つ違うと親友とまではいかないだろうし、もちろん血も繋がってない。夏休みに遊んでいた別荘の女の子と管理人の娘が仲良くなって貴子の家族とも一緒に行動するようになった。それだけの関係じゃないの?

あと永遠子の母親の告白、その他にも何やら意味ありそうな箇所があり「おっ、これはなにやら大事な伏線だな」と思ったりしたものの、読み終わってみたら殆どがスルーされていて、結局アレはなんだったのかしら?という…。

普段、ストーリーがしっかりとあり伏線があったら回収されるパターンの本を読むことに慣れているのでどうもこういう「あれれ、あれれ、この結末はどこへゆくの~?何が言いたいの~?」というパターンは理解するのが難しい…。でもこういう雰囲気が好きな人は本作品好きなんだろうなぁ。好みわかれそう。

全体的にぼやっとしていて表現しにくい空間。最後に何か心にずんっとくるものがあるのかと期待してましたが、何もなかった。読み終えても今ひとつわからない…。私ってこんなに国語力(特に読解力)がなかったのねと悲しくなってくる。今、感想を書いてる段階ですでに内容を忘れかけてる状態。。

でもネットで著者のインタビュー記事を読むと「私自身は小説を書く時にまず先に伝えたいメッセージや書きたいことがあって書く行為を始める書き方をしません。」とおっしゃっており、今作品にはメッセージ性がないのなら私も「あれやこれやそれやは一体全体…?」と深く考えるのはやめておきます。百足のくだりと、親子代々髪を梳かすくだりが一番印象に残った作品でした。

スポンサーサイト

「死因不明社会2 なぜAiが必要なのか」 海堂尊ほか

『死因不明社会2 なぜAiが必要なのか』  

死因不明社会2 なぜAiが必要なのか (ブルーバックス)

 編著者:海堂尊
 著者:塩谷清司、山本正二、飯野守男、高野英行、長谷川剛
 出版社:講談社 ブルーバックス




<感想>
『死因不明社会』の続編。Aiの「きちんとした、最も有効な社会導入」を目指すため現場最前線でAi導入に奮闘する5人の第一人者、そして海堂さんが1章ずつ執筆し、6章から成り立っています。国がAiの費用を拠出するよう、市民の理解を得ることを目的とした1冊。


第1章:「Aiの概念」 海堂尊
Aiは何のために行われるのか、Aiのメリットである透明性、中立性、迅速性、公平性を軸に、どれほど大切なのかをAiの導入の利点例を挙げながら説明。解剖の欠点や現実問題と比較しながら書かれているのでわかりやすい。ただAiの問題点は「検査費用が拠出されていない」ということ。現実的に行政のバックアップがないのにAiがさまざまなところで稼動しており、社会制度にも組み込まれている。いかにAiが必要とされているかよくわかります。

第2章:「Aiの歴史」 塩谷清司
筑波メディカルセンター病院放射線科科長で、Ai画像を学術的に解析しているAi学会創始者の1人。死後画像診断の歴史において、著者が興味深いと感じた事柄を論文、記事、資料、体験について書かれています。世界での画像使用例の歴史はなかなか興味深いもの。個人的に気に入ったのは、小飼弾さんという方が『死因不明社会』をブログ書評した時に「Ai。この世から出かける時は忘れずに。」と書き締めたとのこと。うまい!

第3章:「Aiと医療」 山本正二
千葉大学に世界初のAiセンターを創設し、Ai情報センターの代表理事でAi学会の理事長も務めるAiのトップランナー。医療現場と法医学教室でのAi検査の流れ、意義を病例・画像とともに説明。各地のAiセンターの説明もあり。

第4章:「Aiと捜査」 飯野守男
医学博士。グローバルな視野とAiに対する明瞭な積極姿勢を持つ、国際派でAiに理解を示す法医学者のニュータイプとのこと。法医学者ということで海外の法医学について、また法医学分野でのAiの目的をさまざまな症例を画像で説明してるのですが、この章が一番印象的。異状死体を扱っており、いくら画像といえども素人の私でも破損状態がわかるほど。解剖は1回きりだけど画像は永久保存が可能、火葬する日本ではこれはかなり大事!災害時に個人識別作業の一つとして役に立つこともわかりました。また法医学の視点からAiの限界を症例とともにちゃんと提示し、「Aiには弱点もあるが、Aiでなければ得られない情報もある」と締めてます。

