TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「誇りと復讐 上・下」 ジェフリー・アーチャー

『誇りと復讐 上・下』  A PRISONER OF BIRTH

誇りと復讐〈上〉 (新潮文庫)  誇りと復讐〈下〉 (新潮文庫)

 著者:ジェフリー・アーチャー(Jeffrey Archer)
 訳者:永井淳
 出版社:新潮文庫

<あらすじ>
「イエス」とべスは返事をした。自動車修理工をしているダニーはボスの娘で幼馴染のベスにプロポーズ。その後すぐダニーの友人でベスの兄であるバーニーと3人でワインバーで祝うことに。だがそこで別の客4人といざこざが起こりバーニーが犠牲者となり亡くなってしまう。ダニーは犯人とされ逮捕、そして収監22年という刑を言い渡された。ベスと幸せな結婚生活を送るはずだった人生が大きく変わってしまった。が、刑務所の同房2人との出会いがダニーの運命を大きく変えることになる。思いがけない方法で出獄し、収監中に身に付けた知識でダニーは自分を陥れた者に復讐することにした。

<感想>
自分の無実を譲らず妥協案には決して応じなかったダニー。ものすごい復讐劇を期待してたんですが、思っていたのと少し違った。

地位や職業の違いでそのまま犯人に仕立てられてしまう、出獄に至る過程、その後の設定等々、なんか安易に行きすぎだなぁと思いつつも下巻は先が気になってしょうがなかった。復讐劇ということで最後はきっとこうなるだろうと安易に想像できるので、途中何かあってもさほど驚きもなく・・・。

刑務所に入ることになった裁判と最後の裁判ではダニー側がパワーアップしてる!ダニーの主任弁護士レドメイン、そしてその父、獄中の同部屋の2人、看守、皆良い人ばかりだ。逮捕されてもここまで周囲に恵まれているのもなかなかないよ。
獄中で新たな知識を身に付けるため一分一秒無駄にせず努力する姿はダニーの心の強さが表れてる。悪者はとことん悪者ではっきりしているので読みやすいといっちゃ読みやすい。

復讐劇というより無実の罪で収監された1人の男性のその後の人生の物語という感じ。主人公は十分に計画し練って練って復讐しようとしてるんだろうけど、どうしても「そんなんで大丈夫?バレない?」って思えてしょうがない^^;ミスター・マンローも最後にもっと爆弾発言を期待してたんだけどな~。

以前は好きなイギリス作家ベスト3に入れていたほど好きだったジェフリー・アーチャー、最近はあれれ?って感じでしたが今作品で少し昔に戻ったかな?それでもやはり昔に書いた小説の方が好きかな。


イギリス硬貨に女王の顔が描かれており発行ごとに女王の顔も歳を重ねていってるのは知ってたんですが、切手もそうだったのね。。このことが鍵となるミステリが他にも存在してそう^^;

スポンサーサイト

「星空」 幾米 

『星空 The Starry Starry Night』  

星空

 作・絵:ジミー(幾米)
 出版社:大塊文化出版股份有限公司







<簡単なあらすじ>
少女は両親と住んでいるが家の中はとても静か。互いに話すことは何もない。少女は部屋に閉じこもり自分の世界へ。友達はいるにはいるけど言い表わしようがない孤独感を感じる。どうして自分はこんなにひねくれてしまったんだろう?そんな時、クラスに無口な少年が転校してきた。自分から他の人に話しかけずいつも1人。本屋の隅で本を読んだり魚に名前を付けたり…。ある日、2人は街を離れかつて彼女の祖父が住んでいた山の中の家屋に行く。山の中での夜、そこから2人はすばらしい星空を見ることができた。街に戻ったあと、少女は病気になり少年は転校してしまう。少女はあの夏に見た星空は永遠に忘れないだろう。

<感想>
今回は字数もさほど多くないし中国語初心者の私でも辞書片手に何とか訳すことができました。といっても間違ってる部分が多そうだ^^;絵がとても多く、読んでいて少女の気持ちや置かれている状況に自分が入り込んでしまいそうに。彼女のいる環境はよくわかったものの、どう成長したのかという明確な答えはない(と思う)。

彼らはお互い孤独という似た部分があるのですが、少女目線で話が進んでいくので少年の本音はよくわかりません。彼女の言うとおり"原来,他才是眞正的魔術師"なんだろう。

少年は自分の世界を持っており、自然をあるがまま受け入れてる彼を少しうらやましいと思っている少女。1人の時間の過ごし方を知っているかのような少年。彼はきっと作中にもある通り星から来たに違いない。うん、きっとそーだ。だけど少年も寂しい思いをしており、2人はやるせない思いになることもある。うーん、中国語は他の著書に比べ易しいものの、内容は読む者に任せるって感じでしょうか。要は"抬頭望著星空,世界變得好大好大……"ってことです(笑)。もしかして「中国語初心者の私でも辞書片手に何とか訳すことができました」とか言っときながら実は全く見当はずれな訳をしており内容をちゃんと理解してないかも^^;

