TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゴッホは欺く」 ジェフリー・アーチャー

『ゴッホは欺く』 FALSE IMPRESSION

ゴッホは欺く 上巻 (1) ゴッホは欺く 下巻 (3)

 著者:ジェフリー・アーチャー(Jeffrey Archer)
 訳者:永井淳
 出版社:新潮社 新潮文庫   

<あらすじ>
イギリス貴族ウェントワース家の女主人ヴィクトリアが喉を切り裂かれ、さらに左耳を切り取られて殺された―。
銀行会長で美術品収集家のフェンストン、フェンストンの側近で元弁護士、フェンストンの美術コンサルタントで元サザビーズ職員のアンナ、フェンストンの秘書であるティナ、フェンストンに雇われた女殺し屋、アンナを見張るFBIのジャック、ヴィクトリアの双子の妹アラベラたちがウェントワース家が所有するゴッホの自画像をめぐり繰り広げるサスペンス。

<簡単なストーリーと感想>
ずっと気になってたジェフリー・アーチャーの新刊。
解説によるとジェフリーは年代気風の大河小説、サスペンス&冒険&ミステリーをミックスしたもの、短編集の3つから成り立っており、処女作以来このローテンションを守って新作を発表し続けてるのだそう。彼の作品は大好きなのですが発表順に読んでないためローテーションがあったとは気付かなかった・・・。

今回は有名なゴッホの左耳を切り落としたあとの自画像をめぐったサスペンス風。あくどいやり方でゴッホの自画像を手に入れようとするフェンストンに対し、反感を覚えたアンナがそれより先に真っ当なやり方でゴッホの自画像を売却しようとする。自画像を持ったアンナを殺し屋を使ってどこまでも追いかけるフェンストン、それと同時にアンナを追いかけるFBI。
数ヵ国に渡りこの追いかけっこが続くのですが、アンナが精力的に行動しているので話の流れはテンポいい。

真のコレクターではなく、美術品を担保に多額の融資を行うことを目的としてしているフェンストン、それとは対照的に書かれているのが蒐集家のナカムラ(翻訳本の中でここまで日本人が聡明で紳士的な人物として描かれるのは珍しいかも)。
この2人を比べて見ると結構面白い。しかしフェンストンが有名な自画像の偽物に気付かないのはちょっとお粗末すぎるような・・・しかもコレクターならこれくらい知っておかなくっちゃと言っていいほど超簡単な箇所に気付かないのはちょっと無理が・・・。

個人的には機転が利くというか、執事という仕事に忠実に従事してるアンドルーズに賛辞を送りたい(笑)。アンドルーズがいかに執事として君臨してきてるか、作中のちょっとしたシーンでちょこちょこ書かれてます。

全体的には・・なんていったらいいんだろう。有名なゴッホの絵を題材にしてるので面白く読めたのですが、読み終わった後の満足感は以前に比べてると少しあれ?って感じでしょうか。『ケインとアベル』シリーズの長編(サーガ)がとても印象的だったせいで、他の作品にも同じような期待をもってしまうのがいけないんだろうか・・・。
解説によると、去年すでに次の短編集を発表してるそうな。ペースよく書き続けてるようなので、次の長編(サーガ)が今から楽しみだなー♪

スポンサーサイト

「欲望の街 古惑仔Ⅱ」

『欲望の街 古惑仔Ⅱ 台湾立志伝』  古惑仔2之猛龍過江 Young and Dangerous 2

欲望の街~古惑仔 II・台湾立志伝

 製作年:1996年
 製作国:香港
 監督:アンドリュー・ラウ(劉偉強)


出演:イーキン・チェン(鄭伊健) 、ジョーダン・チャン(チャン・シウチョン)(陳小春)、マイケル・ツェー(謝天華)、ジェイソン・チュー(朱永棠)、アンソニー・ウォン(黄秋生)、チンミー・ヤウ(邱淑貞)、ジジ・ライ(黎姿)、サイモン・ヤム(任達華)、ジェリー・ラム(林暁峰)、マイケル・ツェー(謝天華)、ジェイソン・チュー(朱永棠)、ラム・ソンイー(林尚義)

