TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「MAD探偵 7人の容疑者」

『MAD探偵 7人の容疑者』   神探  MAD DETECTIVE

MAD探偵

製作年:2007年
製作国:香港
監督:ジョニー・トー(杜峰)/ワイ・カーファイ(韋家輝) 
出演者:ラウ・チンワン(劉青雲)、アンディ・オン(安志杰)、ラム・カートン(林家棟)、ケリー・リン(林熙蕾)、ラウ・カムリン(劉錦玲)、 チョン・シウファイ(張兆輝)、 ラム・シュー(林雪)

<簡単なあらすじ>
数年前、西九龍署刑事課にいたバン刑事は、自身を殺人現場と同じ状況に置くことで犯人を割り出すという直感の持ち主だった。それだけなく他人が持つ隠された人格をを見抜くことができる能力も持っていたが、時おり常軌を逸した行動をすることもあり現在は第一線から退いていた。そんなバンの前にかつての後輩であるホー刑事が現れる。1年前に起こった刑事が失踪した事件について助言を求めに来たのだった。そしてバンは失踪した刑事と一緒に行動をしていたコウ刑事を尾行、なんと彼には7人の異なる人格を持っていた。その後、バンは事件現場で当時と同じ状況に身を置き事件真相を確信する。だが奇異な行動をとり続けるバンに対し不信感を抱き始め、自分自身も自信喪失になっているホー刑事は1人コウ刑事のもとへ行く。バンはホー刑事に携帯で身の危険を知らせるが耳を貸さず、自体は最悪な方向へ動こうとしていた。

<感想>
"7人の容疑者"とありますが、言葉どおり7人の容疑者がいるわけではなく、正確には7人の人格を持つ1人の容疑者。なのでコウ刑事に宿っている7人の人格者が時おり姿を現すのですが、冷静な判断を下すもの、凶悪なもの、食べ物担当(?)でおどおどしたものなど、その場その場の担当者がいる模様。皆で口笛吹いてる場面はどこか可笑しくて好きなシーンの1つ☆

MAD探偵2

全体的に犯罪サスペンス調なんですが、作りかたをちょっと変えたらコメディ映画になりそうな感じ。それだけコメディになりそうな素材はあるのですが、みな真剣に演じているのでやっぱり犯罪サスペンスかな。一瞬笑っちゃいそうなバンの行動シーン、MADすぎて笑えるのやら真面目なシーンなのやら~。紙一重だわ(笑)。

多重人格ものは内容によっては難しい作品もあり(今作品は多重人格ものとはちと違うが)、いつもどこまでが正気でどこまでが幻想なんだろうかと迷ったり。でも『MAD探偵』はわりとわかりやすかったかも。最初は天才的な能力を持つ刑事なんだと思ってたんですが、冒頭近くのシーンで退職する署長に対して行なった行動で、すでにこりゃヤバイ奴かもと…^^;無意識にその人物の人格者が見えたり考えてることがわかったりしたら、確かに普通の神経じゃなくなるよなー。

バン自身、現実と幻想(別の人格)の違いはわかってるいるものの(←わかってるんだよね?)、人前であろうがなかろうが元妻の幻想があたかもそこにいるような言動はただのヤバイ奴?それとも特殊能力あるがゆえ孤立感を持っており寂しさからの逃げ?さっき『MAD探偵』はわりとわかりやすかったなんて書いちゃったけどやっぱ私イマイチわかってないかも~(・_・)?なんかよくわからないような感じでしたが設定は面白かったなと思いマス。

ところで最後のホー刑事のあの行動には一体どんな意味があるんだろう?「これがコイツのでこれがヤツの…、コイツがコレを持ってたらややこしくなるからコイツにコレを…あれ、違うな、コイツがこれで……」なんて迷ってる…わけないかw

パンフレットには現在『奪命金』の撮影中だとか。これはマーケットにこだわらない個人的なアクション映画だそうで。楽しみだなー。

スポンサーサイト

大阪アジアン映画祭の続き

すぐ完売になりチケが取れなかった『一万年愛してる(原題:愛你一萬年)』。
追加上映(新たに増設上映)、追加発売(完売になった回の追加席)が決まり
2月22日にチケ発売があって当初予定していた回の追加発売で
無事ゲットしました!

整理番号はおそらく完売した番号の続き。
そう、劇場収容人数の数から明らかにオーバーした数字だけど
座れるのかしらん。。臨時パイプ椅子とかw?