第5章:「Aiと司法」 高野英行
千葉県がんセンター画像診断部部長で、日本放射線専門医会・医会理事。現実に起こった医療事故を例に、その経緯や司法との相違、裁判の行方、また異状死があった時の病理解剖、司法解剖、Aiのそれぞれの流れが書かれています。

第6章:「Aiと論理」 長谷川剛
自治医科大学医療安全対策部教授で、呼吸器外科専門。遺体に対し検査を行うには「死」という概念に対する理解が重要と考える著者は、まずは死の問題から語っています。哲学者たちの言葉も交え、Aiをどう捉えるか。正直、この章は私には難しすぎたかな^^;
それぞれの専門分野で活躍、なおかつAiに関わっていらっしゃる方々が自分の専門分野から見たAiの視点が書かれており、説得力があります。ただ前作の『死因不明社会』では死因不明に対するAiの役割、必要性をわかりやすく説いており内容も比較的わかりやすかったのですが、続編の本作は私には専門的すぎてちょっと難しかったです。今までは海堂さんのAiに対する意見しか読むことができなかったですが、今回はそれぞれの専門家によるAi推進も同時に読めたのはよかったと思います。

「阪神の女房」 矢野燿大

『阪神の女房』  

阪神の女房

 著者:矢野燿大
 出版社:朝日新聞出版





1章:野球への夢を支えてくれた家族
2章:挫折が心を強くしてくれた
3章:プロ野球という大きな壁
4章:人との出会いが運命を変えた
5章:阪神投手陣の女房としての絆
終章:再びユニフォームを着る日まで

以上の章からなっている元阪神タイガース捕手で現役20年続けた矢野さんの自叙伝。


今更ですが、図書館で予約して数ヶ月、やっとやっと読めました!冒頭から、生まれてからの写真が記載されており、じっくり見たため本文にたどりつくまで時間がかかった(笑)まえがきにも書かれてますが、本書はタイトルにもある「女房」という言葉にこだわったそうな。特にこれといった特別な才能がなかったと自ら言う矢野さん、阪神にトレードで移籍し正捕手をすることになって以来、「自分よりも投手の立場になって物事を考える」ことを意識してきたそうです。

実際、女房の投手が喜ぶ結果になると、最高の笑顔を見せてくれた矢野さん。ちゃんと見てましたよー^^そんな矢野さんが家族、兄弟のこと、妻と子供のことやプライベートな事こと(←といっても野球に関係する内容が殆ど)、幼少の頃からの野球背景、プロに入ってからのこと、運命を変える出会い、女房としての役割などが綴られてます。

野球を始めたのは小学校2年生、その後わりと本格的に野球に取り組み始めたのは、5歳年上の兄がプレーする後ろ姿を見てから。それから30年以上。野球を始めるきっかけをつくってくれただけでなく、裕福でない家庭事情の中、両親に矢野さんを大学に行かせるよう説得までしてくれ、東北福祉大に進み今がある。もしこの時に兄が両親を説得し自分を励ましてくれなかったら、野球人生は確実に高校で終了してたはずだと。道具を大事に扱うようになったもの兄の影響。仕事が忙しくて殆ど家にいなかった父親、病弱だった母親。この頃から自分中心ではなく、相手の立場になって考えるようになったとか。

引退するまでの30年間、ずっとキャッチャーというポジションの矢野さんですが、実はかなりの時期まで捕手のおもしろさに気付くことなく、どちらかと言えばしぶしぶやってたそうな。そうだったんですね。

桜宮高校野球部で出会った伊藤義博監督、矢野さんはこの監督がいなかったら間違いなくプロ野球に入ってなかったと。その後、東北福祉大に移られた監督ともとで再び指導を受ける。監督の教育方針が矢野さんに合っていたようで、ここで学んだことで今の矢野さんがいるんですね!伊藤監督の言葉「捕手は野手の中で1人だけ反対を向いている。みんながお前を見てる。だから打たれても落ち込んだりするな。お前を見たみんなも落ち込んでしまう。」たしかにそーだ。

そしてドラフト。熱心に誘ってくれた阪神からの指名はなく、中日に入団。最初は後ろ向きな考えばかりし、憂鬱な毎日だったそう。頑張っていこうと決意すると今度は阪神へトレード。この時にキャッチャーとして呼ばれたのだからキャッチャーとして勝負しよう!と思ったわけですな。野村監督からは野球という哲学を学び、星野監督からは、選手たちに危機感を持たせ刺激を与えるという操縦法で18年ぶりにリーグ優勝。見てました!テレビで見てましたよー☆

