TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戸村飯店青春100連発」 瀬尾まいこ

『戸村飯店青春100連発』 

戸村飯店青春100連発

 著者:瀬尾まいこ
 出版社:理論社





<簡単なあらすじ>
大阪の下町にある中華料理店「戸村飯店」、そこには2人の息子、高校卒業を間近に控え東京に行くことが決まっている要領がよく男前の兄ヘイスケと、性格が真反対で大阪という町にどっぷりで誰からも愛される弟コウスケがいる。東京、大阪に住む2人の兄弟を描いた成長物語。

<感想>
アンソロジー『Re-bornはじまりの一歩』に『戸村飯店青春100連発』の第1章が収録されており、続きが読みたくて図書館へゴー。

第2章からは要領がよく文章を書くのが上手な兄ヘイスケが東京に行ってしまってからの話で、弟コウスケと兄ヘイスケが章ごとに交互にそれぞれの目線で自分たちの今を語っています。
ノベルズ学科がある専門学校に入ったヘイスケ、特別作家になりたいという訳でもなくとりあえず自分の居場所がない家を出たいという思いだけあって東京での生活ものらりくらり(でもやるべきことはちゃんとやってる)。
第1章だけではヘイスケの性格がよくわからなかったけど、全編を通してみるとかなりいい奴だったり。密かにヘイスケの友達である古嶋もいい味出してる。
一方コウスケは高校の合唱祭で指揮をすることとなりピアノ伴奏の北島君と仲良くなる。恋心を抱いている岡野とは今のところは相変わらず。兄が家を出た今、戸村飯店を継ぐ気でいたのにいざ進路を決める時に父親から思いがけないことを言われ…。

性格も見た目もまったく逆の2人、コテコテの大阪の町にある戸村飯店の子どもとしてヘイスケが何かギャグを身に付けようとする様には笑える。全て新喜劇のものだけどヘイスケが選んだギャグは私も好き^^
弟が明るく面白い性格だと兄は大変だ。しかも弟のようにウケなかった時は…。こりゃ頭に残るよ。
第1章でコウスケはヘイスケのことを不器用なフリをしているだけだと思ってるわけですが、その時のヘイスケの心情に触れていたり、コウスケがヘイスケのことをやっぱり凄い奴と認めたり互いの距離がゆっくりと近くなる様がものすごくわかりやすい。
大阪と東京、住んでる場所が離れたからだけでなく、各々がそれぞれの環境で少し成長したからだろうな。

全体的に新喜劇の話題やコテコテの関西ローカルな話題が多く楽しい内容なんだけど2人の成長、親子愛、友情、恋愛などが盛り込まれおり人情味がある青春成長コメディって感じ?ラストも良く温かみがある1冊でした^^しっかし新喜劇ネタやベタなギャグには笑えた~。よく考えるとほんわかしてるけどかなりコテコテな内容だわ。

スポンサーサイト

「別冊図書館戦争Ⅱ」 有川浩

『別冊図書館戦争Ⅱ』 

別冊 図書館戦争〈2〉

 著者:有川浩
 イラスト:徒花スクモ
 出版社:メディアワークス




<感想>
『もしもタイムマシンがあったら』
緒方副隊長の話。タイムマシンがあったらいつに戻りたい?と堂上班の面々が話しており、緒方副隊長の答えは「大学の頃、かな」。
大学時代にお付き合いしていた女性の話とその延長で特殊部隊で働くことになった経緯などが書かれているんですが、緒方副隊長の前職って意外や意外、そういう経緯もあるんだと。根が真面目で筋を通す緒方サンはかっこいい。互いに相手の幸せを願っている2人の本当の幸せはすぐそこに…?!

『昔の話を聞かせて』
堂上と小牧が防衛部に配属されたばかりのまだ新人の頃の話とその後に配属された防衛部での話。
堂上のとことん突っ走る姿は昔から健在。確かに郁と似てるかも。緒方や進藤からは"恐ろしい組み合わせが結婚した"だの"相性が良すぎて有事に無茶がどこまでも加速する(by 小牧)"と言われてるだけあるある。現在の堂上と郁の会話もあり、ベタ甘ではなくプチ甘ぐらい?