でもまぁ観れるのでよしとしよう☆


あと気になるのは…

特別交流イベント「『一万年愛してる』と台湾映画の現在を語る」

監督の北村豊晴さんと同プロデューサー・映画評論家ペギー・チャオさんが
『一万年愛してる』のメイキング・秘蔵映像を上映しながら、
映画の裏話、台湾映画について話してくれるんですって。

こちらのチケは来週発売。取れるといいな☆

「おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 4」 村山由佳

 『凍える月』 "おいしいコーヒーのいれ方Second Season 4"

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 4 凍える月 (JUMP j BOOKS)

 著者:村山由佳
 出版社:集英社  JUMP J BOOKS





<簡単なあらすじ>
遠距離恋愛中のショーリとかれん、ショーリは相変わらずかれんのこを考えるとたまらなく愛しさを感じる日々。一方、かれんは仕事上に変化が起ころうとしていた。あまり進展具合を話さないかれんのことが心配で、何もしてあげれない自分にハッパをかけショーリは鴨川まで会いに行くことにする。その後、大きな波乱もなく平穏な生活に戻ったかと思われたが、ショーリの今後の人生を大きく揺るがす事が起ころうとしていた。

<感想>
1年以上ぶりに読んだおいコーシリーズ。数ヵ月前に図書館に予約してはいたんだけど未だ衰えぬ人気で手元にくるのはいつも忘れかけた頃…。当然、前回までのストーリーを覚えておらず前回自分が書いた感想を読み直しました。前回はショーリ&かれんの話がメインではなく、どうやら大家さん一家(とりわけ秀人)とショーリの話がメインだった模様。そしてそんな中、星野りつ子の気持ちも描かれていたような。。なんか思い出したような思い出してないようなモヤモヤ感が^^;

今回の内容はというと遠距離恋愛中の2人は相変わらずのようですが、かれんの身に起こっていることがやっとわかるように。星野りつ子も原田先輩の妹と接することで前向きな変化が見られるように。「風見鶏」のマスター夫妻の間にも新しい家族が誕生する予定で、なによりショーリとかれんはなんだかんだとありつつも会うことでまた2人の絆がぎゅっと深くなった感じ^^かれんを支えようとするショーリも今回は大人的発言してるし。少しずつではあるけれど成長していってる2人が描かれており安心して読んでいたのに、それなのに、それなのに~~!
最後の最後でその安心感が吹っ飛んでいってしまった~(><。)

イヤな終わり方でどういう結果になるのかまでは描かれてませんが、おそらく最悪の事態になりそうな…。次作で実は大丈夫でした~!なんてことはなさそうな雰囲気。だって前作のあとがきで、今後ショーリは面倒でしんどい思いをすることになりそうだといった事が書かれていたし。(実際はあとがきの内容は覚えてないのですが、前作の私の感想を読むと私がそう書いてました)

これのことだったの?いや、ダメでしょこれは。しんどい思いどころじゃないよ?最悪の事態になったら今までのようなほのぼの感あるショーリ&かれんの話どころじゃないよ?今までの物語の傾向からすると重すぎる内容。村山さん、このあとのストーリー展開をどういう風に持っていくつもりなんだろう。もしあまりにも最悪な事態反対派からの反響が大きかったら、次作で「なんとか無事でした~」なんて展開になったりして(笑)。それはそれで嬉しいけど、それならどうして今作品の最後をこんな終わり方にしたのかちょっと納得いかない…
とにかくこれは続きを読まねばならない。次からはほのぼの安心感を持って読めなくなるのかなー。でもどんな展開になったとしても最後まで読み続けるよー!

「マンガ若き日の小泉八雲/マンガ小泉八雲・日本の面影」

『マンガ若き日の小泉八雲』 『マンガ小泉八雲・日本の面影』

小泉八雲

 監修:小泉凡
 作画:大西洋一
 発行:NPO法人松江ツーリズム研究会
 小泉八雲生誕百五十周年記念出版

<感想>
本書は八雲生誕百五十周年記念事業の一環として小泉八雲の簡単な人生を漫画化したもの。
『マンガ若き日の小泉八雲』は生まれてから幼少時代、青年時代、どんな環境で育ってきたのか、記者生活、最初の結婚、そして日本文化との出会いと来日するまでが描かれています。続編『マンガ小泉八雲・日本の面影』は横浜に降り立ってから最期まで。松江の学校で英語教師をし、日本の宗教・習俗に触れ、怪談に興味を覚えた経緯、そしてのちに妻となる小泉セツとの出会いが描かれています。

