TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「かもめ食堂」

『かもめ食堂』 

かもめ食堂
  製作年:2005年
  製作国:日本
  監督:荻上直子
  原作:群ようこ
  出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、
      ヤルッコ・ニエミ、タリア・マルクス


<簡単なあらすじ>
フィンランドでかもめ食堂を営んでるサチエ。初めての客である日本かぶれの青年トンミに「ガッチャマン」の歌詞をいきなり聞かれ、出だしししか思い出せない彼女は本屋のカフェで偶然見かけた日本人女性ミドリにガッチャマン」の歌詞を聞くことに。歌詞を教えてもらったお礼にミドリを家に招待し、そしてミドリはかもめ食堂を手伝うことに。かもめ食堂には美味しいコーヒーをいれるコツを教えてくれる男性がきたり、荷物が無くなった日本人女性がやってきたり、いつも店の中を睨むように見てる女性がいたり・・・。サチエを取り巻く人間、環境をのんびりと描いた作品。

<感想>
この映画で出てくる料理って、普段食卓に出そうなものばかりで共感がありまくりで、気取ってなく素朴で海外にいるととても食べたくなるものばかり。かもめ食堂のメインメニューもおにぎりってのがまたいいねー。やっぱおにぎりは梅・鮭・オカカ。フィンランドで日本食食堂って違和感あるかと思ってたら、このかもめ食堂は全然浮いてなくとても自然。

なんといっても片桐はいりのフィンランドにくることになった理由がいい!!どっか遠いところに行ってやろうと思って目をつぶって世界地図を指差したらそこがフィンランド・・・うーん、なんかなんかダーツの旅っぽくてカッコイイぞ!日本の世界地図はもちろん日本が真ん中。私が旅する地を同じ方法で決めるなら絶対意図的に左上のヨーロッパ辺を指すな(笑)。

日本びいき青年トンミのTシャツに「にゃろめ」のプリントがされてるだけでなく、トンミの着るTシャツは日本かぶれに徹底してる。凝りすぎ(笑)。トンミに頼まれて漢字を書くシーンがあるのですが、いくらなんでもそんな当て字はないだろうと思いつつ私もトンと言えばやっぱりこの字しか思い浮かばない・・・。
他にもフィンランドだけに片桐はいりが読んでる本が「ムーミン谷の夏まつり」だったり、「フフフ」と思わず笑ってしまうシーンもちりばめられていてゆっくり進むストーリーなのに全然退屈しない!
ラストがまた素朴でこの映画にぴったりで、見終わった後は幸せな余韻を残してくれるようなそんな感じ。公開中からずっと見たかった映画だっただけに大満足の作品でした♪

余談ですが、海外旅行に行く時に友人にお土産のリクエストを聞いたら「世界地図!」と言った子がいたのを思い出しました。なんでも世界地図はその国の言葉で書いてあるだけでなく、その国が中心にきてるので日本で見る世界地図とは違って楽しいんだとか。うん、確かに楽しそう♪

スポンサーサイト

「LOST」シーズン1 VOL.9

『LOST』#17・#18 

LOST シーズン1 DVD Complete Box
  製作年:2004年~
  製作国:アメリカ






※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。


第17話:沈黙の陰
ビキニ姿のサンを見て激怒する夫のジン、そこにマイケルが助け舟を出すがさらに険悪な不陰気に。そんな時、マイケルがつくっていたイカダが何者かによって燃やされる事件が。マイケルはジンの仕業だと思い騒ぎ立てた時、とうとうサンが・・・。

第18話:数字
他の船に気づいてもらえるよう救難信号を送る装置を作ることに。しかし肝心の電源がない。そこで謎のフランス人の助けを借りることに。以前このフランス人のところから持ち帰った書類を見たハーリーはある真実に気が付く。
第17話では再び韓国人夫婦の過去について。ジンにもまだまだ言えない過去がありそう。この夫婦はこの先どうなるんだろう。反対にシャノンとサイードはなんだかいい雰囲気だけど、この2人は行の末も気になるところ。ロックの言葉どおり、みんなこの島で新たな人生を始めてる。この17話ではやり直すということがテーマに。

第18話はハーリーの過去が明らかに。やっと、やっとだ!!ハーリーの過去はどんなんだろうって気になってたんだよなー。それがこんな過去とは!そりゃ皆に黙ってフランス人ルソーに会いにいくはずだわ。っていうかハーリーの過去だけ他の生存者たちと違ってなんだかギャグみたい(笑)。でもこのハーリーの過去の謎解きだけで一つ映画が出来そう。この18話では運命とは何ぞやってのがテーマってとこ?