『背中合わせの二人』(1)(2)(3)
手塚と柴崎の話。
確かⅠは郁&堂上、そしてⅡは想像通り柴崎&手塚がメイン。この2人のその後がわかってよかったよかった^^
でも内容的にはかなりヘビーになってる。柴崎はストーカーに追い回されるだけでなく、それ以上の事態まで!美人で頭脳明晰だとこういうことに巻き込まれてしまうのかと(怖っ)。
この出来事があったからこそ進展があるものの、実に遠い遠い回り道をしてるこの2人。平穏な毎日なら絶対に進展することなかったろう。確信。

普段気丈な柴崎の心情も描かれており、自分のことは結構不器用でいじらしい。逆に手塚は前より男前になってる。あとがきにも書かれてましたが、郁も手塚もそれぞれ成長したけど柴崎は最初からある程度デキがよかったため成長の伸びしろがなく、彼女が成長する時は自分の弱さを誰かに見せられるようになった時とのこと。なるほど。
この2人の話は内容が重すぎてかさほどベタ甘が入ってないんだなと油断してたら…告白の時は超ベタ甘じゃんかよー(-ω-)
別冊図書館戦争Ⅱでこのシリーズは完了らしいので特殊部隊面々の超ベタ甘がもう読めなくなると思うとちょっと寂しかったり。でもおそらく次に出る本もきっと超ベタ甘なんだろうな…。

「儚い羊たちの祝宴」 米澤穂信

『儚い羊たちの祝宴』 

儚い羊たちの祝宴

 著者:米澤穂信
 出版社:新潮社





<簡単なあらすじ>
『身内に不幸がありまして』
大きな勢力を持つ丹山家に使用人として引き取られた村里夕日は、幼少の頃からお嬢様の世話をしていくうちに憧れを抱くようになる。そして読書家のお嬢様の秘密の本棚を共有することになり幸せな時間を過ごしていた。7月30日、勘当されていたお嬢様の兄が丹山家を襲撃し死者が出た。それ以来、7月30日には丹山家の女が死ぬように…

『北の館の罪人』
内名あまりは母親が亡くなり、その母親が言い残した六綱家に身を寄せる。現当主の父親の妾の子という立場から、別館「北の館」で幽閉されている六綱家長男の世話をしながら置いてもらうことに。時々その長男から買い物を頼まれるあまりだったが、何に使うのかいつも奇妙なものばかりだった。

『山荘秘聞』
屋島守子は貿易商をしてる人物の別荘「飛鶏館」を住み込みで管理することになった。1年が経った頃、守子はふと気が付いた。別荘は休暇を過ごすためにあるのにこの1年間、旦那様だけでなく誰1人もお客様を迎い入れたことがないことに。そんな時、遭難した登山者を迎い入れることになり守子は世話をするが…

『玉野五十鈴の誉れ』
旧家の小栗家の跡継ぎである純香は、15歳の誕生日に祖母から玉野五十鈴という同い年の使用人を与えられた。「人を使うことを覚えよ」という意味からであったが、純香は次第に五十鈴を一面の師と思い、友達とすら思っていた。だがある日、この関係に終止符が訪れる。

『儚い羊たちの晩餐』
大寺鞠絵は会費を払えずにバベルの会を除名された。払えるお金はあったのにパパが渋ったためだ。見栄っ張りで外面ばかり気にする成金のパパは一流の料理人を雇い入れた。様々な料理を命じるが他の金持ちと比べられるのが嫌なパパは、ある日誰も食べたことがない料理を鞠絵に命じるように言う。その料理とは…。