<簡単なあらすじ>
銅鑼湾のボスの座をフェイ(アンソニー・ウォン)と争うこそになったナン(イーキン・チェン)。そんな中、マカオのカジノをめぐり対立することになった台湾の三連会と香港の洪興社だが、この三連会とは前作で台湾に行ったサンカイが所属しておりボスに世話になった組織。その三連会をやめて香港に戻ったサンカイのもとに現れたのはボスの愛人であるヨウ(チンミー・ヤウ)。実は台湾で彼女と深い仲になったサンカイはヨウの言うとおりにするが、またもや罠だった―

<感想>
前作でナンに貰った腕時計を持って台湾に行ったサンカイは、三連会という台湾最大組織のボスのライの下で働いていた。そこでの出来事と今現在ナンのいる洪興社が絡んでるのですが、またもや罠に引っかかってしまうナンやサンカイ。
女好きのサンカイは相変わらずで、彼に関わる女は災いを起こすということにまだまだ懲りてない様子(笑)。それでも真剣に世話になった三連会の元身内として、そしてナンたちの兄弟分としてのサンカイの苦悩はわかるようなわからないような・・・(どっちだよっ!)。

今回はサンカイVSヨウに重点を置いてるような感じです。なので小春さんとチンミー・ヤウのファンは是非見ないと(笑)。
このヨウを演じたチンミー・ヤウ、キレイなだけでなく色気たっぷりで松嶋奈々子を華奢にした感じ?着物姿も良かったけど、カジノオープン時のドレスも同じ女性だけど胸元と背中に目がいってしょーがなかった・・。

そういや前回ちょっとした活躍をした神父さん、今作品も出演ということで何かしてくれるんじゃ?という期待を胸に膨らませたらやはりありました!前回ほどのインパクトはなかったものの、出番は少ないながらも彼らがいるところには常にいるという神父はすっかりナンたちのメンバーになってる(笑)。

一つ気になったのは前回亡くなってしまったチョウパン(ジェイソン・チュー)、違う役で再び登場~。
香港映画のシリーズものってたまにこういうことってあるんですよね。死んだはずの出演者がなぜ?ってパターン。いいんです!いいんです香港映画はこれで!!それに風火海(陳小春、朱永棠、謝天華)のメンバーが欠けてしまうし(笑)。←この映画の頃はまだ解散してなかったのかな??

さあ、続きを見よう!と思ったらないっ!ないないない!!
どうやら次作は録画し忘れたらしい・・(悲)。その次は録画してるんですが、やはり順序追って見たいのでレンタルしてこないと。なのでこのシリーズを見るのはちょっとの間休憩。

「欲望の街 古惑仔I」

『欲望の街 古惑仔I 銅鑼湾の疾風』  古惑仔之人在江湖 Young and Dangerous

欲望の街~古惑仔 I・銅鑼湾(コーズウェイベイ)の疾風

 製作年:1996年
  製作国:香港
  監督:アンドリュー・ラウ(劉偉強)


出演:イーキン・チェン(鄭伊健) 、ジョーダン・チャン(チャン・シウチョン)(陳小春)、マイケル・ツェー(謝天華)、ジェイソン・チュー(朱永棠)、ジェリー・ラム(林暁峰)、フランシス・ン(呉鎮宇)、ジジ・ライ(黎姿)、サイモン・ヤム(任達華)、ラム・ソンイー(林尚義)

<簡単なあらすじ>
1956年、香港政府が一大団地を建設。その結果、戦後の核家族化と教育熱は多くの落ちこぼれを産み、近くのグラウンドは不良少年の温床となった―
洪興社の幹部B(ン・チーホン)の舎弟である義理に厚いナン(イーキン・チェン)、女好きのサンカイ(ジョーダン・チャン)、、おちゃらけなポウパン(ジェリー・ラム)、そしてチョウパン(ジェイソン・チュー)とイー(マイケル・ツェー)は昔から顔なじみの5人グループ。
ある日、洪興社の組長チャン(サイモン・ヤム)からマカオにいるビルというボスを始末してほしいと命令を受け、現地に行った5人。しかしこれは罠の始まりに過ぎなかった。