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)という名前は知っていましたが、彼の著書は読んだことないし、ましてどんな人生を送った人なのかも全く知りませんでした^^;ですが松江の小泉八雲記念館に行った時に興味を覚えこちらの2冊を購入。マンガ本2冊なので簡潔に人生が描かれており、詳細まで知ることはできませんがざっと一通り簡単な流れを知ることは出来ました。
八雲さんの曾孫である小泉凡さんが本書を監修してらっしゃり、小泉八雲記念館の顧問でもあるそうな。

本書を読むまで八雲さんは人生の半分ぐらいを松江で過ごしたのかと思ってましたが、実は1年3ヵ月しか滞在してないんですねー。そんなに短い期間なのに小泉八雲=松江というイメージが強いのはある意味スゴイ。

今回を機に小泉八雲著の本も読んでみようかなと思ったのですが、図書館で調べてみると思ってた以上に著書数があり、どれから読めばいいのかわからない状態…。うーん困った。

「蝦蟇倉市事件2」

『蝦蟇倉市事件2』  

蝦蟇倉市事件2 (ミステリ・フロンティア)

 著者:秋月涼介/北山猛邦/米澤穂信/
     村崎友/越谷オサム/桜坂洋
 出版社:東京創元社 ミステリ・フロンティア




・『さくら炎上』 北山猛邦
・『毒入りローストビーフ事件』 桜坂洋
・『密室の本』 村崎友
・『観客席からの眺め』 越谷オサム
・『消えた左腕事件』 秋月涼介
・『ナイフを失われた思い出の中に』 米澤穂信
以上6編からなるアンソロジー。

『さくら炎上』 北山猛邦
"私"は人と話すのが苦手な高校一年生。ある日、唯一の友達である陽子が違うクラスの男子生徒と待ち合わせしているのを目撃し、こっそりあとをつけていった。廃墟同然の大きな屋敷の庭で陽子は思いもしない行動に出る。それを見た私は…。

陽子だけがかけがえのない大事な友人と思っておりその友人のために"私"はある行動にでるのは明白なのですが、陽子の行動は途中まで謎のまま。だけど真相や動機が明らかになると…こんな形の友情って…。孤独な者同士だから、高校生という思春期だからこそ理解し合える結末なのか?!深い青春友情ものといった感じで、サスペンスなどで映像化してもいけそうな雰囲気。破滅的な雰囲気がよいです。

『毒入りローストビーフ事件』 桜坂洋
蝦蟇倉大学の同期生だった4人は定期的に食事会を開いていた。ローストビーフが美味しいと評判のレストランでの食事中、1人が突然死んでしまう。残った3人は彼が飲んでいた持病の薬と副作用を利用した薬物混入殺人と考え、誰が犯人なのかそれぞれ推理しあう。3人が出した結論は?

小説家、薬屋、学者の3人の推理合戦はテンポいいんですが、私には少し難しすぎる内容だわ。。っていうかみな冷静すぎやしない?「毒入りチョコレート事件」のオマージュ的(?)作品らしいのですが、私は読んでないのでわからず。それより若かった頃のマイケル・ジャクソンと若かった頃のジャッキー・チェンを足して二で割ったような顔というのが気になる。想像できない…

『密室の本』 村崎友
大学の不可能犯罪研究会に属している古城と上緒藍は、先輩でせどり同好会に属している多智花の住むアパートに招かれる。先輩の出すとびきりの謎を解くことが出来たら高価な本をただで譲ると言われ、2人は翌朝またアパートを訪れるが、押し入れにあった大量の本が消え密室の中で先輩が死んでいた。2人は真知博士を呼ぶことにした。

『毒入りローストビーフ事件』から2ヵ月後。真知博士が再登場!3万円もする『真知博士の事件簿』って何なの~w先輩の死体を見て謎かけが始まってるって思う2人もどうなの~?冷静すぎるというかズレてるというか。不可能犯罪研究家にとって真知博士のカリスマ度がよくわかります。真知博士がこの街に存在することで犯罪が増えてるような気がするのは気のせい?

