TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Silence ~深情密碼~」 #25・#26・#27・#28

『Silence ~深情密碼~』  #25・#26・#27・#28 

Silence~深情密碼~ DVD-BOX II

 製作年:2006年
 製作国:台湾





 出演者:威偉易(ウェイイー) → ヴィック・チョウ(周渝民)
      趙深深(シェンシェン) → パク・ウネ(朴恩惠)
      左鈞(ズオジュン) → アンディ・ホイ(許志安)
      米暁光(シャオグァン) → メーガン・ライ(頼雅妍)
      黄至(イエロー) → ワン・チュアンイー(王傅一)
      胡漢新(ハンシン) → ジン・トン(靳東)
      徐莉(シューリー) → キャロライン・チェン(陳珮騏) 
      左 父(ズオおじさん) → スタンリー・フォン(馮粹帆) 
      萬美如(ワン・メイルー) → ヴィッキー・リウ(劉瑞) 
      威振洋(チー・チェンヤン) → 劉尚謙

※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。 


第25話:報い
これ以上自分を騙し続けたくない戚ママは戚パパに離婚話を切り出す。会社は戚ママ名義、離婚となれば結婚前の資産しか回収できないが、偉易が後継者となれば戚ママの遺言書は無効になると知った戚パパは怒りの矛先を深深へ向ける。一方、左鈞は酔いつぶれる毎日。だが深深の笑顔を見て以前とは違う気持ちになった左鈞は徐莉に今の気持ちを話す。その徐莉は戚ママに会い自分の母親のことを話すがそれを聞いた戚ママは自殺を図り…。

左おじさんは本当に深深のことを思っているんなぁ~。改めて良い人だと感激。左鈞も理解したようだし、左鈞から今の気持ちを聞いた徐莉も…と思っていたら非情にも戚パパにキツい言葉を投げつけられ…、そりゃ復讐心も燃え上がるわけだ。暁光の前にも現れるし…ってか暁光、席を離れる時はパソコン画面を落とさなきゃ~。
左鈞&暁光とは反対に戚パパのえげつなさはどんどんエスカレートしてる(><)。深深が意図あって偉易に近づいたと勘違いしてるし。深深&偉易は幸せに暮らしてるのにどうして周囲がそれを許してくれないのかな。


第26話:人生の暗号
至玲の誕生日に招待された偉易と深深はギブス・火星人に扮し参加。暁光は狩人、イエローはその獲物に扮しそれぞれが楽しんでいた。一方、仕事を辞めることにした左鈞だが徐莉から偉易の病気のことを聞かされいてもたってもいられなくなり偉易のもとへ行くが、幸せそうな偉易&深深を見て何も言えずにいた。だが発作で外に出てきた偉易と偶然会ってしまい…。その後、左鈞は深深と会う決心をし戚パパに辞表を出すが戚パパはある計画を思いつきそれを実行しようとする。

まだ病気のことを知らない深深、偉易は本当に言わないつもりなんだろうか。苦しむ偉易と出くわした左鈞、あなたはいつの間にそんな強い男になったんですか(TT)?暁光も左鈞今は2人に天使の輪が見えます。今の2人には相通じるものが。。。左鈞が海で深深と会って話した時、やっぱり左鈞はいい奴だったと涙がこぼれそうになっちゃった。このドラマを観てて涙が出そうになったのは深深&偉易のシーンではなく威ママと今回の左鈞のシーンかも^^;でも残すところあと2話。きっと深深&偉易のシーンで泣くんだろうな~。


第27話:温かい晩餐
戚パパから言われたことを理由に偉易のもとを去ることにした深深、本意ではないが左鈞のためにはそうするしかなかった。偉易は引き止める勇気がなく実家に帰り一家団欒で夕食をとる。戚パパは偉易に会長の座も財産も全て譲るというが…。会社でストが決行された日、偉易はテレビカメラに向かい戚パパに対しメッセージを送る。テレビを見て憤慨していた戚パパだったがその時左鈞がやってき、偉易の余命のことを知らされ、さらに暁光からは2人のラブストーリーが書かれた記事を渡され…。その後、偉易は母親にビデオレターを残し阿翰に会うため青島へ向かう。

偉易のことを愛してないから出て行くといった深深、でもとうとう戚パパが偉易の余命のことを知りやっと、やっと理解してくれました~(TT)。左鈞が教えなかったらまだまだ卑劣な手を使いいろんなことをしたんだろうな^^;左鈞&暁光も今は2人のことを考えてくれてるし一家団欒シーンをみても威家に一筋の明るい光が見えてる。周囲の雰囲気はどんどん良くなっているのに偉易の命は確実に短くなっていってる…。次は最終回、奇跡は…起こらないだろうな…。


第28話:ラッキースター
左鈞に励まされ青島へ向かった深深、空港には暁光が迎えに来ており阿翰の試合会場に連れて行く。偉易は深深との思い出の教会に行き阿翰の水泳大会を見に行くが激しい発作に襲われ…。一方、深深は偉易の病気や今までの経緯を漢新から知らされる。その後2人は探検に出かけ幸せな時間を過ごすが…偉易はとうとうラッキースターに行ってしまう。偉易からのビデオレターを見た威ママは偉易からあることを託される。

とうとう最終回です。28話は長かったですがかなりハマってしまいました。最終回とあって大体の登場人物が出演したんじゃないでしょうか。最後はやはり涙涙。やっと周囲に認めてもらえ祝福された偉易&深深。これから幸せを掴もうって矢先だったのに偉易はラッキースターへ旅立ってしまいまた。でも最期は幸せだったはず。
ビデオレターに阿翰をよく映してたのはそういう意味があったのね。うん、威ママにとっても阿翰にとってもそれがいいかも^^来世では必ず幸せに!