「インファナル・アフェア」のリメイク版がやっと公開!

香港映画『インファナル・アフェア』のハリウッド版リメイクがとうとう来年公開なんだそう。かんなり前からリメイクの噂はあったものの、いつまで経っても詳細不明だったため(ただ単に私が調べなかっただけなんだけど)、もうリメイクはないんだと思ってたよー。忘れてた頃に公開情報を知って大喜び♪

タイトルは『ディパーテッド』(原題:THE DEPARTED)。
監督はマーティン・スコセッシ。肝心の主役2人はやっぱり噂どおりのレオナルド・ディカプリオ、マット・デイモンで製作の1人にブラッド・ピット(ブラピは出演だと思ってたら違ってた)。
公式HPを見るとトニー・レオン演じた組織に潜入する囮捜査官ヤンにレオナルド・ディカプリオ、アンディ・ラウ演じた組織からの内通者ラウにマット・デイモン、そしてエリック・ツァン演じた組織のボスにはジャック・ニコルソン。そしてアンソニー・ウォン演じたヤンの上司ウォンには名前の順から見るとマーク・ウォールバーグ??精神科医リーはヴェラ・ファーミガ(誰?)???でもなぜアンディ・ラウ役のマット・デイモンとラブラブシーンがあるの?!お、おかしい・・・。
で、キョン役は誰よ?

『インファナル・アフェア』は3部作だったのに対し、リメイクはこの1作のみなのかなー。上映時間も長いようだし、予告編を見る限りでは警察官学校での映像があったのでもしかしたら3部作が凝縮されてる?うーん、オリジナルがキャスティングもよく内容も超面白かっただけにこのリメイク版は未知数・・・。
出演者は豪華だけどどんな感じに仕上がってるんだだろう。これは是非とも映画館で見なきゃならない!

「地下鉄 Sound of Colors」 幾米

『地下鉄 Sound of Colors』 地下鐵

地下鉄
 作・絵:ジミー(幾米)
 訳者:宝迫典子
 出版社:小学館





<感想>
この絵本をベースにした香港映画『サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋』を見て、是非原作の絵本も見たいと思っていました。
盲目の少女が幸せを探すというストーリーなのですが、色彩豊かで可愛らしい絵です。(←絵だけでも堪能できます♪)
地下鉄に乗って少女の旅は始まるのですが、その地下鉄に乗ってる乗客たちは毎回違っており、そのシーンごとにちゃんと意味合いがあってとっても細かい。いつも少女の近くにいる犬(?)も何か意味があるんだろうか?
階段を下りて地下鉄に乗り、電車をおりて階段を登り地上へ出る。地下鉄を一歩出るとそこはステキな世界だったり現実の世界だったり。少女の素直な気持ちがストレートに出てるなー。地上に出る時の地下鉄出口もその都度シーンにあった色彩とデザインなので、ちょっと意識して見るといいかも。

調べていて知ったのですが、この絵本にはジミーが書いた他の絵本の登場人物たちがところどころに出てるのだそう。このことを知ってれば事前に他の著書を読んどきゃよかったよ。

しかしこの絵本からよく映画にしようと思ったなと感心。というより絵本には出てこない少女の幸せの象徴として、映画では男性を登場させたのはありきたりすぎ?でもこの映画ではぴったり合ってるから不思議。日本でこの絵本原作に映画を作ったら、ものすごくお涙ちょーだいの作品が出来そう・・。

「でかした、ジーヴス!」 ウッドハウス

『でかした、ジーヴス!』 VERY GOOD, JEEVES!