<感想>
アンソロジー「Story Seller」で『玉野五十鈴の誉れ』を読んだ時に<バベルの会>シリーズの一つと知り、この短編連作集を図書館で借りてきました。

これは面白い。よく出来た1冊。文章のタッチもいいし古風な昭和調の語り口もいいしそれぞれの話のオチもいい。いろんな作家を登場させてるのがまたニクい。
伊坂ワールドも面白いけど米澤ワールドもなかなかいいかも。米澤穂信さんって調べてみると1978年生まれなんだそうな。私より年下?!古風な文章を書かれるのでてっきりお年を召した作家さんかと思ってました^^;

『身内に不幸がありまして』は読んでこのタイトルに納得。このタイトルは読む前から気にはなってましたが読んだ後にはアッパレをあげたいぐらいのオチでなかなか!
そして『玉野五十鈴の誉れ』、これは1回読んだ時よりも2回読んだ今の方がより楽しめました。最後のオチがなんと言ってもいい!この言葉は途中でも出てきますがうまく繋がってるなと関心。

それぞれの話に登場する大学の読書サークル<バベルの会>。上流階級の子女が集うサークルなんですが1、2、4話だと登場も地味でさほど気にはならない。だけど5話で1、2、4話の<バベルの会>に入ってる儚い羊たちが…。よく考えたら背筋が凍る内容だわ。こわい…。
しかもアミルスタン羊だなんて~(わかる人にだけわかる内容なだけにやってくれたな、米澤さん !)。ここでそうきたか。『儚い羊たちの晩餐』ではかなりの特別料理だな。絶対食べたくない料理だけど鞠絵さんは食べたのか?!彼女の日記の終わり方が唐突すぎてまたいい(笑)。

帯に書かれている「ラスト一行の衝撃」という謳い文句、衝撃というのは少し違うかな。ラスト一行でその話の内容をバシっとシメてくれたような感じ。なんて言ったらいいんだろう、うっ、ムズカシイ…。
この本のタイトル『儚い羊たちの祝宴』、全て読み終えてからちょっと納得したような気がする。多分。
米澤穂信さん、あなたの世界をもっと知りたくなりました。今年はあなたをもっと知るようにします!

「汚れた7人」 リチャード・スターク

『汚れた7人』 THE SEVENTH

汚れた7人 (角川文庫 ス 17-1)

 著者:リチャード・スターク(Richard Stark)
 訳者:小菅正夫
 出版社:角川書店 角川文庫   
 ※角川文庫1971年刊『汚れた7人』を改版したもの



<簡単なあらすじ>
仲間とフットボール・スタジアムから強奪したお金をパーカーは少し前に知り合った女の部屋に隠していたが、わずか10分買い物に行ってる間に女は殺されお金が入ったスーツケースが消えていた。現金強奪計画に加わった7人のうちの誰かの仕業だと考えたパーカーは、仲間の1人キフカの所に行きその旨を話す。そしてあらゆる方面から犯人を捜そうとするが・・・。警察・犯人に追われるパーカーと仲間はお金を取り戻すことが出来るのか?!

<感想>
嬉しい、とにかく嬉しい!なかなか手に入れにくかった『汚れた7人』が復刊されのはまことに喜ばしい^^
あとがきに書かれている悪党パーカーシリーズは未翻訳を含め24冊、スピンオフのアラン・グロフィールドシリーズが4作ほど(←もっとある?)、そのうち何冊かは頑張って集め読んだんですが、なんせ絶版が多くなかなか手に入らない(TT)

この『汚れた7人』は悪党パーカー・シリーズ第7作目。仲間たちの名前を見ても全く思い出せない…ん?そもそもパーカーものは毎度おなじみの仲間たちはごく少数だったような気がする。7作目ではまだクレアとは出会ってないようだし。
というよりこのシリーズを読むのはかなり久しぶり。もう1回シリーズ通して読んでみようかなぁ←前もどこかで書いたような気がする…(-ω-;)。いや、どちらかと言えばこれよりドートマンダーシリーズの方が読みたいかも。