日本でリメイクされたらどの俳優さんにしてもらうかを勝手に考えてみました。最近の若手俳優さんや女優さんを知らないのでこんな顔ぶれに^^;徐莉演じる陳珮騏はホント菊川怜にソックリ!あまりにも似てるので本人かと思うほどです。
---------------------------------------------------
偉易=堂本光一(髪型が似てるので)
深深=20代の頃の松嶋奈々子(ふとした表情が似てる) OR 仲間由紀恵(髪型が似てる)
左鈞=該当者思い浮かばず。タイプ的に陳小春顔なんだけどな。
暁光=長身でモデル体型にした大沢あかね(なんとなく似てるような気がする)
徐莉=菊川怜(これは本人かと思うくらいおそろしく激似!)
威パパ=50代の頃の中尾彬(なんとな~く)
イエロー=濱口優(ふとした表情が似てる)
---------------------------------------------------
うーん、私って改めて日本の俳優さん&女優さんを知らないと実感しました…。

スポンサーサイト

「Silence ~深情密碼~」 #21・#22・#23・#24

『Silence ~深情密碼~』  #21・#22・#23・#24 

Silence~深情密碼~ DVD-BOX II

 製作年:2006年
 製作国:台湾





 出演者:威偉易(ウェイイー) → ヴィック・チョウ(周渝民)
      趙深深(シェンシェン) → パク・ウネ(朴恩惠)
      左鈞(ズオジュン) → アンディ・ホイ(許志安)
      米暁光(シャオグァン) → メーガン・ライ(頼雅妍)
      黄至(イエロー) → ワン・チュアンイー(王傅一)
      胡漢新(ハンシン) → ジン・トン( 靳東)
      徐莉(シューリー) → キャロライン・チェン(陳珮騏) 
      左 父(ズオおじさん) → スタンリー・フォン(馮粹帆) 
      萬美如(ワン・メイルー) → ヴィッキー・リウ(劉瑞) 
      威振洋(チー・チェンヤン) → 劉尚謙

※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。 


第21話:告白
偉易が飲んでる薬を調べた徐莉は費用は会社の負担で社員の健康診断を実施することを提案する。一方、左鈞の昇進パーティで威パパはいきなり偉易と暁光の婚約を発表。その時、左鈞と一緒に行っていた深深は威パパから話せないことをいいことにありもないことを並びたてられるが、威ママの後押しに助けられ偉易にその場から連れ出されるが…。

偉易と暁光の婚約発表という大事な回だけど、今回の主役は威ママに決定^^威ママは優しく料理も上手、おまけに若くて綺麗ときてる。そんな威ママを苦しめる威パパはゆるせーん!だから初めて夫に自分の意見を言った威ママに拍手をあげたい。深深にも良きアドバイスをしたんじゃなかろうか。頑張れ威ママ!


第22話:諦めてこそ
深深と一緒に歩いていこうと決めた偉易は2人で楽しい時間を過ごす。だが社長の座をおりた偉易は威パパによってクレジットカードも銀行口座も凍結されてしまう。バスケ場でイエローと会った偉易。だが急に倒れたためイエローは自分の家に連れていく。イエローは威易が家に来ていることを暁光に連絡してしまう。

借家を見て2人で色々と将来のことを考える姿を見てると可愛らしくてまるで夫婦のよう^^深深はいつの間にこんなに自分の気持ちをストレートに前へ出すようになったの?これが愛?暁光はもしかして偉易と深深のことを認め始めたんでしょうか。

韓国ドラマって台湾女性にもあるんだね~。知らなんだ(驚)。韓流ブームに乗り遅れさえしなかったら私も今頃イエローのお姉さんのようになってるだろうか…。ってかお姉さん、面白すぎ~。暗くなりがちな内容のドラマに彼女が出てることで一気にその場が明るくなる。いや、明るくなりすぎかも(笑)。


第23話:つかの間の幸せ
暁光は周囲からの助言で自分なりの愛し方に気付き深深に偉易のいる場所を教える。深深と会った偉易はもう1人にしないと約束、命ある限り運命に逆らわないと誓い2人で買い物に行ったり手話を教えたりと楽しい毎日を送るが病気は偉易を待ってくれなかった。一方、これ以上左鈞を苦しめることが出来ない深深は家を出る決意をする。

暁光に天使が降りてきた~。偉易は暁光のことを泣き虫だと言ってたけどホント泣き虫だ^^;偉易、付き合ってる時は暁光のことをちゃんと見てたんだね。偉易を見るとすぐ抱きつく深深は可愛い^^なんだか急に2人がラブラブになっちゃった。でもこの楽しい時間はいつまでも続かないわけで(悲)。いつになったら偉易は母親に病気のことを言うのだろう。