<感想>
いやー久しぶりにこの映画を見たけどやっぱり面白いかった♪私が初めてイーキン・チェンや小春さんを知った映画で、思い出の作品です。

暴力団の義理人情をベースにしてるのですが、青年たちの青春映画とも言えるような感じ。Bを慕う仲間たちの飲み会(?)は自由で楽しそうな雰囲気。Bも部下を最大限に信頼していて絆がしっかりあるのがよくわかる。こんな上司と部下の関係はどんな世界であっても理想中の理想。Bはなんだか地井武男に似てるので気になる(笑)。

あと登場人物がいい!一番のヒットはやっぱり神父さん!!何気に登場するのですが、肝心なシーンでやってくれちゃってる!!前振りはあったもののまさかここで?!とシリアスなシーンでちゃっかりです(笑)。
そしてカン役のフランシス・ン。悪者のイメージがぴったり!『欲望の街 古惑仔I』ではなんとも嫌な役ですが、ネットで調べていると『非情の掟』で来日してた彼の写真を見るとめっちゃいい感じですやんか!!小春さん主演の『BE MY BOY』にも出ており見てみたいと思いつつもこの作品、我が家近所のレンタルショップにないんですよねー。
そんなカンが言ったセリフで、
<「義」という字は我と羊からなっており、我は羊という意味。羊のようにボスに従順する義理人情は今時はやらない―>
なるほど。この意味が本当なのかはわかりませんが納得。

しかし小春さんの再登場シーンには泣かせてくれる。何回か見てるのでここで再び登場するというのはわかっちゃいても、そしてクサすぎるとわかっちゃいても目頭が熱くなってくる(泣)。この役が小春さんだからなおさらなのか??

この映画は数年前に『水曜亜細亜電影』という番組から録画したのを今改めて見たのですが、この番組はよく香港映画を放送しておりとてもお世話になりました♪ちなみにこの作品、ベストセラー漫画『古惑仔』(日本未発売)の映画化だそう。

ただいま録画ビデオ整理中

先週から、重い腰をやっとあげて昔に録画したビデオを整理することに。
DVDで見ることが多くなった今、かつてビデオに録画したのはほとんど見ることがなくなり整理しなきゃなーとずっと思ってたんですよね。

主に映画を録画してたのですが、劇場で見て、あるいはビデオレンタルして気にいった映画がテレビで放送されてたら即録画。あるいは見たかった未見の映画がノーカットで放送されてたらこれも即録画。その他にも10年程前の好きなドラマやお笑い、NHKの語学講座、そして日韓ワールドカップや阪神優勝試合などなど・・・。一度録画したら安心しちゃって「いつか見よう」と思いつつ今日まできてしまったよー
自分でも「何でこんなのを録画した?!」っていうのも中にはあって、その当時ハマってたものがよくわかる(笑)。

我が家にあるビデオデッキが壊れる前に、もう一度見たいものや未見のものをこれから週1~2本は見ていこう!そしてその中から個人的に面白かった!という映画を今後このブログで感想を書いていきたいなと。といっても録画してる映画の80%は香港映画なんだけど(笑)。
なので<ビデオ録画の中で良かった映画たち>第一弾はもちろん香港映画でいきます!それは私が初めて小春さんとイーキン・チェンに出会った作品。これだけで何の作品かわかっちゃったりして(笑)。
気長に懐かしのビデオ鑑賞していこっと~♪

「孤影」 マイケル・マーシャル

『孤影』 THE UPRIGHT MAN

孤影
 著者:マイケル・マーシャル (Michael Marshall)
 訳者:嶋田洋一
 出版社:ソニー・マガジンズ ヴィレッジブックス





<感想>
※『死影』を読んだ上での内容になってます。
『死影』の続編で3部作の2作目。続きが読みたいと思っており、思ったより早く日本語版が出てよかったー(って前作を読んだのが去年の9月だから早く感じるのは仕方ないか)。

『死影』から数ヵ月後、ウォードは<アップライトマン>の過去を、そしてザントは独自で何かを調べまわっている。一方、森の中で自殺を企むトムはあるUMA(未確認生物)の気配を感じ・・・。
といった内容なのですが、トムの感じるUMAは<ストローマン>に関わってると容易に考えられるのですが、その他で起こる殺人事件はまさかそんな理由があっただなんて!と思ってしまう。

どこにでもいる平凡な生活を送っていたウォード、前作で両親を亡くしてから知った自分の家族の真実、ストローマンという集団、そして双子の兄弟。
この2作目では双子の兄弟の過去を調べていくのですが、それと同時にわかっていく<ストローマン>の真実はビックリするような内容。なんかとんでもない方向にいってる・・・。
ネアンデルタール人の定説が覆されてもいるのですが、もともと定説をよくわかってない私にはこの2作目に書かれている説を読んで「これもありかな」とちょっと納得してしまうのは邪道??