一体誰がどうしてパーカーを狙うのか?!なんていう想像は読んでいくうちに早くも崩れ、犯罪の全体像はいたってシンプル。自らのルールを貫くパーカーがどのように犯人を追跡していくか、そして警察はどのようにパーカーたちをつかまえようとするのかが主要になってなってるのかな。

タフで非情と言われてるパーカーですが、たしかにタフだし情はない。かといって殺人鬼という類ではない。だけど獲物は絶対逃がさない。そして決して利口なやり方ではないのでどこか抜けているのな感じもしないでもない。
同じ内容で主人公にドートマンダー(ウエストレイク著に登場する泥棒)を持ってくると、強盗したお金を盗まれ取り返そうとする愉快な泥棒たち、なんてユーモア交えた楽しい小説になるんだろうなと^^
是非『汚れた7人』のドートマンダーバージョンを読んでみたいもんです。

「ワンダーラスト」

『ワンダーラスト』  FILTH AND WISDOM

ワンダーラスト

製作年:2008年
製作国:イギリス
監督:マドンナ
出演者:ユージン・ハッツ、ホリー・ウェストン、ヴィッキー・マクルア、 リチャード・E・グラント、インダー・マノチャ、エリオット・レヴィ

<簡単なあらすじ>
ロンドン。ウクライナ移民のAKはミュージシャンを夢見ているが現実はSM調教師をして生計を立てている。ホリーはバレリーナになることを夢見て毎日レッスンに励んでいるが現実はストリッパー。ジュリエットはアフリカの貧しい子どもを救うことを夢見ているが現実は薬局に勤め薬を盗み出していた。理想から程遠い夢を追い続ける2人の若者のストーリー。

<感想>
マドンナが監督をしているということだけで興味本位で観に行ってきました。な、なんて単純な…^^;
マドンナ自身を投影させた3人の若者ということらしいのですが、特に自分自身と一番近いのはAKのキャラなんだそうな。
SM顧客の要望に応えいろんな格好に扮装したり、このバイトをホリーとジュリエットに手伝わしたりするシーンは結構楽しかったり。っていうかSMといいつつやってることは全くエロくなく、逆に笑けてきちゃうw

スターになる前の苦労していた頃、夢のためならどんな犠牲でも払うという環境設定なので観ていてわかりやすい。
犠牲といっても映画自体は重くなく、かといって軽くもなく…いや、どちらかと言えば軽めかな。
でもマドンナ自身が払った犠牲はもっともっとあったんじゃなかろーかと。

さすがマドンナ!と思ったのは挿入歌や主題歌の音楽センス!最高!ユージン・ハッツも最高!
コメディタッチで描かれているシーンも多く、マドンナの笑いのセンスって私の中では好感触。
次の作品のアイディアももう浮かんでいるというマドンナ、こりゃ期待していいのか?!
はー、いろんなことに貪欲になれるっていうのは羨ましいよ。これだけバイタリティーあれば老けるヒマもないはずだ。ああ羨ましい。



「誰も守ってくれない」

『誰も守ってくれない』  NOBODY TO WATCH OVER ME

誰も守ってくれない

製作年:2008年
製作国:日本
監督:君塚良一
出演者:佐藤浩市、志田未来、松田龍平、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之助、佐野史郎、津田寛治、木村佳乃

<簡単なあらすじ>
小学生姉妹殺人事件で18歳の少年が逮捕され、刑事の勝浦はその容疑者家族の保護を命じられる。容疑者の妹である沙織の保護を担当することになった勝浦は逮捕直前から押し寄せるマスコミ、野次馬から沙織を連れ出しかくまうが、世間の執拗な追跡から転々と移動する。勝浦自身も過去の捜査で心に闇を抱えており家族ともうまくいっていない状況。困惑する沙織を世間の目から守ることはできるのか。