第24話:愛の形
家を出た深深は偉易のところに転がり込み2人の生活が始まる。だが近い将来に別れがくることを言わず独りで苦しみと悲しみと向き合うことに決めた偉易に対し、そんなことに全く気付かず幸せな深深。深深の身辺調査をした威パパは深深の親の名前を耳にした途端、あることを思い出す。

2人の生活は楽しそうだけど足踏みで洗濯するっていつの時代…^^;?2人の楽しい生活と、深深がいなくなり寂しい生活を送っている左鈞を交互に映し出すのって切なすぎ…。一方、家の法律顧問に会った威ママ、何を相談しに行ったんだろう。そして威パパは深深の親を知ってる模様。深深の親に対し恨みを買うなにかをしたんだろうか?

「Silence ~深情密碼~」 #17・#18・#19・#20

『Silence ~深情密碼~』  #17・#18・#19・#20 

Silence~深情密碼~ DVD-BOX II

 製作年:2006年
 製作国:台湾





 出演者:威偉易(ウェイイー) → ヴィック・チョウ(周渝民)
      趙深深(シェンシェン) → パク・ウネ(朴恩惠)
      左鈞(ズオジュン) → アンディ・ホイ(許志安)
      米暁光(シャオグァン) → メーガン・ライ(頼雅妍)
      黄至(イエロー) → ワン・チュアンイー(王傅一)
      胡漢新(ハンシン) → ジン・トン (靳東)
      徐莉(シューリー) → キャロライン・チェン(陳珮騏) 
      左 父(ズオおじさん) → スタンリー・フォン(馮粹帆) 
      萬美如(ワン・メイルー) → ヴィッキー・リウ(劉瑞) 
      威振洋(チー・チェンヤン) → 劉尚謙

※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。 


第17話:運命の答え
ひょんなことから清掃員から会社のイメージや理想像を聞いた偉易は社員が求める会社にしようと左鈞の残業に付き合う。一緒に行った工場で偉易は自ら作業を作業員達と一緒にし平凡な幸せを感じる。一方、戚パパから呼び出された暁光は欲しいものは全力で勝ち取るんだとハッパをかけられ、仕事と称し深深にインタビューし恋愛面に対して辛辣な言葉を投げつける。だが暁光の口から威偉易の名が出て深深は気付く。そして偉易と初めて出会った病院へ向かうが…

やっと、やっと深深が偉易のことを気付いた~(TT)。内容はどうであれ暁光のお陰だね。暁光も深深に対し嫌な女にならなければこんなことにならなかったのに皮肉だ。だけどやっぱりここはドラマ、2人が気付いてもそうは問屋がおろさないってもんです。だってあと11話もあるんですもん。ふふ。次はいつ会えるか運命に任せることにした偉易、そうなんだよなー、ホント時間がない(TT)。深深のことをいつか自分の所へ戻ってくると言う左鈞は深深にプレッシャーというか追い込みをかけてるとしか思えない(><)。しかも最後にあんなことを。
清掃員の女性は面白い^^偉易のことを社長と知らず言いたい事を言う(笑)。でもそれが的確なアドバイスだったりするから偉易はラッキーだったね。生の従業員の声を聞けたんだから。平凡な幸せを感じる偉易。これからもっともっと平凡な幸せをさせてあげたいけどなんせ時間が(TT)。この清掃員があとになって偉易の正体に気付きあためふためく…なんて姿が見たい(笑)。


第18話:遅すぎた再会
深深と偉易の前でわざと車にぶつかった左鈞、心配した深深はずっと看病し続ける。今になって会社での自分の風評や平凡な楽しみ方、そして失恋の痛みを知った偉易は暁光にそのことを告げる。一方、戚ママを病院に連れていった偉易はそこで深深と再開し2人で教会に行く。

せっかく深深が気付いたのに相変わらず進展しない2人^^;深深にずっと看病をさす左鈞はどんどん嫌な男になっていってます…。一途もここまできたらちょっと…。偉易から正直な言葉を聞いた暁光はこれからどうするんだろう。もう邪魔しないのかな?情緒不安定の戚ママを見てると、偉易がいなくなった時どうなってしまうんだろと心配。
清掃員の女性再登場!いいキャラだわ(笑)。ところでヤクルトとワインのようなものを混ぜて飲んでたけどイケるの?


第19話:壁越しの交信
左鈞が偉易の素性を知っていながらずっと隠していたことを知った深深は怒って教会から飛び出す。それを追いかけようとし左鈞は足をすべらせ負っていた傷がさらにひどくなり、看病に疲れきった深深は病院の帰り倒れる。偶然居合わせた偉易により介抱されるが、急に発作が偉易を襲う。一方、戚パパは出張前に青島で偉易の秘書をしてた徐莉を本社に異動させる。

左鈞は一体どこまで深深にしがみつくんだろう。辛い立場の深深、偉易に抱きしめられた時ほんと幸せそうな顔をしてる^^感謝してる人と愛してる人との間で苦しい選択を迫られてる深深は病院にきている戚ママが母親に見えてしまうのですが、戚ママって頼りになるわ~。今のところ偉易の母親とは知らずいるところがとってもドラマっぽいけど^^;ドラマっぽいと言えば徐莉の再登場。またまた何かやらかしそうな顔をしてます…
と・こ・ろ・で、イエローの姉が登場!まさかあの女性だったとは~。ふふふ、この女性が登場すると楽しくなります^^