でかした、ジーヴス!―ウッドハウス・コレクション
 著者:P・G・ウッドハウス (Pelham Grenville Wodehouse)
 訳者:森村たまき
 出版社:国書刊行会 ウッドハウス・コレクション   





<感想>
ウッドハウス・コレクション第5弾で、11編からなる短編集。
『でかした、ジーヴス!』の訳者あとがきによると実際は『比類なきジーヴス』『それゆけ、ジーヴス』に続いて発表されたもの。

冒頭からなんか知ってるストーリーだぞ?と思ってたらそのはず。国書版『ジーヴズの事件簿』に何編か収録されてた。というか『ジーヴズの事件簿』を読んでこのブログにそのことを書いてることすら忘れてた・・・さらに白水社Uブックス『笑いの散歩道』に収録されてる短編まで。なので初めて読んだのは半分ほどの内容でした。

今回もRieさんのブログ『Caramel Tea』にある登場人物リストを参考にしながら読んでいきました(既に印刷済み)。前作から少し間があいてしまったため、登場人物名を見ても「誰だっけ?」なんてしょっちゅう。ほんと重宝しまくり♪

今回もアガサ伯母のバーティーに対する命令句口調は相変わらずのもんです。そして今回はウィッカム嬢に注目したいところ。気まぐれで調子のいい女の子で、自分がかつて使った手をバーティーにもやらすところは無邪気で憎めない。今まで登場する女性たちの中ではバーティーとは一番お似合いだと思うんだけどなー。
そういやバーティーはいつも女性にいいように使われる運命のような気がする。というかバーティーの周りにはアクの強い個性的な女性ばかり。
さらにジーヴスの執事としての仕事だけではなく、読書もかなりのものらしくバーティーが著者名を聞いただけで著作を言えるなんて趣味の範囲が広いというか、ジーヴスに不得意の分野はないのか?!

半分は既読だったためあまり新鮮味はなかったのですが、そのかわりウッドハウス自身の序文を楽しむだけでなく、訳者あとがきではウッドハウスの娘の「家庭でのウッドハウス」というエッセーも紹介、さらには妻に送った手紙も紹介されてたりと本文以外も充実した内容となってます。

「LOST」シーズン1 VOL.8

『LOST』#15・#16 

LOST シーズン1 DVD Complete Box
  製作年:2004年~
  製作国:アメリカ






※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。


第15話:守るべきもの
行方不明になってたクレアがいきなり帰還するも記憶が全くない様子。それを見てサイードは彼女が自力で脱出してきたことに納得がいかない。そんな時、イーサンがチャーリーの前に現れ・・・。

第16話:最期の言葉
何度もイノシシに襲われるソーヤー。イノシシを追いかけて森に入るとソーヤーの耳には謎の言葉が聞こえ・・。改めてイノシシを追うソーヤーはケイトと一緒に行動するが・・。
15話では再びチャーリーの過去が。このことがきっかけで何があってもクレアを守ろうとしてたんだなー。この過去はイマイチ説得力がないけどチャーリーの性格はよくわかったような気がする。

16話ではこれまた再びソーヤーの過去。ここである人物が登場するのですが、こんなとこでこの人物と?!とびっくり。この出会いも『LOST』の中での運命なのかなと思うとこのドラマはまだまだ序盤で、奥深く進むと何かがビミョーに繋がってるような気がしてきた。
ところでソーヤーとケイトがする“したことがない”ゲームは楽しそう♪簡単に説明すると“経験当てゲーム”。何かをしたことがないと交互に言い、もしその事柄をしたことがあればお酒が飲める。もししたことがなければ飲めないというゲーム。といってもこのストーリー内ではあまり楽しくなさそう・・・。こんな重々しい雰囲気の中じゃお酒を飲んでも酔えないって。

VOL.8まできてまだまだ脱出する感じは全くないものの、生存者たちの繋がりがわかったような感じで核心に迫ってきてる気がするのはまだまだ気のせいだろうか?