『観客席からの眺め』 越谷オサム
蝦蟇倉西高吹奏楽部の顧問で学生から人気があった勝田が殺された。吹奏楽部を引退し卒業後は蝦蟇倉市を出る予定にしている3年の星野と、勝田に想いを寄せていた智代は事件のことを振り返っていた。表向きとは裏腹に2人は勝田に対し互いに口に出来ないある事情があった。

まず思ったこと。星野の事情ですがこういうことが可能なんだろうか?バレそうな気がするんだけどバレないものなの?『さくら炎上』といい『観客席からの眺め』といい、残酷な高校生の青春(といっていいんだろうか?)ストーリーです。そして『密室の本』に続き不可能犯罪が起こることが当たり前のようになっている蝦蟇倉市に住んでいる人々の感覚も浮き彫りに。救われない高校生の話は何とも言えません…

『消えた左腕事件』 秋月涼介
蝦蟇骨の森美術館で顔を潰され左腕を切断された男の死体が見つかった。さらに同室に飾られてた絵の中の老人も死体と同様に横顔を切り裂かれ左腕が刳り抜かれるという奇妙な事件で、現場に呼ばれた真知博士は事件の詳細を茶房「白龍」でみなに聞かせる。そしてこの不可解な事件の謎を解こうと推理するが事件の真相は意外なものだった。

うっ、こんな結末とは!そしてここにも真知ワールドに侵されている人たちが!というより市民を不可能犯罪推理狂にしているのは真知博士がいろんな所で事件の吹聴しているからだとみた!そのうち本当に「真知博士、最期の事件」が現実になっちゃうよー(><。)

『ナイフを失われた思い出の中に』 米澤穂信
仕事で日本に来たヨヴァノヴィチは、妹が日本にいるときに友人になった大刀洗万智に会いに蝦蟇倉市にやってきた。彼女の仕事に同行することになったヨヴァノヴィチは、幼い姪を殺害した青年の事件を調べる彼女を見て何を思うのか。

それほど米澤さんの著書を読んでるわけではないですが、好きな作家さんの1人。ですがこのストーリーはあまり理解できなかったかも。太刀洗さんのキャラ、ヨヴァノヴィチさんの背景、妹と太刀洗さんの関係がはっきり見えてこない。調べてみるとどうやら『さよなら妖精』という話の続編、あるいはスピンオフ的な話みたい。この本を読んでなかったらわかりづらいかも。。『さよなら妖精』を読んでる人には嬉しい短篇だろうな~。でもこのシリーズは蝦蟇倉市という1つの枠組みが出来てるような気がするので、単発だけで充分読めるのはいいですが、元ネタのような別の話を読んでないと背景が理解しにくいものを入れられると困っちゃう~(←『さよなら妖精』を読んでないのですねてるだけ)


読み終えて全体的にどんでん返し的な内容が多かったような気がします。不可能犯罪の発生件数が異常に多い蝦蟇倉市ならではの話が「1」より増えたような気も。真知博士のカリスマ性も手伝ってか、市民の事件に対する反応までもが普通じゃなくなってる!なぜみな死体を見たらすぐ推理が始まるの?その前に常識的に考えてまずすることがあるでしょー?って言いたくなっちゃう。

それもこれも真知博士の存在が大きいのですが、「1」の時となんか雰囲気が違うような…。といっても「1」の時の博士をあまり覚えてないですケド。。ストーリーの文章どおりに受け取ると、真相解明どころか今までの事件もちゃんと真相を解明したのかしら?と思えてきました…。まさか実は真相はちゃんと理解してるけど何かしらの理由で真犯人を泳がしてるとか?「3」があるなら読みたい!真知博士がどこまで真相を知っているのかが知りたい!ぜひ「3」も企画してくださーい。

大阪アジアン映画祭2011で観に行く作品

2月5日にチケット発売になり、今回ゲットしたのは…

・『単身男女』 Don’t Go Breaking My Heart  
 2011年/香港/114分
 監督:ジョニー・トー
 出演:ダニエル・ウー、カオ・ユァンユァン、ルイス・クー

・『ドリーム・ホーム(原題:維多利亞壹號)』 Dream Home
 2010年/香港/96分
 監督:パン・ホーチョン
 出演:ジョシー・ホー、イーソン・チャン

・『ジョニー・トーは戦場へ行った』 Johnnie Got His Gun! 
 2010年/フランス・香港・中国/59分
 監督:イブ・モンマユー
 出演:ジョニー・トー、サイモン・ヤム

・『恋人のディスクール(原題:戀人絮語)』 Lover's Discourse 
 2010年/香港/118分
 監督:デレク・ツァン、ジミー・ワン
 出演:カリーナ・ラム、イーソン・チャン、メイビス・ファン、
    ジャッキー・ヒョン、エディ・ポン、ケイ・ツェー、
    エリック・ツァン、キット・チャン、ウィリアム・チャン、
    カルロス・チャン