第20話:あと5分で
左鈞の見舞いにきてた徐莉は同じ病院の診察に来ていた偉ママと出会い意味深な言葉を残して去っていく。左鈞の前から姿を消した深深は秘密基地で偉易と出会うが、偉易に冷たい態度を取られた深深は悲しむ。だが偉易の昔の家の電話番号と今の携帯番号が同じことを知りわずかな希望を持つが…。一方、偉パパは偉易と暁光を無理やり結婚させようとパーティーを開こうとする。落ち込む暁光は電話でイエローを呼び出すが急いでその場に行こうとしたイエローは事故に遭ってしまう。

徐莉の正体がわかったような気がする…。そういう事だったんだ。このドラマは好きな女性のためなら無茶をする男性ばかりだ^^;一生懸命なのに相手には伝わらない。落ち着いたと思ったら周囲が偉易と深深を引き離そうとする。しかも今度は偉パパの策略により強硬手段に出ようとしてる!こりゃ絶体絶命だよ(><)。これからどうなる?

「Silence ~深情密碼~」 #13・#14・#15・#16

『Silence ~深情密碼~』  #13・#14・#15・#16 

Silence~深情密碼~ BOX1 [DVD]  Silence~深情密碼~ DVD-BOX II

 製作年:2006年
 製作国:台湾
 出演者:威偉易(ウェイイー) → ヴィック・チョウ(周渝民)
      趙深深(シェンシェン) → パク・ウネ(朴恩惠)
      左鈞(ズオジュン) → アンディ・ホイ(許志安)
      米暁光(シャオグァン) → メーガン・ライ(頼雅妍)
      黄至(イエロー) → ワン・チュアンイー(王傅一)
      胡漢新(ハンシン) → ジン・トン (靳東)
      徐莉(シューリー) → キャロライン・チェン(陳珮騏) 
      左 父(ズオおじさん) → スタンリー・フォン(馮粹帆) 
      萬美如(ワン・メイルー) → ヴィッキー・リウ(劉瑞) 
      威振洋(チー・チェンヤン) → 劉尚謙

※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。 


第13話:揺らぐ決意
左おじさんが病気だと聞き台湾へ戻った深深。ひょんなことから13年に少年からもらった電話番号が書かれたメモを見つける。勇気をふりしぼってその電話番号に掛けてみるがかからない。一方、偉易は携帯から深深の番号を削除してしまう。左鈞がウソをついていたことを知り青島へ戻った深深、少年のメモを隠していたことでも左鈞を責める。その後左鈞は酔っ払って徐莉を呼び出すが、酔っ払った左鈞の行動を偶然見た深深は偉易に会いに行く。一方、暁光が青島へやってき…。

左鈞のウソをとっさに気付き病気のフリをする左おじさん、優しいなぁ。で、左鈞。ウソはバレるは少年のメモを隠したのもバレるは一度に2つも見つかっちゃったね…。落ち込んで酔っ払うのはいいけど、いくら酔っ払ってたとはいえ深深の前でアレはダメだよ…。せっかくこの13年間を大事にしようと深深は思い始めてたのに(><)。
と思ったら深深、向かう先はやはりそこなのね。この展開、やはりドラマだわ(笑)。しかも偉易相手に13年前の少年のことを話しだす深深。思い出を胸に閉まっておこうと決意した偉易、なんの因果か深深がいつも身に付けてる笛の意味を知ることに。が!その結果、考えた末に偉易が出した結論はそれなの?いいの?本当にいいの?ねぇねぇいいの??

第14話:最後の賭け
空港にいる偉易のもとにやってきた深深は苦しむ彼を抱き止めていたところ、暁光が偶然その場を見ていた。暁光は漢新に会い、13年前の少女の今を知ることに。そして偉易は漢新に誰にも言わないで欲しいと手術を受けることにしたが、漢新は暁光に言ってしまう。

偉易にとうとう自分の気持ちを正直に伝えた深深、よくやった!痛みを堪える偉易の姿は痛々しいけど、そのメールを見て痛みを紛らわす姿は切ない(TT)。
ところで徐莉、何やら威一族に恨みがある模様。なんか怖いです(><)。偉易が暁光と付き合ったきっかけもわかったり、左鈞と暁光も諦めきれずまだまだ頑張りそうな雰囲気。なんだか今回、登場人物たちが動き出した感じでどう感想を書いたらわからない~。とにかく皆それぞれがいろんな主張をしてるもんで大変です^^;

第15話:プロポーズ
諦めない、深深には負けないと偉易との結婚をまだ強く望んでいる暁光だが、それに対し負担、そしてまだ期待を持たしてしまっていると感じた偉易は病院を出て行く。一方、四喜院の起工式をすることになりその場で左鈞は深深にプロポーズ。だが翌日、深深は四喜院を出て行った。2人は一緒にいると思った左鈞は台北に戻ることにした。そして偉易、偶然にも海で溺れている阿玲を助け、兄弟から左鈞と深深のことを聞くことになる。

暁光の男性に対する何気ない仕草、これは友達と言えども男性にするのはマズいんでは?しかもあと余命3ヵ月なのにものすごい独占欲です…。本当に好きなのかプライドからなのか…?なのに期待を持たせてしまってると感じた偉易は姿を消すわけで。それでも追いかけようとする暁光。左鈞といい暁光といい、そう簡単には諦めません^^;深深を捜そうとしていた時に偶然にも台北に転勤になった左鈞。会社は(というより徐莉?)一体何を考えているんだろう?