5章では試合中に心掛けた5つのことが書かれてたり、いかに投手との信頼関係を築いていったかが書かれていてとても興味深い内容です。これを読むとやっぱり阪神の正捕手は矢野さんしかいない!と思ってしまいます。といっても引退されてるからどうしようもないけど^^;現在の捕手が何かミスを重ねたら「矢野さんだったら…」とつい思ってしまう。ついつい試合中に矢野さんのことを思い出してしまうのは、やはりそれだけ矢野さんはファンから信頼されてる最高の女房だったんだなとしみじみ。
近い将来、またタテジマに袖を通す矢野さんが見たいですっ!

「決断 : 阪神引退からのリスタート」 赤星憲広

『決断 : 阪神引退からのリスタート』  

決断~阪神引退からのリスタート~

 著者:赤星憲広
 出版社:集英社





<簡単なあらすじ>
2009年9月12月、ダイビングキャッチを試みて生命の危険を伴うケガを負った。激痛や痺れに耐え、リハビリを続けていた中で球団から言い渡された突然の引退勧告。「なぜ?」「まだやれる」。しかし、医師の口からは「最悪、命にかかわる」と…。引退を「決断」するまで、悩みに悩んだ。その間の気持ちの葛藤、チームメイトとの絆、両親の言葉、球団との話し合い、そして阪神愛…。赤星憲広が初めて明かす心の叫びのすべて―。(本の帯を引用)

<感想>
2009年12月9日に突然の引退会見を行った元阪神の赤星さん。覚えてますこの会見。9月12日のダイビングキャッチも見てました。まさか命に関わるかもしれないほどの症状だったとはとショックを受けたのを鮮明に覚えてます。突然の引退に「なぜ?どうして?本当なの?」とかなり動揺しました。

本書は赤星さんの現役最期の試合となってしまった運命の日2009年9月12日の試合から始まります。倒れた瞬間のこと、診察結果、怪我をしてから1ヵ月間の状況や気持ち、リハビリ、回復の兆しなどが事細かに書かれており、9月から引退までの流れと赤星さんの本音を知りました。

その中で球団側から呼び出されたことも書かれており、赤星さんは最初、年俸減額の話だと思っていたそうな。引退したほうがいいのではないかという話。回復云々ではなく、脊髄損傷という怪我の深刻さ、次に同じようなことになったらここまでの回復は望めない。最悪、命の危険がある。ということを球団側は重視。確かに復帰しても、もし何かが起こってからだと遅い。赤星さんの状態を知った上で復帰させ、取り返しのつかないことになれば社会的な問題になりかねない。球団の立場としては適切な判断。でも当の赤星さんは引退ということは全く頭になかったようで、「なぜ、どうして?回復の経過を全く見ずに怪我をしてたった1ヵ月で見切りをつけるのか?」と混乱したそうです。

生まれつき脊柱管が狭いらしく、衝撃によるダメージを受けやすいとのこと。過去にもダイビングキャッチをした時に同じ診断を受けたそうなんですが、現実的な問題として受け止めておらず、今回の怪我。リスクを抱えながらプレーを続けることは難しいとわかっていても、プレーを続けられる可能性を模索する赤星さん。

赤星さんがショックだったのは、球団側が何とか復帰するための解決法を全く見出そうとしなかったこと。引退の2文字だけ。とにかく球団に親身になって欲しかったと。だけど現実を見つめ直し自分の気持ちとしっかり向き合った結果、引退を決意したそうです。そうだったんですね、記者会見だけでは釈然としなかったのですが、引退までの経緯を今作品で初めて知ることが出来ました。正直、まだ出来るのでは?なんて安易に思ってたのが恥ずかしい。ってか阪神のファンなのに今頃になって今作品を読むのは遅すぎ?!