<感想>
1月にテレビでこの映画の事件の数ヵ月前を描いた特別番組『誰も守れない』を観て、映画『誰も守ってくれない』も観ようと。
ドラマの最後と映画の冒頭は同じ映像になっており、ごくごく平凡に暮らしている家庭の長男が殺人事件の容疑者として逮捕、その時から家族は"加害者家族"として世間にさらされることに。
息子のしたことが信じられず現実から逃げてしまった母親、突然のことで自分の置かれてる状況が理解できない15歳の沙織…
保護する勝浦自身も自分の過去の事件や家族まで世間にさらされハンパなく追い詰められていきます。

かといって犯罪を犯した少年の家族も被害者なんだということを全面に押し出しているわけではなく、勝浦が担当した過去の捜査の被害者家族を登場させ、そこで加害者家族である沙織と対面させることによって被害者側の気持ちをちゃんと描いてます。

この作品を観ていてネットが一番恐ろしい世間の目なのかなと。匿名性ということでだれかれ構わず個々の情報を興味本位で書き込む。信頼していた人物の裏切りもあったりと今までの平穏な人生が音を立てて崩れていく。

結果的に守ろうとしても誰も守ってやることが出来なかったということかもしれませんが、全てを受け入れ強くなれ!ってことなのかしら。
物語はこれからが大変だという所で終わってしまいますが、全てを受け入れた今、それぞれがこれからの人生に向かって一歩踏み出すって感じ?

そうそう、精神科医を演じる木村佳乃さんは映画だけでは少し分りづらい存在かも。ドラマではきっちりと描かれていたのに映画では勝浦とはどんな関係なの?って雰囲気になってる!でもそれが監督の狙いなんだそうな。
もしこの映画がヒットしたらフジテレビで勝浦刑事(佐藤浩市)&三島刑事(松田龍平)コンビのドラマが始まったりして(笑)。あるいはこの映画のドラマ化が実現しそうな予感…。
このドラマ、映画を観て思ったこと→松田龍平ってデビュー当時に比べてめっちゃ男前になってる!彼は短髪の方が似合ってます♪

「サクリファイス」 近藤史恵

『サクリファイス』  

サクリファイス

 著者:近藤史恵
 出版社:新潮社





<簡単なあらすじ>
ロードレース――ヨーロッパでは紳士のスポーツと言われているが、一方で最も過酷なスポーツ。日本のチーム・オッジに所属している白石誓はチームのために働くアシストに徹することで満足していた。そんな時、ヨーロッパのチームが日本人選手をスカウトする予定だと聞く。そんな時、チームメイトから3年前にレース中事故があり、エースの石尾が意図的に事故を起こしたと聞かされる。一方で幼馴染みの元彼女から連絡が入り…

<感想>
エースとアシストという役割分担があるロードレース、アシストは自分の順位お構いなしにチームのエースを勝たせるために走る。
エースはアシストを徹底的に自分のために働かせることによって、彼らのためにもと勝つという責任感が生まれる。石尾は口数は少なかったがアシストたちの気持ちを誰よりも理解。これぞ真のエース。

監督から「好きなように走れ」と言われるのが一番難しいと考え、指示を仰ぎそれに徹する白石にとってはエースのために走ることが自分に合ってると考えています。
レース中、無言で走ってるのかと思っていましたが意外と会話が多いのにびっくり。
レース中の駆け引きも詳細に描かれておりまるで自分もその場にいるような臨場感に浸ってしまいます。
そんな中、ある事件を巡り後半はほんの少しミステリータッチに。
レースを愛するものの苦肉の策とは――そこまでレースの事を考えるエースはプロ中のプロ!