第16話:幸せの代償
偉易は阿翰に水泳を教えてる時に"責任"を思い出し台北へ戻る。漢新の気持ちを知った暁光だったが、偉易のことを忘れることはできなかった。だが偉易に拒絶され…。そして台北に転勤となり会長に会った左鈞は自分がなぜ台北に異動になったか知ることとなる。一方、台北に戻った偉易は現在左おじさんがしている焼肉丼弁当を買いに行くが…

左鈞、あなたが悪いわけじゃないのよ。これが運命なの(TT)。しかし彼はお酒にのまれるタイプだ^^;お酒で嫌な事を紛らわせベロンベロンになるタイプ?こりゃかなりマイナス点だなぁ。そして阿翰の水泳大会を見に行くと約束した偉易、なんだか約束を果たせない嫌な予感がする…。左鈞に比べあくまでもクールに見える偉易。辛いだろうに"責任"を果たそうとする姿はよいです(TT)。で、父親とのわだかまりはいつか解決するのかなぁ。
余談:威ママ、キティちゃんのピンクのエプロンがとってもお似合いです^^

「Silence ~深情密碼~」 #9・#10・#11・#12

『Silence ~深情密碼~』  #9・#10・#11・#12 

Silence~深情密碼~ BOX1 [DVD]

 製作年:2006年
 製作国:台湾





 出演者:威偉易(ウェイイー) → ヴィック・チョウ(周渝民)
      趙深深(シェンシェン) → パク・ウネ(朴恩惠)
      左鈞(ズオジュン) → アンディ・ホイ(許志安)
      米暁光(シャオグァン) → メーガン・ライ(頼雅妍)
      黄至(イエロー) → ワン・チュアンイー(王傅一)
      胡漢新(ハンシン) → ジン・トン (靳東)
      徐莉(シューリー) → キャロライン・チェン(陳珮騏) 
      左 父(ズオおじさん) → スタンリー・フォン(馮粹帆) 
      萬美如(ワン・メイルー) → ヴィッキー・リウ(劉瑞) 
      威振洋(チー・チェンヤン) → 劉尚謙

※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。 


第9話:やり遂げるべきこと
社長の一存で四喜院の取り壊しは住民が引っ越してからと決まった。だが偉易は仕事に行かず家にこもっていた。そんな時、深深も青島にいることを知り不安になった暁光は黄至に相談するが…。一方、深深はお礼を言うため偉易を呼び出すが突然偉易は姿を消す。偉易は残された人生をどうやって生きるか考え人生の出発点に戻ることにした。

偉易、病名を知ってから人に優しくなってます。誰にも自分の病気のことを言わず一人苦しむ姿は見ていて痛々しい。人の気持ちを分かるようになった偉易は傷つけた相手の気持ちになって1つずつ後悔のないようにしてるような気がするのは気のせい?思うんですが左鈞と偉易、深深さえ関係してなかったら良い友人関係になれたんじゃないかなと。そして!扁豆は仕事を再開できて良かった~。気になってたのよね~^^


第10話:涙のバカンス
左おじさんに会いに行った偉易は左おじさんからアドバイスをもらう。母親・暁光・そして13年前の約束…気なる事を思い出し全ての約束を叶えようとする。まず暁光を旅行に誘い出し病名を言ったうえで婚約を解消しようと申し出る。自分が逝くまで誰にも言わないと約束して。家へ戻った偉易は母親には何を送れば喜んでくれるのだろう考えビデオレターを撮ることにする。その後あの秘密基地に向かうことにした偉易。2006年前で約束を破ったことになるがそこで目にしたのは…

会社の会長って母上のお父様じゃないの~。それならなんであんな傲慢な父親と離婚しないの?って思うところですがいろいろと事情ってのがあるもので…。それよか本当に今までの約束を守るため実行していく偉易。悲しすぎです(TT)。とにかく残された人のために尽力を尽くす偉易。一体いつになたら13年前に約束した少女の正体がわかるのかしら。←こればっかり気になってしょうがない。


第11話:点と線
秘密基地で少女からの手紙を見つける偉易、この13年の間彼女が今までずっと手紙を入れていたことを知り、また当時の彼女の気持ちをも知ることになる。そして蘇先生から彼女と筆談していたノートをもらいある真実を知る。それからというもの青島へ戻った偉易は深深や阿翰たちに優しくなる。楽しい時間を過ごした深深だったが左鈞は帰りが遅い彼女を心配し、さらには偉易のところに乗り込んでいく。