「ジャケット」

『ジャケット』 THE JACKET

ジャケット
  製作年:2005年
  製作国:アメリカ/ドイツ
  監督:ジョン・メイブリー
  出演:エイドリアン・ブロディ、キーラ・ナイトレイ、
      クリス・クリストファーソン、ジェニファー・ジェイソン・リー
      ダニエル・クレイグ


<簡単なあらすじ>
湾岸戦争で負傷し、逆行性健忘と心的抑圧になったジャック。心神喪失という理由で警察官殺しの罪が無罪になるも精神病院に収容されることに。そこである治療を受けてる中、気が付くといつの間にかあるレストランの前へ。そこから出てきた女性ジャッキーと知り合い彼女の家であるものを見つけ、さらには今が2007年で自分はすでに死んでるのだと知ったジャックは死の真相を突き止めようとする。

<感想>
この映画はkazuouさんの『奇妙な世界の片隅で』で知り、タイムトラベル中の恋愛の結末がものすごく気になったので早速レンタル!

妄想と現実の区別がつかない、現実に何が起きてるのかがわからない。でも精神病院での実験的な矯正治療で引き出しの中に入れられるとフラッシュバックでいろんな事が映し出される。1992年と2007年を行き来していく中で、引き出しの中へ入ることで未来に行くことが出来ると知ったジャック。自分の死を受け入れた上で真実を知ろうとするということですが、他人の未来を変えることはしても、自分の未来は素直に受け入れてしまうのはなぜ?自分の死も回避しようとしたら出来たのでは・・と思ったり。未来ある人の不幸を少し幸せに変えるのと、未来が確実に訪れない自分との置かれてる状況の違いってこと?!

拘束衣(ジャケット)を着せられて引き出しのようなところに入れる実験的な矯正治療の詳細や、警察官殺しの真相、ジャッキーとその母親がジャックの言うことを意外にすんなり聞き入れてしまうというのは謎ですが、全体的にとても悲しい雰囲気があり、エイドリアン・ブロディのジャックという役がハマりまくりで見入ってしまいました。っていうか面白かった!
この映画での引き出しは、いわゆるのび太くんの机の引き出しと同じ役目を担ってると考えたら閉所的な怖さも薄れるかも(笑)。でもこの引き出しが重要な役目を果たしてるのかと思いきや原題はTHE JACKET。実は拘束衣が未来へ行く重要アイテムだったのか?

浜村淳の映画紹介

先週土曜日の午前中、超久々に「ありがとう浜村淳です 」をAMラジオで聞きました。私が小学生の頃にはすでにあったこの長寿番組、関西方面の人なら誰でも知ってるはず?!

この番組の中で、毎週土曜日に「映画サロン」というコーナーがあり、新作映画1本を浜村淳が30分以上ににわたって紹介するというもの。(実は映画紹介のコーナーのタイトルが「映画サロン」だと初めて知った)
30分以上も説明するというかあらすじを延々と話すのですが、途中、映画の中の会話も再現しながら話すのでこの「映画サロン」を聞き終わった時には既にその映画を見終わった気分になってしまうという、得したのか損したのか微妙な感じ(笑)。
ほぼ最後まであらすじを言ってしまう時もあれば最後のネタだけはかろうじて話さない時もあるのですが、肝心なシーンは殆ど喋っているのでやっぱりもう見た気分になってしまうという超ネタバレ映画紹介コーナーなんだな。

そして今回紹介してたのは『ヘンダーソン夫人の贈り物』
第二次世界大戦中に営業し続けた劇場を基にした映画。女性のヌードを見せるという画期的な方法で、営業危機にある劇場を建て直そうとするオーナーであるヘンダーソン夫人(ジュディ・デンチ)と劇場支配人(ボブ・ホスキンス)の会話が最後までとても印象的。っていうか浜村淳の話し方がいいのか?!
戦時中というバックグラウンドの中、ヘンダーソン夫人がこれから戦争に行く若者たちにしてあげれることとは?といった内容だったのですが、浜村淳の話にどっぷりハマってしまった私は目的地に着いても車内で最後まで聞いてしまった・・・。
もう全編のあらすじはほとんど知ってしまったわけだけど(さらにラストの会話まで)、ものすごく見たくて仕方がない!来年お正月のロードショーらしいのですが、今からこの映画を私の見たいリストに入れようかなーと。
ただ「きっと面白いはず!」という先入観をもって見ると、案外そうでもなかったりするので期待は禁物。