以上4作品。
『一万年愛してる(原題:愛你一萬年)』は行きたかった日はすぐ完売(><。)。
朝10時から一番最初にチャレンジしたんだけど仔仔の人気を甘く見てた…
平日の朝の部は取れそうだったんですが、他の作品で既に仕事を
半休する予定だったのでこれ以上休むのはちょっとキビシイ。。
(ちなみに今作品はどの上映日も即日完売)

公式HPを見ると追加チケットの発売を予定しているみたい。
『一万年愛してる』を追加上映して欲しいなー。

来月から大阪アジアン映画祭2011☆

2011年3月5日~13日まで開催される
《大阪アジアン映画祭2011》の上映プログラムが発表され始めました!


特別招待作品部門11作品の中から気になるのは…

『単身男女』 Don’t Go Breaking My Heart 
 2011年/香港/114分
 監督:ジョニー・トー
 出演:ダニエル・ウー、カオ・ユァンユァン、ルイス・クー
香港の金融街を舞台にしたラブコメディ。コレが一番観たい本命☆

・『ドリーム・ホーム(原題:維多利亞壹號)』 Dream Home
 2010年/香港/96分
 監督:パン・ホーチョン
 出演:ジョシー・ホー、イーソン・チャン
東京国際映画祭で観た同監督の『恋の紫煙』が面白かったので
コレも観たい作品の一つ。

・『ジョニー・トーは戦場へ行った』 Johnnie Got His Gun! 
 2010年/フランス・香港・中国/59分
 監督:イブ・モンマユー
 出演:ジョニー・トー、サイモン・ヤム
トー監督の撮影現場に4年間も密着し、彼やサイモン・ヤムほか
ジョニー・トー組の役者さんたちにインタビューした
映画ファン必見のドキュメンタリーなんですって。

あと東京国際映画祭で上映されていた
『孫文の義士団(Bodyguards and Assassins)』と
『4枚目の似顔絵』も特別招待作品部門として上映されるみたい。
でもこれらは既に観たので今回はパスします。。
コンペティション部門10作品の中から気になるのは…

・『いつまでもあなたが好き好き好き』 Forever
 2010年/シンガポール/90分
 監督:ウィー・リーリン
 出演:モー・ズーイー、ジョアンナ・ドン、サラ・ン・リーウェン
シンガポール映画ですが、『遠い道のり』や『台北に舞う雪』に
出演していた莫子儀くんが出ているので気になる作品。

・『雨夜 香港コンフィデンシャル』 Hong Kong Confidential 
 2010年/ラトビア・香港/92分
 監督:マリス・マーティンソン
 出演:桃井かおり、アンドリュス・マモントバス、ホイ・シウホン、
    ラウ・ダン、モ二ー・トン、クリスティン・ネヴァラウスカ、
    デクスター・フレッチャー

・『恋人のディスクール(原題:戀人絮語)』 Lover's Discourse 
 2010年/香港/118分
 監督:デレク・ツァン、ジミー・ワン
 出演:カリーナ・ラム、イーソン・チャン、メイビス・ファン、
    ジャッキー・ヒョン、エディ・ポン、ケイ・ツェー、
    エリック・ツァン、キット・チャン、ウィリアム・チャン、
    カルロス・チャン
4つ愛の物語からなるラブ・ストーリー。豪華な出演者なので観てみたい^^

・『一万年愛してる(原題:愛你一萬年)』 Love You Ten Thousand Years 
 2010年/台湾/108分
 監督:北村豊晴
 出演:ヴィック・チョウ、加藤侑紀、ハオ・レイ
台湾に行った時、この原作本が本屋さんに並んでいて
購入しようか迷った挙句に諦めた作品。
日本人監督、仔仔、ハオ・レイちゃんというのが気になるところ。


特集企画の一つとして『ジョニーは恋愛も語る』というのもあり、
『イエスタデイ、ワンスモア』『僕は君のために蝶になる』を上映。
『イエスタデイ、ワンスモア』の方は観たことがないので時間が合えば…。
観たい作品がたくさん!これらを全部観るのはキビしいので、
上映スケジュールを確認しながら今からじっくり申し込む作品を
絞りたいと思います!
監督や出演者さんたちの中で誰が来てくれるのかも楽しみ~☆

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。