蘇先生、あなたは神だ~(笑)。偉易がやっと、やっと彼女の名前が趙深深だと知った~(TT)。深深が阿翰たちと納品を運んでいる時の偉易、ものすごく良い笑顔!しかし偉易、本当は彼女をぎゅっと抱きしめたいんだよなぁ。自分の事をすぐに言わず韓国焼肉屋に連れていったり火星人の話をしたりして深深に気付かそうとする偉易。勇気を振り絞ってメールまでするけど左鈞が~(><)。今まで左鈞のことを応援していた私ですが、この回から偉易を応援しようかと…^^;左鈞の不安な気持ちは十分にわかる。だってこの13年間、ずっと深深のことだけを見てきたんだもんね。深深が恋していた13年前の少年(しかも今は社長)が急に目の前に現れ彼女に近づいたらおもしろいわけがない。でもね、偉易には時間がないんだよ(TT)。お世話になってる左鈞に対し冷たくできない深深もわかるけど偉易に対し気持ちが揺れ動きつつある。今後どうなるんでしょ。美しい言葉を大声で言いたいと願う深深、きっと叶うよ^^


第12話:届かぬ想い
偉易がまだ暁光のことを愛していると思っている漢新は偉易に手術をすすめる。徐莉の夢を聞いた偉易は彼女に深深を連れ出しある場所に来させる。仕事のアイディアを見てもらうため、そして2006年の擬似体験をするために…。そして深深にキスをし左鈞のことを愛してるのかと聞くが拒否され・・・そして川へ飛び込むが深深に助けられる。一方、左鈞は会社で昇進し業務アシスタントになり、深深と偉易を会わせないために左おじさんが病気だと深深に言い1人台湾へ返してしまう。

この世で自分のために泣く人はもういらないと思う偉易。だけど深深に取引を持ちかける内容がよくない。病気の事情を知らない深深にコレはダメだよ~。でも今からの3ヵ月が全ての偉易はどうしようもないわけで(TT)。徐莉から昇進を聞かされた左鈞、敵のそばにいるのがベストな攻略法、彼を倒したいなら私と組むべきと言われ…。こ、これは一体どういう意味?!左鈞は2人の邪魔をしようとしてるようだけど、結局は無駄に終わろうとするのが目に見えてるだけに切なくなってくる…(泣)。

「Silence ~深情密碼~」 #5・#6・#7・#8

『Silence ~深情密碼~』  #5・#6・#7・#8 

Silence~深情密碼~ BOX1 [DVD]

 製作年:2006年
 製作国:台湾





 出演者:威偉易(ウェイイー) → ヴィック・チョウ(周渝民)
      趙深深(シェンシェン) → パク・ウネ(朴恩惠)
      左鈞(ズオジュン) → アンディ・ホイ(許志安)
      米暁光(シャオグァン) → メーガン・ライ(頼雅妍)
      黄至(イエロー) → ワン・チュアンイー(王傅一)
      胡漢新(ハンシン) → ジン・トン (靳東)
      徐莉(シューリー) → キャロライン・チェン(陳珮騏) 
      左 父(ズオおじさん) → スタンリー・フォン(馮粹帆) 
      萬美如(ワン・メイルー) → ヴィッキー・リウ(劉瑞) 
      威振洋(チー・チェンヤン) → 劉尚謙

※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。 


第5話:希望の光
左鈞は深深のために朝早く1人で病院の予約を取りに出かけるが、偶然知り合った四喜院に住む少年:阿翰の姉:阿玲(この時点ではまだ少年の姉だとは知らない)が不良にからまれているところを助けたため病院に遅れてしまう。一方、観光をしていた深深はバスの中で偶然に偉易と出会い2人で観光に行く。偉易は青島の会社で四喜院に関するある業務を進めていたのだった。

こんな偶然ってある?青島で深深と偉易が偶然バスの中で出会うって?ないよね普通は。今回の青島での再開で深深と偉易の仲がぐっと縮まったような…。左鈞のことをすっかり忘れるところを見ると…やはり左鈞には愛情がないですか、そうですか…。帰りが遅くなって左鈞に責められる深深、この時の言い訳で深深が少しイヤな女に見えてしまった^^;
ところで偉易の秘書:徐莉、ただ単にやり手なのか偉易に気に入られようとしているのか何か意図があるのか、はたまた彼を狙っているのか…まだまだ未知数。その前に深深、自分のことなんだから観光してないで自分自身が早起きして病院に予約取りに行きましょう。


第6話:すれちがい
四喜院で世話になってる深深と左鈞、立ち退き問題で色々ある中、深深と偉易はここでまた偶然出会ってしまう。だが今回は立ち退く側にいる深深、立ち退きを強制している偉易という立場だった。そして深深の治療は四喜院の人たちによって先生の診察を受けることが出来たが治療には時間とお金がかかるとのこと。左鈞は治療費を稼ぐため運転手に応募するがそこは偉易の会社だった。採用になるが四喜院の住民を追い出そうとしている人の所で働くのを反対する深深。左鈞は許してもらおうと情人節の日に深深を呼び出すが、深深の姿は空港にあった。