今回は<ストローマン>と<アップライトマン>の過去が明らかになったという感じで、決着をつけたいウォードは次作に持ち越しということかな?思ってたより核心に迫るストーリー展開ではなかったのですが(でも驚きの真相は結構楽しめたかも)、3部作だから次の完結篇に超期待してしまうよー。
そして『孤影』でのラスト、そんなことになるとは全く思ってなかったのでこれも次作でどんな展開になるのか謎です。

ウォードが一体どんな形で決着をつけるのか、そしてザントの今後が気になってしまい早く次作が読みたくなるような『孤影』でした。

「イノセント」 ハーラン・コーベン

『イノセント』 THE INNOCENT

イノセント上 イノセント下

 著者:ハーラン・コーベン (HARLAN COBEN)
 訳者:山本やよい
 出版社:ランダムハウス講談社

<簡単なあらすじ>
刑務所に入っていた過去があるが、今は幸せな生活を送っているマット。そんな彼の携帯電話に妻から画像が送られてきた。そこには妻が浮気をしてると思える内容のものが。妻の秘密、そしてマットの前科者という消えない過去がふりかかる事件とは?

<感想>
久々にハーラン・コーベンを読みました。マイロン・ボライターシリーズはずっと読んでたのですが、最近はもっぱらノンシリーズのサスペンスを書いてるようで。
今回の事件はカメラ・ビデオ機能付き携帯で送られてきた内容が発端。普通の人生を送るはずの男性が、暗い過去を引きずりながら意外なところから事件に巻き込まれるというストーリーなのですが、いや~読み始めから引き込まれるわ(笑)。
妻の秘密といい、どんでん返しも読んでて全然想像しなかったほど意外な方向へ。そんなどんでん返しがあるわりには最終的なラスト(エピローグ部分)は昔のアメリカ映画にありそうな終わり方。
それでも最後の最後まで一気に読めてしまうのはさすがコーベンです。文章が上手というかストーリーの持っていき方が好きですね。

あとがきには次回作はシリーズものに戻ることにしたそうな。原書タイトルは『PROMISE ME』。
いつ日本語版が出るんだろう?もしかしてもう出てる??久々のマイロン・ボライターシリーズなので内容を忘れかれてるよー(笑)。
『ノー・セカンドチャンス』も評判いいみたいなので古本屋で見つけたら買おうっと。

「リトル・ミス・サンシャイン」

『リトル・ミス・サンシャイン』  LITTLE MISS SUNSHINE

リトル・ミス・サンシャイン
  製作年:2006年
  製作国:アメリカ
  監督:ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス
  出演:グレッグ・ギニア、スティーブ・カレル、トニ・コレット、
      ポール・ダノ、アラン・アーキン、アビゲイル・ブレスリン



<簡単なあらすじ>
娘が美少女コンテストに出るために、家族総出で出発したフーヴァー一家。勝ち組にこだわる父親、自殺未遂をしたゲイの叔父、家族が大嫌いな息子、夢に向かってひたむきに頑張る娘、ヘロイン中毒の祖父、一番冷静な母親はミニバスに乗ってカルフォルニアへと向かう。その道中で家族の絆を徐々に取り戻す姿を描くハートフルなロードムービー。