どうしても理解できなかったこと。

・祖父からもらったゾウのぬいぐるみ → 成長する
・母からもらった子猫のぬいぐるみ → 成長する
・最後に誰かにもらった本物の子犬 → 成長しない

これは何か絶対に意味があると思うんですがどんな意味があるのかわからない…。も、もどかしい。


調べていると原画展「幾米星空特展」が華山創意園區中一館で8/8~12/6まで開催していたそうな。お盆時期に台湾に行ったのに知らなんだー(TT)。しもたー!

余談:現在たまたま台湾でゴッホ展をしており、そのHPで気づいた私。
ゴッホ→梵谷 
ってことを…。作中に梵谷という単語が出てくるのですが、古代インドの谷(あるいは仏教の谷)と訳してたよ…。イメージしにくい谷だなと思ってた^^;。って絵本の最後の方のページにちゃんとゴッホのどの絵か描かれてた(笑)。もしかして私、直訳ばかりで肝心な部分をちゃんと訳してないかも?!ガーン(TT)。こうやって少しずつだけど単語を覚えていけるのでこれからも原語の本(もちろん絵本レベル)をどんどん読んでいきましょう^^

アガサ・クリスティ

名探偵ポアロに未発表短編が見つかったらしい。しかも2編も!!

それを早川書房が翻訳権を取得し、来年春に翻訳刊行されることになったそうな。
嬉しすぎる(TT)。

思い起こせば私が初めて読んだ翻訳本は小学生の時。
親戚のおばさまに薦められて読んだのがクリスティでした。

ポアロも好きだけどミス・マープルも好き。最初は若かったのにいつの間にか
急に老人老女になったトミーとタペンスも好き^^その他の小説も好き♪

最近は読んでませんが、またクリスティが読めると思うと(しかも未発表)
嬉しい限りです。

「野獣の血」 ジョー・ゴアズ

『野獣の血』  A TIME OF PREDATORS  

野獣の血

 著者:ジョー・ゴアズ (Joe Gores)
 訳者:高見浩
 出版社: 角川書店 角川文庫




<あらすじ>
4人の不良グループが男性に暴行し失明させたのを偶然居合わせ犯人の顔を目撃してしまったポーラ。4人は彼女の口を塞ぐため夫の留守中に家に押し入り集団暴行。その夜、ポーラは自ら命を絶った。ポーラの夫カートは不眠不足を解消するためジムに通うようになり、体が引き締まりはるか昔に軍隊にいた頃のことを思い出す。事件に消極的で捜査から手を引いた警察を尻目に、カートは獣となり自らの手で犯人に復讐しようと決める。

<感想>
警察からもし犯人をつかまえても法的制裁をする方法はないと言われ、最初は犯人に対しどのように憎めばいいのかさえわからずにいたカート。ジムに通うようになり無駄な脂肪が落ち体が引き締まり、昔いたゲリラ戦の部隊のことを思い出す。そして年を重ねた今でも体が反応することを知り自らの手で不良グループを見つけ出し復讐しようとするわけで。大学教授のカートはどちらかと言えば穏やかで暴力的な面は全くなかったのに、集団暴行にあった妻が自殺しジムで体を鍛えたことで内なる暴力反応が目覚めてしまった。

愚かな犯行を重ねていく不良グループのボス的存在のリック、上手く利用され犯行に加担されたリックの彼女デビー、そしてリックの仲間。彼らはそれぞれ思うことがあるんですが、考えが甘い若者たちはそれぞれが思い悩みながら行動するもんだから当然ズレが生じてくる。あの時ブレーキをかけていたら、あの時あんなことしなければ…と思ってももう遅い。若者らの運命は後悔してももう遅い。

ジムのオーナやカートが頼む探偵は行動者で非情なまでにしたたかな現実主義者。悪を説明しようとはせずただその存在をあるがままに受け容れる同じようなタイプ。                       
犯人たちともっとド派手に対決するのかと思いきや意外とそうでもなかったり^^;『野獣の血』となっていくカートの変化、ハードボイルドさは十分に楽しめました。
恫喝と暴力と恐怖には同じ恫喝と暴力と恐怖をもって対しないといけない、人間の奥深くにある性質は根底から変えることはできないことを悟ったカートの決断はそれでよかったんだろうか…。きっとこれでいいんだろうな。