幼馴染みの元彼女の登場はちょっと不必要な感じがするんですが、まぁそれほど気にはならず^^

アンソロジー『Story Seller ストーリー・セラー』に赤城と石尾の外伝が収録されており、それで本編であるこの本を図書館で借りてきました。
外伝では赤城自身がチーム・オッジにスカウトされて入ったばかりで今回はチーム最年長の36歳。
今作品は本当の真実が気になり(ミステリーとしてではなく人間性)、最後まで目が離せませんでした。外伝、本編ともに面白く読めた作品でした^^

「エグザイル/絆」

『エグザイル/絆』  放・逐  EXILED

エグザイル/絆

 製作年:2006年
 製作国:香港
 監督:ジョニー・トー(杜峰)
 出演者:アンソニー・ウォン(黄秋生)、フランシス・ン(呉鎮宇)、ニック・チョン(張家輝)、ロイ・チョン(張耀揚)、ラム・シュー(林雪)、ジョシー・ホー(何超儀)、ラム・カートン(林家棟)、サイモン・ヤム(任達華)、リッチー・レン(任賢齊)

<簡単なあらすじ>
中国返還前のマカオ。ボスの腹部に銃弾を撃ち込み逃亡していたウーは、妻と生まれて間もない赤ん坊を連れて戻ってきた。そこへ4人の男がやってくる。ブレイズとファットはボスの命令でウーを殺しに、タイとキャットはそれを阻止しウーを守るために――かつて仲間で一緒に育った5人、その仲間達がウーの部屋で銃撃戦を始める。彼らの運命は・・・

<感想>
やっと観に行きました!平日夜に行ったせいか空いてて観やすかったです^^しかもさすがトー監督!今回は「僕は君のために蝶になる」の時とは違ってお客さんの8割は男性。といいつつお客さんは十数名しかいなかったけど^^;

冒頭から銃撃戦をやってくれちゃってます。その距離でどうして当たらないのだ?と思いつつもかっこいい・・・・。かっこよすぎ。シブい。やってくれた。役者がいいからさらにかっこよく見えてしまう。
脚本なしで監督は重要なポイントだけを現場で役者さんたちに伝えただけとパンフに書かれてましたが、脚本無しでこの作品が作れちゃうんだから監督が良いんだか俳優が良いんだか・・・ってこの作品に関してはどちらも!さ・ら・に、音楽も良かった。予告編でも流れてる曲が頭から離れない。予告編の時から音楽が頭から離れなかった~。

面白いだけでなく、観終わったあとはどこか寂しい余韻が・・・(TT)。
この作品を思い出すと目頭が熱くなってくるのは私だけ?!なんていうんでしょう、思い出すと胸が熱くなってくるんです。こんな感情を持つなんて、これで私も今日からジョニー・トーファンの仲間入りか(笑)?

友情を捨てきれずにいるマフィアとしては失格のブレイズ、友情に大事にし冷静なタイ、無口だけどそこにいるだけで安心感が持てるキャット、商売女好きで女性を見るとニヤけるがやるときはやるファット。全編を通してハードボイルド一直線ではなく、かっこいいんだけど、じゃれ合ってる時は皆でじゃれ合う。
最後の襲撃戦ではみな覚悟を決めてたわけですが、同じ呼吸で皆が同じことを思ってるというのはやはりこれこそ男の友情?絆??
襲撃戦は狭い室内からレストラン、屋外とあるんですがどれをとっても見せ方がうまい。観客を引きつけるのが上手で目が離せない。しいて言うなら任賢齊の登場だけが少し取って付けたような感じが・・・

監督は10年後に同じチームで老人版を撮りたいと言ってるそうですが、10年後って 俳優さんたちはまだ50代じゃないか!老人版なら30年後あたりに撮らないと~。
そう、男5人や任賢齊は皆40代。任達華は50代(どんな役でもどこ撃たれてもかっこいい)。そんな男たちが半端なくかっこいいんだからどーしようもない!!この作品は20~30代じゃ絶対いい味出ないし役も務まらないよ。

そうそう、5人の青年時代の写真って1人1人本当に役者さんたちの青年時のだよね?左から張家輝、呉鎮宇、黄秋生、張耀揚、林雪だよね??黄秋生の若い時って陳冠希に似てるような気がするのは気のせい?呉彦祖にも少し。

今のところ今年1番面白かった映画No.1のこの「エグザイル/絆」。「ミッション」はまだ観てないので絶対観よう!!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。