<感想>
『SCOOP』『ディパーテッド』同様に機内で見た映画。見たいと思ってたので嬉しい♪
が!行きはまず絶対見たかった『ディパーテッド』の次に見たため、この『リトル・ミス・サンシャイン』は後半からの鑑賞。そして今度は最初から見始めてたのですが、旅行地に着いてしまったのでちょうど真ん中の20分(?)ほどが見れなかった・・・。そして帰り、『SCOOP』を見た後に『リトル・ミス・サンシャイン』の抜けてる真ん中あたりを見たのですが、またしても途中の10分(?)あたりが見れなった(悲)。
※パーソナルTVでも好きな時間に映画を選べるパターンではなく、離陸すると数チャンネルでいろんな映画が一斉に始まり、終わるとまた繰り返しえて放送されるというものです(もちろんこちらは一時停止も出来ないんだな)。

こんな変な見方をしたにも関わらず面白く見れたってことは、わかりやすい単純なストーリーで一般受けするってことなんだろうな。
何と言っても子役のアビゲイル・ブレスリンちゃんが可愛い♪彼女が<リトル・ミス・サンシャイン>に出れることになってはしゃぐ姿やこのコンテストにかける意気込みは見ててほのぼ~の。問題を抱えている家族の中で1人輝いてます。

しかしこのミスコン、アビゲイルちゃん以外は本当にミスコンに出れそうな勢いでちょっとこわい・・・。そしておじいちゃんが教えたダンスを踊るのですが・・・アビゲイルちゃん、やってくれちゃってます。これでよく出場できたなと(笑)。

そして最後まで乗り続けたボロボロの黄色いミニバス。壊れかけても家族の力でなんとか動いてる―これこそ家族の絆の象徴??

「ディパーテッド」

『ディパーテッド』  THE DEPARTED

ディパーテッド 特別版 (初回限定版)
  製作年:2006年
  製作国:アメリカ
  監督:マーティン・スコセッシ
  出演:レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、
      ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグ



<感想>
これもまた『SCOOP』同様に機内で見た映画。今一番見たいと思ってた映画なので、行きの飛行機に乗っていの一番に鑑賞。オリジナルの『インファナル・アフェア』3部作が快作だったためにこのリメイク版が気になってしょーがなかった!


マフィア撲滅を図る州警察は組織のトップであるフランク・コステロのもとへ新人警官ウィリアムを潜入させるが、コステロも警察に手下のコリンを潜入させており、警察・マフィア互いに内通者が。警察・マフィア共に潜入者がいるのに気付き、2人の立場が徐々にやばくなっていき追い詰められれていく―。
ああ、ダメだ・・・。オリジナルを知ってるとどう~しても比べてしまう。意識しないで見ようと思っていたけどダメだった・・・。
オリジナルは3部作あったのに対して、『ディパーテッド』は主に第1部をリメイクしたって感じでしょうーか。私としては第3部を見てこそこのストーリーは意味があると思ってたのですが、アメリカは精神的な感傷の第3部のストーリーはいらないってこと?善と悪の複雑な心理描写もあやふやだったしなー。

オリジナルでは登場人物それぞれに重みがありストーリー性が深いのに対し、こちらはいかにもアメリカ的でスタイリッシュな感じかな。これはこれでハリウッド映画らしいアクションとして楽しむのにはいいかも。
ただ気になるのは精神科医。オリジナルほど立場的(女優的にも)にインパクトがなくパッとしないんだよなー。存在感のあるケリー・チャンと比べちゃいけないってわかっちゃいるんだけどねー。

オリジナルとリメイク、どちらを先に見るかによってそれぞれの印象は変わると思いますが、オリジナルは3部作なのでバックグラウンドがわかりやすいし2人の葛藤がよくわかるような気がする。うーん、比べちゃいけないと思ってても結局比べまくりの感想になってしまった(笑)。改めてアジア映画とアメリカ映画の重点の置き方が違うのがよくわかりました。

そういえば最初プラピが出演?!なんて情報があったのですが製作で参加してるそうな。元妻と共同設立した製作会社がリメイク権を購入し、当時は夫婦揃って出演する予定だったのが企画進行中に破局したため製作に専念することになったらしい(←機内映画ガイドによると)。もし出演してたらマット・デイモン演じるコリン役だったとか。しかしやっぱりこの役はアンディ・ラウじゃなくっちゃ(笑)♪

最後の最後まで香港ノワールが忘れられずにいる私なのでした。っていうかオリジナルが良く出来すぎなのでしょーがないって言っちゃしょーがない。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。