引退までの経緯だけでなく、幼少・小・中・高・大学時代、JR東日本時代を経て2001年にドラフト4位で阪神に入団までも書かれています。背番号について、用具メーカーとの信頼関係も書かれてます。そして!盗塁のコツ・気をつけていたこと・盗塁するにあたり必要なことももちろん書かれてます。あと「前向きに考えたほうがいい」という言葉があるが、言っていい時と悪い時があると。確かに。私も今まで「前向きに」なんて軽々しく口に出していたので、ちょっと考えさせられた言葉です。

生涯タテジマを貫くと公言していた赤星さん、いつも全力でグラウンドを走る姿がとても印象的でした。赤星選手が登録で抹消になると、「赤星選手の代わりはいない。センターは赤星選手じゃないと安心できない!早く戻ってきてー」「(他の選手がセンターの時)これが赤星選手だったらきっと取れたはずなのになー」とよく思ったものです。それだけファンからは信頼されていた選手の1人。

前からダイビングキャッチをし、グラウンドに体が跳ねるのみて「体に影響ないんだろうか?スローで見ると首に影響ありそう」と思ってましたが、今作品を読んで、今後、ダイビングキャッチをする選手の姿を見ると心配してしまいそう。

もう一つ、星野監督についても言及が。監督からは厳しさと執念を教わった。熱い気持ちが選手に伝わるし気配りも抜群で、選手を操縦するのがすごくうまい監督だと。というか、星野監督の厳しさと執念、熱い気持ちはファンにも痛いほどよく伝わってましたww赤星さんは引退後、阪神戦の解説でも真弓元監督のくだりで、星野監督、岡田監督の特徴を述べて比較されてましたねー。赤星さん、今更ですが9年間ありがとう!

「唇を閉ざせ」 ハーラン・コーベン

『唇を閉ざせ』  TELL NO ONE

唇を閉ざせ〈上〉 (講談社文庫)  唇を閉ざせ〈下〉 (講談社文庫)

著者:ハーラン・コーベン (HARLAN COBEN)
訳者:佐藤耕士
出版社:講談社 講談社文庫

<簡単なあらすじ>
幼なじみのエリザベスと結婚したベックは、2人の記念日に思い出の湖に出かけた。だがそこで何者かにエリザベスを連れ去られ、ベックは重症を負ってしまう。数日後、エリザベスは惨殺死体で発見され、連続殺人鬼が逮捕された。8年後、小児科医となったベックは、今なお悲劇を忘れられずにいた。ある日、ベックとエリザベスしか知らない内容のメールが届き、記されていたリンク先には死んだはずのエリザベスが映っていた。しかも確実に年齢を重ねているエリザベス。同じ頃、8年前に事件があった湖の近くで男性2人の遺体が発見される。ベックの血痕が付着したものも出てきたことでFBIはベックを疑う。8年経った今、身の回りで不可解な事が起こり始め疑問に思ったベックは、妻の生前の行動を調べ始める。そんなベックを監視している殺し屋たち、ベックは知らず知らずのうちに彼らの罠にはまってしまう。FBI、殺し屋から追われるベックは、真相を突き止めることができるのか。果たしてエリザベスは生きているのか。

<感想>
随分前にこの本を読んだことがあったのですが、つい最近、映画化された『唇を閉ざせ』を観た時に、初めて触れた内容のように感じ、内容を全く覚えてなかったのがあまりにもショックで…(悲)。なので本棚の奥深くに眠っていた本書をひっぱりだして再読。でも映画を観て内容を知っているので、再読しても本の内容を覚えていたかどうかはよくわからず^^;

8年前の事件で、エリザベスは連続殺人鬼の犠牲者の1人としてされたが、実は辻褄が合わない箇所が多く穴だらけ。しかもこの事件に関係あると思われる男性2人の遺体。FBIはベックが犯人だという仮説を立てるが、どうもこれが妙に辻褄が合いすぎる。8年も経った今、ベックの周囲でさまざまな出来事が起こり、殺し屋たちのワナ、メールの送り主の行動により、ベックは自分が知らないところで容疑者としての疑いや証拠がどんどん固まっていってしまう。

突然きた1通のメールから、エリザベスは生きている!と思いつつ、エリザベスの死体確認をしたのは彼女の実父(しかも警官)なので亡くなったのは間違いない。ベックからしたら一体何がなにやらてんやわんや状態。訳者あとがきによると、このような物語を典型的な「巻き込まれ型」というらしい。

読み終えて思ったのは、映画ではわりと原作に忠実に沿った内容だったかなと。ラストはちと違うけど。逆に映画の方がシンプルで良かったかも。原作の方にだけに登場する森にいる男性は映画で登場してたらちょっとあやふやな存在になっていたような予感。。