深深の声は何かのきっかけで突然治ることもあるし一生治らない可能性も…。私の想像ではきっと治る!左鈞が絶対治してくれると信じて。←でもおそらく違うきっかけだと思う^^;
偶然応募した会社が偉易の会社でしかも社長自ら採用!絶対何かある、絶対何か企んでる。きっとそうだ。しかしよっぽど縁があるんだな、深深&左鈞と偉易は。ところで第2話で左鈞が偉易が例の男性だと気付いたと思ってたんですが、この回で気付いたのね^^;そういや偉易、名前を言ってなかったんだ。ってことは深深が知るのも時間の問題?!偉易の母親の状態も気になるところ。


第7話:抑えられない不安
空港で偶然出会った深深と偉易、その後一緒に食事をし四喜院の話になり深深はワインを飲みすぎてしまう。酔いつぶれた深深は壊れた靴を買ってもらい四喜院まで送ってもらうがそれを知った左鈞は不安な気持ちになる。そんな時、四喜院の住民:扁豆に新たな仕事が舞い込む。が、同時に徐莉が作業員を伴い解体工事にやってくる。深深に解体工事を延期してくれと頼まれた偉易は延期を決めるが・・・。そんな偉易、また胃が痛くなり深深に病院に連れていかれるが、そこで旧友である医者の漢新に出会い検査をすることになった。

偉易は四喜院で暮らす兄弟を見て考えが変わったよう。でもおそらく深深と出会ってなければ四喜院の住民を見ても資料を見ても考えは変わらなかっただろうなぁ。深深と出会ってから少しずつ変わってきた偉易。その情が今までとは逆の意味で仕事に影響しなければいいけど…
そしてやっと検査を受けたわけですが結果が気になる~。も1人気になるのは徐莉、何かしでかしそうでコワい…。こやつは悪い顔だ~。


第8話:思いもよらない報告
扁豆の仕事を手伝うため四喜院で暮らすことになった深深&左鈞。仕事も順調に思われたが四喜院を出て行った小紅に徐莉が近づき大金を渡しあることを頼む。そんな時、扁豆と仕事場が何者かに襲われ扁豆は怪我を負い、さらに小紅に酷いことを言われた阿翰&阿玲兄弟は四喜院を出ていく。小紅が偉易の会社からお金を貰ったことを知った深深は会社に乗り込むが…。そしてその後、偉易の病名が判明する。

不意打ちでキスしようとした左鈞、深深にあんな顔されちゃ辛いよね。左おじさんから「左鈞のこと好きか?」と聞かれ「好き」と深深が思わず言ったのを陰から聞いていた左鈞。当然両思いって思うよね。でも深深の行動から不安になるばかり…。時々深深の態度が腹立たしいよ。
それよか深深は13年前の少年の名前ちゃんと覚えてたんだ!ってか偉易とあんなに頻繁に(殆ど偶然だけど^^;)会ってるんだから名前ぐらい聞こうよ~(><)。そしてとうとう…偉易の病名が末期の肝臓がんと判明しました…しかも余命三ヵ月。深深に言われたキツイ言葉を思い出してしまいます。互いに惹かれあいつつある2人なのにどうなるんでしょう。一体いつになったら2人は13年前の少年少女だってわかるのかなぁ。偉易の病名に気がいって忘れてた!扁豆の仕事はどうなったんだろう?

「Silence ~深情密碼~」 #1・#2・#3・#4

『Silence ~深情密碼~』  #1・#2・#3・#4 

Silence~深情密碼~ BOX1 [DVD]

 製作年:2006年
 製作国:台湾





 出演者:威偉易(ウェイイー) → ヴィック・チョウ(周渝民)
      趙深深(シェンシェン) → パク・ウネ(朴恩惠)
      左鈞(ズオジュン) → アンディ・ホイ(許志安)
      米暁光(シャオグァン) → メーガン・ライ(頼雅妍)
      黄至(イエロー) → ワン・チュアンイー(王傅一)
      胡漢新(ハンシン) → ジン・トン (靳東)
      徐莉(シューリー) → キャロライン・チェン(陳珮騏) 
      左 父(ズオおじさん) → スタンリー・フォン(馮粹帆) 
      萬美如(ワン・メイルー、威偉易の母) → ヴィッキー・リウ(劉瑞) 
      威振洋(チー・チェンヤン) → 劉尚謙

※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。 


第1話:宇宙からの約束
深深と左釣は父親が昔の仕事仲間だったため幼い頃から知っていた。2人で授業をサボったある日、事故に巻き込まれ深深は声を失ってしまう。いつか宇宙人の友人が孤独から救ってくれると信じ病院の秘密基地にメモを残した。すると火星人と名乗る少年から返事がき、いつしか交流が深まるように。相手に伝えたいことを書いて秘密基地の穴に入れ、2006年になったらその手紙を開けようと約束するが、その後すぐ少年は転院することになり離れ離れになってしまう。そして現在…2人は出会う。だがお互い13年前の子だとは気付かない。深深は左親子と一緒に台北での新しい生活に向けてスタート、少年はロンドン帰りに社長となり次々と社員をクビにしていた。その1人が左主任。そう、深深がお世話になっている左おじさんだった。それを聞いて頭にきた深深は社長に直談判に行く。

病院の先生、良い人だなぁ。そして左親子。深深に対し責任を感じる部分もあるかもしれないけどそれだけじゃない。左釣は彼女に何かあればすぐにどこにでも行けるようホイッスルを渡すほど。愛情が感じられます。なんて良い親子なんだろう(TT)。おじさんは自分がクビになっても深深の病気のことを気にかけてる。ここまでよくしてもらって左おじさんにはどうお返しすれば?なんて考えてる深深。
でもよ、これはドラマ。偶然にも13年前のあの少年と出会ってしまう。しかも2人はまだ子供の頃のあの子だとは気付いてないときてる。今度いろいろとあるに違いない!しかも彼には彼女がいる模様。そうとは知らず彼(=社長)に復讐しようとする深深、一体どうなる?