「赤ちゃんの逆襲」

『赤ちゃんの逆襲』 MAUVAIS ESPRIT


  製作年:2004年
  製作国:フランス
  監督:パトリック・アレサンドラン
  出演:ティエリー・レルミット、オフェリエ・ウィンテル、
      レオノール・ワトリング、ミシェル・ミューラー

<簡単なあらすじ>
何をやってもうまくいかないシモン。あるコンペで自分が考えた設計そっくりの建築現場を発見する。その建物の責任者ポレルに直訴しに行くが不幸にもそのポレルの車にはねられてしまう。
ちょうど同じ時、ポレルの妻が男児を出産。なんとシモンは自分を設計を盗み、自分を車ではねた男ポレルの子供に生まれ変わってしまった!

<感想>
赤ちゃんとして生まれかわったシモンが、父親にあの手この手を使って復讐するというストーリーなのですが、赤ちゃんらしい復讐から少し趣味の悪い復讐までいろいろ。
ポレルの赤ちゃんの面倒見る姿を見てると、赤ちゃんの逆襲はあまりにも気の毒すぎて笑えないシーンも。一般的に赤ちゃんは何にでも興味を持つものとわかっていても、この映画ではシモンの気持ちを持ってる赤ちゃんだけに思わず「そんなことしちゃダメだって!!」って絶叫したくなってしまった・・・。
ポレル以外の登場人物がこれまたどうしようもないクセものばかりで、ポレルがとってもいい父親に見えてしょーがない。っていうか父親だけが赤ちゃんの行動をよく見てる。
父親と和解するシーンでやっと安心できたわけだけど、ラストでは何でそうくる?って感じつつもまあこれはこれでよし。

出産シーンやシモンがはねられるシーンはちょっとグロく、全体的にアクの強い過激なリベンジを繰り広げるコメディでした。

「ラブ・イズ・マネー」

『ラブ・イズ・マネー』 有情飲水飽 LOVE ME, LOVE MY MONEY

ラブ・イズ・マネー
  製作年:2001年
  製作国:香港
  監督:バリー・ウォン(王晶)
  出演:トニー・レオン(梁朝偉)、スー・チー(舒淇)、
      ウォン・ヤッフェイ(黄一飛)



<簡単なあらすじ>
リチャード・マーは無駄遣いは罪悪だと思ってる超ドケチな社長。ヘビ料理店で知り合った田舎の村長の娘であるチョイは、父親が選んだ同郷の結婚相手から逃れるために四苦八苦。リチャードをド貧乏と勘違いしてるチョイは結婚相手を遠ざけようとリチャードに恋人のフリを頼むことに。しかし偶然にもリチャードを金持ちの社長と知ってしまったチョイは・・・。

<感想>
このラブコメディはいわゆるシンデレラ・ストーリー。
チョイが羨ましい!!!超ドケチでもトニーのような容姿で社長だったらいいじゃんって思うけど、実際こんなドケチが周りにいたらまず友達にもなりたくない(笑)。節約するのはいいけどここまできたらどーよ?!お金に関係なく愛してくれる女性がいたら最高だと言う気持ちはわからないでもないけど、誰に対してもドケチでよく世界的にも有名な会社の社長になれたなとそこが疑問・・。
しかしスー・チーって細いなー。『色情男女』で初めて見た時はここまでここまでくるとは正直思わなかった。決して美人ではないけど雰囲気を持ってるチャーミングな女の子って感じ(と思ってたら今年30歳になってた!いやこれはビックリ)。日本で言うと容姿面はサトエリってな感じ?顔は喜多嶋舞に似てるかも。

トニーが挑発するシーンもあるのですが、セクシーをとおりこして何だか笑える(笑)。こんなシーンでも許せちゃうのがトニーのいいところ。どんなことをやっても許せちゃうんだよなー。トニー・レオンワールドにハマるともう抜け出せない。しかもラストでこんなのってありって感じ。←想像は出来たけどやっぱりシンデレラ・ストーリーの王道。

そんな中、注目したいのがウォン・ヤッフェイ!チョイの父親役で出演してるのですが脇役としては最高です。「少林サッカー」にも出演してましたが、こんなお茶目な父親役がぴったり(しかも田舎の)。
これが日本映画だったらここまで楽しめなかったかも。香港映画ならではのテンポの良さ、そしてどこかユーモアある会話の掛け合いがあってのこそシンデレラ・ストーリーってな感じ?

