TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キャプテン・ウルフ」

『キャプテン・ウルフ』 THE PACIFIER

キャプテン・ウルフ
  製作年:2005年
  製作国:アメリカ
  監督:アダム・シャンクマン
  出演:ヴィン・ディーゼル、ブリタニー・スノウ、
      マックス・シエリオット



<簡単なあらすじと感想>
アクション・スターのヴィン・ディーゼルが、一転してコミカルな役を演じているコメディ映画です。
海軍特殊部隊にいるウルフ(ヴィン・ディーゼル)、与えられた任務を着々とこなしているのを見るとまるで今からアクション映画が始まるかのよう・・・。
その後、要人の子どもたちの保護をすると同時に、家の中に隠されてるかもしれない謎のプログラムを探す任務を与えられることに。
しかしこの子どもたちがとんでもなくトラブルメーカーで、規律を守るウルフにとっては耐え難いもの。
そこで子どもたちの生活を正すために自分が隊長になって皆の指揮をとるのですが、これがなかなか一筋縄ではいかない子どもたち。
そりゃいきなり家にやってきて、各自追跡装置(緊急ボタンも付いてる優れもの!)を付けられるし自分達を名前ではなくレッド1~と番号で呼ばれちゃたまったもんじゃない。
私だって子どもたちのように追い出す作戦を立てたくなるってもんです。

軍隊のように皆命令を聞いてくれることはなく、四苦八苦するウルフの姿が何とも言えず可笑しい。
ウルフの口から出てくる言葉は軍隊を意識した内容、赤ちゃんを連れて行くときの格好はまるで戦闘に出動するときのような装備(といっても装備品はほ乳瓶やジュースですが・・・)で、子供たちに対してはすっかり自分の部隊感覚。
でも時々理にかなったことを言うから見ていて憎めない感じです。
しかも長男セスのやりたいことを知った時のウルフの行動は、セスとの誤解を解くことができただけでなくここでも軍隊ぶりを発揮するのがいい感じ。
徐々に子どもたちと理解し合えるようになる過程は見てて安心するし、赤ちゃんに見せるパンダダンスも完璧にこなす姿はほのぼのしくさえも見えます。
(このパンダダンス、ただのダンスじゃありません。どういうことかは見て確認してくださいね~)
今まで教えた訓練から、子供たちがいろんなところで見せる教えられた技にはもう拍手!
いつしか子供たちの良き相談相手、そして父親代わりになっていたウルフ。
笑いもあればホロリとくるシーンもあって、オチも納得する終わり方で非常に満足です♪
プログラムを見つける任務はどちらかと言えばあまり作品の中で重要視されてなく、ウルフのベビーシッターぶりの方に重点を置いてたのが良かったのかもしれない。

ただ劇中に謎の忍者が2人家に侵入してきた時にはちょっとビックリ。って言うか忍者弱すぎ!しかも忍者=アジアって感じ?
洋画ではたまに忍者が使われることがありますが、弱い忍者を見るとなんだか少し恥ずかしくなってくるのは私だけ?!

特典映像では未公開シーンが5つ入っており、NG集、製作の舞台裏(ここでは副校長大活躍ぶりやヴィン・ディーゼルの意外な一面が見れます)を楽しむことができ、より一層内容を引き立ててくれてます。
あまり目立っていない作品ですが、私には面白く見れました♪

スポンサーサイト

「ぐりとぐら」

『ぐりとぐら』 中川季枝子著:大村百合子絵

ぐりとぐら 私が幼稚園の時に読んでいた絵本です。
 『いやいやえん』同様に、すごく気に入っていた一冊です。
 奥付を見てみると、1970年代の発行と記載。
 値段は今の約半分である380円!安っ!!
 ちなみに初版は1963年ですが、今読んでも内容・絵
 ともに全く違和感がありません。
 これが40数年前の絵本?!と反対に驚きです。
その内容のラスト以外を紹介・・・


 のねずみのぐりとぐらは、この世で料理することと
 食べる事が大好き。
 そんなぐりとぐらがかごを持って森の中へ。
 どんぐりを拾って歩いていると、大きな大きな卵が!!
 ぐりとぐらはその卵でカステラを作ることに。

 森の中に大きなフライパンを持ってきてさっそく料理開始。
 その美味しいそうな匂いを嗅ぎつけた森の動物たちが
 どんどん集まってきます。
 そしてみんなで仲良く食べることに。
 そして最後に思いもつかないアイディアが!!
内容をすっかり忘れていた私は、ラストまで読んで
「なるほどね~!」と感心しちゃいました。
今読んでも楽しい絵本です。
森の動物たちと仲良くカステラを食べるぐりとぐら、
そして可愛らしくてワクワクするラスト。

幼児・児童が夢中になって読む気持ちがよ~くわかります♪
そして親が子供に読ませたくなるのも納得。
淡々と描かれてはいますが、私はほのぼのとしてて好きです。
長い間大事に置いてて良かった~(涙)!!

「エアポート'05」 

『エアポート'05』 CRASH LANDING

エアポート ’05

 製作年:2004年
 製作国:アメリカ
 監督:ジェイ・アンドリュー
 出演:アントニオ・サバト・Jr、マイケル・パレ



<簡単なあらすじ>
軍事契約も結んでいる大富豪のデイビスは娘の誕生日に旅行をプレゼント。
そこに護衛として同乗した空軍のジョン・マスターズ。
実はテロリストたちが乗務員になりすましているだけでなく乱気流にものまれ、ある小さな滑走路に緊急着陸することに。
無事テロリストから、そして乱気流から逃れることは出来るのか。

<感想>
娘の誕生パーティに旅行をプレゼント(もちろん泊まるホテルもパパ所有)するところがもう大富豪って感じ。
しかも娘の友達も招待して飛行機をチャーターし護衛までつけるとは・・・。
私にもこんな大富豪の娘と友達になりたいもんです。

しかし映画の最初の方で本物の乗務員たちが何者かによって消されていくのですが、そう簡単になり代わることが可能なんだろうか・・?
乗務員の確認はなし?!普通の旅客機ではなくチャーター便だからといって検査を甘くしすぎでは・・・。
ハイジャック犯たちをいとも簡単に搭乗させてるこの時点でアメリカらしくない気がしますが、映画のストーリーに細かいことを言っちゃ始まらない(笑)。

やっぱりパニック映画はいいもんです♪最後まで画面に釘付けで見てしまいました。
エアポートシリーズはいつも同じ結果のラストなのである意味安心して見れるのですが、やはりこのシリーズの面白さは着陸するまでの緊迫感が重要だと思いますね。
ところどころCG(模型?)って感じがしてちょっといただけないですが、観客を引きつけることが出来る内容となっているので全然OK。
ハイジャック犯たちのレベルも低すぎるが気になりますが、ここは次作に期待したいところです。

この映画を見た一番の理由はマイケル・パレが出演してたからなのですが、昔大好きだった作品「ストリート・オブ・ファイヤー」の格好良さが今でも印象に残ってます。
この映画から20年経ってますが、やっぱり格好良かった~!
昔の名残を残しながらもいい感じに歳を重ねており、見ていて嬉しくなりました♪

スカイ・パニック映画でも有名なこの「エアポート」シリーズ。
シリーズと言っても今までの作品とは関連性がないので、この2005年バージョンだけを見ても全然問題なし!

今日からブログ

このブログでは私が見た映画、そして読んだ小説の感想を
書いていきたいと思います。

通勤途中で小説は毎日読んでますが、それを感想として
活字にするのは難しいもの。
それでも自分の記憶のために更新していきたいと思います♪

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。