今作品はゴアズのデビュー作でMWA新人賞を獲った作品。ダン・カーニー探偵事務所シリーズは何冊か読んだことがあるのですが、その第1弾『死の蒸発』はまだ未読。ウエストレイクのキャラクターが友情出演しているという噂をちらほら。他の著書でも互いの小説のキャラクターを登場させてたりとなかなか粋なことをやってくれてる^^

「パディ・クラーク ハハハ」 ロディ・ドイル

『パディ・クラーク ハハハ』  PADDY CLARKE HA HA HA

パディ・クラーク ハハハ

 著者:ロディ・ドイル (Roddy Doyle)
 訳者:実川元子
 出版社:キネマ旬報社




<簡単なあらすじ>
ダブリン郊外のバリータウンに両親と兄弟と住む10歳のパティ(パトリック・クラーク)は友人にイタズラしたり弟をいじめたりするサッカーが好きな悪ガキ少年。だが家では両親が喧嘩しているのを聞くとどうして2人は喧嘩するのか考え夜も寝れない。両親の不仲がパティの生活にも影響し始め…。

<感想>
バリータウン以外の町で万引きごっこをしたり、意味もわからず下品な言葉や酷い言葉を大声で連発したり、玄関のベルを押して逃げるといったかわいいイタズラから、罠をしかけたりするが運が悪かったら大怪我に繋がるような罠、弟の口の中にガソリンを入れて火をつけたりと度を超えたイタズラまで、パティは友達はやんちゃな男の子たちだわ^^;1対1の喧嘩だって真剣。

だけど両親の前ではやはり子供、意外と泣き虫だったりするんです。サンタクロースは信じてないけど女性はおならが出来ないと友人達と議論したり、母親以外の人にキスをするのはバカげてると思ったり。。

子供たちの朝は早い!早起きしすぎていつも両親の部屋へ行き「まだ起きちゃいけない朝?」聞く兄弟。何度も出てくるこのシーン、結構好き^^毎日走り回って遊んでるからぐっすり寝れて朝早く目が覚めるんだろうな。

母は可愛くて父はすてきと思っているパディは両親が喧嘩するのに対しいろいろ考え、そしてこの喧嘩からいろいろと感じ取ってます。両親が喧嘩してる中に入りいい雰囲気を作る努力したりも。だけどそのうち母親は前より痩せ、父は年をとったように見えてきます。だけどいくら考えてもどうすることもできず2人に仲良くなってもらいため家出を計画したり夜も寝れないほどとっても繊細だったりするわけで。弟のシンドバッドをしょっちゅうイジめてるのに、急に抱きしめて泣いたりとかしたりも。

パティはまだ少年で多感な時期。外ではやんちゃなことばかりしてても、家の中では不穏な雰囲気の両親を見てもいつもと変わりない生活が送れるよう平気になりたい、→冷酷になりたいと思うように。

バリータウンは永遠に自分たちのものだと思っているけど、少年時代はいつまでも続かない。子供が持っている残酷な面と繊細な面が上手く取り入られているかなと。いろんな状況が子供たちを成長させていく、そんな物語でした。

「Silence ~深情密碼~」 #25・#26・#27・#28

『Silence ~深情密碼~』  #25・#26・#27・#28 

Silence~深情密碼~ DVD-BOX II

 製作年:2006年
 製作国:台湾





 出演者:威偉易(ウェイイー) → ヴィック・チョウ(周渝民)
      趙深深(シェンシェン) → パク・ウネ(朴恩惠)
      左鈞(ズオジュン) → アンディ・ホイ(許志安)
      米暁光(シャオグァン) → メーガン・ライ(頼雅妍)
      黄至(イエロー) → ワン・チュアンイー(王傅一)
      胡漢新(ハンシン) → ジン・トン(靳東)
      徐莉(シューリー) → キャロライン・チェン(陳珮騏) 
      左 父(ズオおじさん) → スタンリー・フォン(馮粹帆) 
      萬美如(ワン・メイルー) → ヴィッキー・リウ(劉瑞) 
      威振洋(チー・チェンヤン) → 劉尚謙

※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。 


第25話:報い
これ以上自分を騙し続けたくない戚ママは戚パパに離婚話を切り出す。会社は戚ママ名義、離婚となれば結婚前の資産しか回収できないが、偉易が後継者となれば戚ママの遺言書は無効になると知った戚パパは怒りの矛先を深深へ向ける。一方、左鈞は酔いつぶれる毎日。だが深深の笑顔を見て以前とは違う気持ちになった左鈞は徐莉に今の気持ちを話す。その徐莉は戚ママに会い自分の母親のことを話すがそれを聞いた戚ママは自殺を図り…。