「LOST」シーズン1 VOL.7

『LOST』#13・#14 

LOST シーズン1 DVD Complete Box
  製作年:2004年~
  製作国:アメリカ






※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。


第13話:絆
毎日イノシシ狩に出てるロックとブーン、なのに狩の成果が何もない2人。それもそのはず、2人には優先すべきものが。そんな時ザイードとシャノンが急接近。ブーンがザイードに妹に近づくなと忠告する真意とは・・・。

第14話:運命の子
息子ウォルトが自分じゃなくロックを慕ってることに怒りを隠せないマイケル。そんなある日ウォルトがいなくなり・・・。そんな時クレアのバッグからいつも持ち歩いていた日記が紛失してることに気付くチャーリー。この日記に書かれていることとは?
14話ではブーンとシャノンの過去が明らかに。それと同時にラストではロックが言う言葉の意味がイマイチ飲み込めない・・・。もしや久々に『LOST』を見たから私の感覚が鈍ってる?それとも次回で明らかにするため(って次回で明らかになるのか)??
ところでクレアはどうなった!?!
そう言えばいつの間にか韓国人夫婦が皆に馴染んできつつあるなー。もしかして旦那さん、実は英語が理解出来たりなんかしちゃったりして?!

15話ではマイケルとウォルトの過去が明らかに(というかなぜこんな意思疎通がうまく出来ないようになってしまったのか)。マイケルの不器用で今から子育てをしようとする努力がなんだか目頭が熱くなってくる・・・。
ホント生存者たちの過去は様々でいろんなドラマがあるもんです。しかし1人ぐらい平凡な過去しかない人間はいないもんなのかね~?

ロックが人の心がまるでウソのようにわかるのは十分にわかった。が、その的を得たその言葉はしばしば相手に拍車をかけることがあるんだな。ロックはずっとこのままのキャラなのかも気になるところ。

「40歳の童貞男」

『40歳の童貞男』 THE 40 YEAR OLD VIRGIN

40歳の童貞男
  製作年:2005年
  製作国:アメリカ
  監督:ジャド・アパトー
  脚本:ジャド・アパトー / スティーヴ・カレル
  出演:スティーヴ・カレル、キャサリン・キーナー、
      ポール・ラッド、ロマニー・マルコ、
      セス・ローゲン、エリザベス・バンクス

<簡単なあらすじ>
ある日職場仲間からポーカーに誘われたアンディ、そこで互いの経験談になったのものの、経験したことがないアンディは話を合わすも皆に童貞だということがバレてしまう。そのことを知った同僚たちはアンディの脱童貞作戦を決行。そんな時、店に来た女性客トリシュと知り合ったアンディは次第に彼女とデートを重ねていくことに。脱童貞の日はやってくるのか?

<感想>
同僚たちの手ほどきにより40歳になって初めて色んなことを経験するアンディ、道端での立ちションですら初めてだなんて今まで超道徳的な生活を送ってきたんだなー。しかし男として磨くために剛毛な胸毛を脱毛するのはどうだろ。それにこの脱毛方法、かなり原始的で笑ける!←しかも特典映像によると地毛で本当にやってるんだそう・・・めちゃ痛いって!!
最初はバカバカしいと思いつつも(しかしそのバカバカしさが結構面白い)、後半からはトリシュとの恋愛が見てて楽しくてほのぼのとしてて楽しい♪同僚たちのバカバカしいセッティングも笑ける(しかも同僚たちは意外と真剣にアドバイスしてたり・・)。
デート大会での登場人物たちもクセのある人たちで面白すぎ(←そんな奴いないって!って突っ込みたくなるぐらい)。もしかしてキャサリン・キーナー演じるトリシュが一番自然体だったかも?

見る前の面白いんだろうな~という期待は裏切らなかったって感じでしょーか。特典映像もなかなかで、マット・デイモンやウディ・アレンをネタにしてたりも。
当然のごとく下ネタが多いですが、それほどお下品という感じではなく私には面白く見れたコメディでした♪

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。