映画で描ききれてなかった細かい描写や背景を知ることが出来て良かったです。メールに記されていたリンク先の映像、映画を観た時にどうしてこの映像をチョイスしたのか、写真とか他の映像でもよかったんじゃ?と思ってましたが、小説を読んでライブ映像だったんだと判明。今現在の映像をリアルタイムで見てたのね!なるほど。メールを送った主はどうやってこの映像を手に入れたんだろうと疑問に思ってたのでスッキリ♪本作では殺し屋目線もあり、雇い側もすぐわかるので、映画よりイメージがつきやすかったです。映画では女性が演じてましたが、殺し屋の1人ウーを実写で描くなら断然サム・リーだなと勝手に想像。

映画を観てからの再読、どちらかと言えば原作は映画の補足的存在として読んだのですが、ラスト付近からは映画と内容がちょっと違ったので最後まで楽しめました。個人的感想としてはラストは映画の方が好きかな。しかし再読しても以前読んだ記憶がないって…悲しすぎる(><)

「おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 5」 村山由佳

 『雲の果て』 "おいしいコーヒーのいれ方Second Season 5"   

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season V 雲の果て (JUMP j BOOKS)

 著者:村山由佳
 出版社:集英社  JUMP J BOOKS





<簡単なあらすじ>
前回の話から半年後。ショーリは大学を休学しオーストラリアで秀人のもとでアシスタントとして働いていた。かれんから手紙は届くが封を開けずそのままの状態。だがかれんの弟である丈からの手紙は秀人から頼まれたこともあり封をあける。そして英語もなんとか会話できるようになった頃、ダイアンの妹で、ワケありそうなアレックスがやってきて…。

<感想>
最初、全然知らない女性の人の名前が出てきて、もしかして何巻か抜かして読んでる?あるいは前巻までに登場したけど誰だったか忘れてしまったか私?!とショックを受けてたんですが、どうやらあの事件から半年経っていること、そしてショーリはどこか違う地にいることが判明。てっきりあの事件からの続きだと思っていたのにもう半年後?!しかも舞台はいきなりオーストラリア?!なして~(謎)。でも最初の方でショーリの言葉によってあの事件の結果がどうなったかはわかりました。あの事件…これは今後のショーリには重すぎるような…。ショーリを海外に理由はこの理由じゃなきゃダメだったの?他の試練じゃダメなの~?

前回までの内容から一気に舞台が変わったのでただただびっくり。こんな展開になってたとは…。オーストラリアに逃げず日本にいて欲しかったなー。ショーリ自身は気持ちを切り替え楽になるのかもしれないけど、ショーリの気持ちは二の次でしょ?なのに自家中毒を起こしたショーリに対しあの事件の被害者側をはじめ、周囲の人たちはショーリに気を遣っているかのような雰囲気。そんな周囲の人たちを気持ちに耐えれなくて海外に行くってどうなの?

ショーリが住んでるアパートの大家さん、そして以前に登場した秀人さん。ここで大事な役割が待ってたんですね。ここで秀人さんが登場するってことは村山さん、かなり前から秀人さんの役割分担というものを前から構想してたんでしょうか。ということはいつかはショーリが日本を離れる事柄があると随分前から想定なさっていたとか?

秀人さんの言葉で「あまり知り過ぎてるというのはそれはそれでダメ。何も知らないってことはある意味大きな武器になる。何を見ても何を聞いても自分だけの新しい驚きをもって感じたり考えたりできるってこと」といったニュアンスがあるんですがいいこと言うなー。秀人さんにしろダイアンにしろマリアにしろショーリの周囲には良い人が多い。そんな中、ショーリは一体オーストラリアでどのように自分の気持ちを整理するんだろう。

ところで今回舞台がオーストラリアだったため、ショーリと秀人さん以外は初登場。かれんは存在だけの登場で寂しい(TT)。ショーリはあと半年もワーキング・ビザが残っているし、次作はまだオーストラリアが舞台なんだろうな。ってことはかれんはまた名前と絵だけの登場?終わり方からして次作はアレックスとなにかしらの波紋がありそうな雰囲気。アレックスはショーリの日本での周囲で例えるなら星野りつ子的存在。なんか…アレックスと恋愛ムードになるんじゃないかと嫌な予感もちらほら。早く今までの”おいコー”に戻って欲しいなぁ。←といっても起こってしまった過酷過ぎる現実はもう変えれないけど…。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。