左おじさんは本当に深深のことを思っているんなぁ~。改めて良い人だと感激。左鈞も理解したようだし、左鈞から今の気持ちを聞いた徐莉も…と思っていたら非情にも戚パパにキツい言葉を投げつけられ…、そりゃ復讐心も燃え上がるわけだ。暁光の前にも現れるし…ってか暁光、席を離れる時はパソコン画面を落とさなきゃ~。
左鈞&暁光とは反対に戚パパのえげつなさはどんどんエスカレートしてる(><)。深深が意図あって偉易に近づいたと勘違いしてるし。深深&偉易は幸せに暮らしてるのにどうして周囲がそれを許してくれないのかな。


第26話:人生の暗号
至玲の誕生日に招待された偉易と深深はギブス・火星人に扮し参加。暁光は狩人、イエローはその獲物に扮しそれぞれが楽しんでいた。一方、仕事を辞めることにした左鈞だが徐莉から偉易の病気のことを聞かされいてもたってもいられなくなり偉易のもとへ行くが、幸せそうな偉易&深深を見て何も言えずにいた。だが発作で外に出てきた偉易と偶然会ってしまい…。その後、左鈞は深深と会う決心をし戚パパに辞表を出すが戚パパはある計画を思いつきそれを実行しようとする。

まだ病気のことを知らない深深、偉易は本当に言わないつもりなんだろうか。苦しむ偉易と出くわした左鈞、あなたはいつの間にそんな強い男になったんですか(TT)?暁光も左鈞今は2人に天使の輪が見えます。今の2人には相通じるものが。。。左鈞が海で深深と会って話した時、やっぱり左鈞はいい奴だったと涙がこぼれそうになっちゃった。このドラマを観てて涙が出そうになったのは深深&偉易のシーンではなく威ママと今回の左鈞のシーンかも^^;でも残すところあと2話。きっと深深&偉易のシーンで泣くんだろうな~。


第27話:温かい晩餐
戚パパから言われたことを理由に偉易のもとを去ることにした深深、本意ではないが左鈞のためにはそうするしかなかった。偉易は引き止める勇気がなく実家に帰り一家団欒で夕食をとる。戚パパは偉易に会長の座も財産も全て譲るというが…。会社でストが決行された日、偉易はテレビカメラに向かい戚パパに対しメッセージを送る。テレビを見て憤慨していた戚パパだったがその時左鈞がやってき、偉易の余命のことを知らされ、さらに暁光からは2人のラブストーリーが書かれた記事を渡され…。その後、偉易は母親にビデオレターを残し阿翰に会うため青島へ向かう。

偉易のことを愛してないから出て行くといった深深、でもとうとう戚パパが偉易の余命のことを知りやっと、やっと理解してくれました~(TT)。左鈞が教えなかったらまだまだ卑劣な手を使いいろんなことをしたんだろうな^^;左鈞&暁光も今は2人のことを考えてくれてるし一家団欒シーンをみても威家に一筋の明るい光が見えてる。周囲の雰囲気はどんどん良くなっているのに偉易の命は確実に短くなっていってる…。次は最終回、奇跡は…起こらないだろうな…。


第28話:ラッキースター
左鈞に励まされ青島へ向かった深深、空港には暁光が迎えに来ており阿翰の試合会場に連れて行く。偉易は深深との思い出の教会に行き阿翰の水泳大会を見に行くが激しい発作に襲われ…。一方、深深は偉易の病気や今までの経緯を漢新から知らされる。その後2人は探検に出かけ幸せな時間を過ごすが…偉易はとうとうラッキースターに行ってしまう。偉易からのビデオレターを見た威ママは偉易からあることを託される。

とうとう最終回です。28話は長かったですがかなりハマってしまいました。最終回とあって大体の登場人物が出演したんじゃないでしょうか。最後はやはり涙涙。やっと周囲に認めてもらえ祝福された偉易&深深。これから幸せを掴もうって矢先だったのに偉易はラッキースターへ旅立ってしまいまた。でも最期は幸せだったはず。
ビデオレターに阿翰をよく映してたのはそういう意味があったのね。うん、威ママにとっても阿翰にとってもそれがいいかも^^来世では必ず幸せに!