第2話:正しい選択
偉易(=社長)に山奥に連れてこられた深深だったが置き去りにされ1人で帰るハメに。その後、偉易が向かった先は彼女である暁光のもとだった。戻った深深は携帯を偉易の車の中に置き忘れたことに気付き翌日会社に乗り込もうとするが入れてもらえず、駐車場で車周辺にいると泥棒と間違われる。そこに偉易が現れ深深の元カレだと言い釈放されることに。威偉易は暁光と一緒にいる時なぜか13年前の少女との約束を思い出す。だが暁光に乗せられ彼女と婚約することになったがどこかためらいがある偉易。13年前の少女からの返事が気になっているのであった。一方、深深は13年前にお世話になった蘇先生に偶然出会う。そして昔入院していた病院へ送っていくことに。そこに13年前の少女を忘れるため偉易も偶然やってき…

山奥で深深の顔を見た時、偉易は気付いたか?と思った^^;っていうか思い出そうよ(笑)。この2人より、夜までずっと深深を捜し続ける左鈞の深深を想う気持ちの方がぐっときちゃう。個人的に周渝民より許志安の方が好きだからしょーがないといっちゃしょーがない。威偉易の家庭もなんか複雑そうだわ。父親は暁光のことは気に入ってるみたいだけど?
それよか左鈞があのことに気付いた!気付いちゃったよ~(><)。ああ、こりゃ複雑だ。でもなんで都合よくさり気なくあんな所に例のアレが?!まぁいいっか(笑)。いや~、第2話の終盤ですでにドキドキしちゃいました。


第3話:傍にいる人
病院からの帰り道、車が故障したという偉易に出くわし深深は乗せていくことに。偉易は今から婚約式だったのだ。だが深深が送ってきたことを知った暁光は複雑な気持ちに。さっそく深深が店を出してる所に行き、お礼を言いたいと左鈞から住所を聞き出す。深深が偉易を車に乗せて送ったという事を聞いた左鈞もまた複雑な気持ちに…。店で出してるミートソースのスパゲティが美味しくないと言われ、深深は母親が作ってくれてた韓国の焼肉丼を試行錯誤しながら研究し続ける。左おじさんの誕生日、深深が夜遅くコンビニに行くがなかなか帰ってこない。心配になった左鈞は捜しにでる。一方偉易は帰り際、胸が苦しくなりその様子をみた深深は…

左親子っていいなぁ。優しいしほのぼのしていて何が一番って深深のことをとっても大事にしてくれてる。お願い深深、この親子を悲しませることはしないで~(><)。そして左鈞、深深のことが好きすぎて絶対に嫌な奴にだけはならないで~。
しかし深深と偉易は偶然出会うことが多い。これも運命といったらそうなのかもしれないけど(笑)。そしてすれ違い(入れ違い)も多い!まさかこれも運命?!ところで暁光といっしょにバスケをしている男性、一体何者なんだろう。焼肉丼にはうるさい偉易は昔の家の電話番号も携帯番号にしてたり13年前の約束に対し重症です…


第4話:忘れられない味
左鈞がいない所で左おじさんから左鈞のことをどう思うか聞かれた深深、つい好きだと答えてしまったが心の中では13年前の約束を忘れられずにいた。偉易は薬のお礼に深深を呼び出し会話は筆談ですることに。この筆談にどこか懐かしい覚えがある2人。一方、左おじさんに退職金は入り、声を取り戻すため名医がいる青島に行くよう深深に勧める。そしてもう一方、秘書に買いに行かせた焼肉を食べた偉易は気付いた。これは13年前に食べた焼肉丼だと。翌日その屋台に行ってみると、そこには自分がクビにした左おじさんがいた。青島へ行った深深と左鈞、病院に行ってみると超混雑しており診察は来年の2月になると言われる。

深深の焼肉丼、とうとう繁盛し始めた~♪偉易の海外赴任が決まりもう会えないと思ってる2人はどこか複雑な感じ。でも意外と別れ際はスッキリしてたり^^;
しつこい感想だけど、入れ違い多すぎ(笑)。ここまで多かったら今後もまだまだ入れ違い続きそう。。お願いドラマの神様、深深と左鈞の今の関係を壊さないでください~(><)。といっても壊すんだろうな…じゃなきゃあと24話も続かないもんね(笑)。そして青島で偉易の特別秘書として徐莉がついた。なんだか波乱がありそうな予感…
余談:今更だけど13年前の子供時分、ほんのひととき一緒にいただけで大人になった今でもずっと想い続けてるってこと、あるのかな?

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。