日本でリメイクされたらどの俳優さんにしてもらうかを勝手に考えてみました。最近の若手俳優さんや女優さんを知らないのでこんな顔ぶれに^^;徐莉演じる陳珮騏はホント菊川怜にソックリ!あまりにも似てるので本人かと思うほどです。
---------------------------------------------------
偉易=堂本光一(髪型が似てるので)
深深=20代の頃の松嶋奈々子(ふとした表情が似てる) OR 仲間由紀恵(髪型が似てる)
左鈞=該当者思い浮かばず。タイプ的に陳小春顔なんだけどな。
暁光=長身でモデル体型にした大沢あかね(なんとなく似てるような気がする)
徐莉=菊川怜(これは本人かと思うくらいおそろしく激似!)
威パパ=50代の頃の中尾彬(なんとな~く)
イエロー=濱口優(ふとした表情が似てる)
---------------------------------------------------
うーん、私って改めて日本の俳優さん&女優さんを知らないと実感しました…。

「渺渺」

『渺渺/Miao Miao』  

渺渺

製作年:2008年
製作国:台湾/香港
監督:チェン・シャオズー(程孝澤)
プロデュース:スタンリー・クァン(關錦鵬)
出演者:クー・ジャーヤン(柯佳[女燕])、チャン・ロンロン(張榕容)、ファン・ジーウェイ(范植偉)、チー・チョンヘン(屈中恆)、クリス・ウー(呉慷仁)

<簡単なあらすじ>
小璦のクラスに交換留学生として渺渺がやってきた。渺渺は駅で男子校生にナンパされ困っているとホームに小璦がいたため助けを求める。中国語が話せないと周りに思われていたが実は話せる渺渺、探しているケーキ屋の場所を小璦に教えてもらう。だがその場所に行くがケーキ屋はなくCDショップがあり、愛想がない男性:陳飛がいるだけだった。それ以来、小璦と渺渺は仲良くなり小璦はケーキ作りが上手い渺渺に教えてもらったりするようになる。一方、渺渺のもとに日本にいる祖母から毎晩電話がかかってくるが祖母は17歳の記憶しかなくいつも初恋の話をし、孫ではなく同級生だと思われいる渺渺は話を合わせていた。その渺渺は陳飛を気になり始め、その様子を見ている小璦は渺渺を気にし始めていた。

<感想>
夏に台湾で購入したこちらのDVD、なんとか年内に観る事ができてよかったよかった^^
小璦は明るく活発で陽気、渺渺はおとなしく内気な性格と全く違う2人。(もしや渺渺は日本からきたという設定なのでこんなにシャイで内気な性格なのか?!) 
どうやら小璦(女)→渺渺(女)→陳飛(男)という恋愛構図になってる模様。もう一つ、貝家欣(男)→陳飛(男)という構図も。一方通行しかない恋。といっても複雑な同性愛関係ではなく、甘酸っぱい切ない青春物語という感じでしょうか。

小璦と一緒に暮らしている父親は娘の誕生日を祝おうとしたりケーキを買ったり、毎朝朝食を買い食卓で待ってたり…小璦とコミュニケーションとろうと努力しているのに、小璦は父親のことを敬遠してる。なんか小学生の頃に父親の女性関係を目の当たりにしたっぽいです。二十歳になったら家を出ようと思ってるみたいだし。かつての父親の振る舞いのせいで男性不信みたいになっちゃってるのかな?
その小璦の家ってとってもおしゃれで綺麗!父親との2人暮らしのようだけど、どうしてそんなに綺麗の~?
小璦演じる張榕容もとっても可愛い。会話のテンポも心地よい^^こんな高校生がいたら周囲が明るくなっていいかも^^逆に柯佳[女燕]って実年齢はいくつなんだろう?高校生役するお歳ではないのでは?と少し思っちゃいました^^;
恋を知った渺渺、だけど最後に残るのは記憶だけ。小璦も同じ。だけど2人とも恋をしたことで明らかに成長するはず。

小璦&渺渺、小璦と父親のストーリーは理解できたのですが、陳飛のストーリーは半分ぐらいしか理解
できてないかもしれない^^;陳飛のかつてのバンド仲間のような人たちがCDショップに来て何か深刻な話をしてるのですが、どうも私の語学力では何を話してるのか字幕をじっくりみてもチンプンカンプン。
貝家欣(男)→陳飛(男)の関係、陳飛が心に深い傷を負っているのだけはわかったのものの、陳飛とかつてのバンド仲間たちの間で現在どんな展開が繰り広げられているのかわかりません…。
それでも彼女たちが可愛らしく、せつない恋心が甘酸っぱい良い映画でした^^

ちなみに『夏天的尾巴』の時と同じく観終えるのに4時間少々かかりました。84分の映画なのに(笑)。
さぁ、次は香港映画『異塚』と『臥虎』がホコリを被りながら私に観てもらうのを待っている!年内にはなんとか観よう!!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。