TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ERⅩ 緊急救命室」VOL.3

『ERⅩ 緊急救命室』 #206・#207 

ER 緊急救命室 X<テン> セット
  製作国:アメリカ







※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。


第5話:アフリカへの思い
ルカがERに復帰した日、新しい看護婦もやってきた。アビーは医学部に復学し看護師と掛け持ちして外科のローテに入ることに。アフリカで1日18時間働いていたルカはERで1日12時間働くことを自分で提案。稼げるだけ稼いで2ヵ月後にアフリカに戻る予定だという。一方、エリザベスはある事実を知ってしまう・・・。

第6話:「より良き選択」
無駄がなく迅速に治療をするルカだったが、病院側の方針には反するもの。ルカのやり方に不満があるプラットとルカの板挟みになったニーラはルイスに助言を仰ぐが・・。一方、スーザンは自殺するかもしれない老人が心配で何かと世話を焼く。
やっとルカがERに帰ってきた!私自身も久しぶりにERを見たからなんか不思議な感じ。
Ⅹから新しい仲間が増えており、今回はサム。ハキハキしてて威勢がいい!のちのち何らかの形でクローズアップされそう。反対に新人先生のモリス、なんだかこうなる予感はしてたんだ・・・。
それはそうとアフリカから復帰したルカ、迅速にテキパキと仕事をこなすのはやはりアフリカから得た教訓からなんだろうな~。
そしてこの5話ではソーシャル・ワーカー役で『LOST』のジンが登場してる!調べてみたらこのダニエル・ディ・キムさん、アメリカドラマにはよく出てる俳優さんだったのね~。

6話では、早産しかけている女性や施設に入っている青年のことでルカは周りと対立することに。それなのにサムの子どものことで、サムにゴタゴタ言われちゃルカもヘコむよなー。
アビーに対するロマノの毒舌も絶好調だけど、いつまでこの毒舌は続くんだろう・・・。

スポンサーサイト

「ERⅩ 緊急救命室」VOL.2

『ERⅩ 緊急救命室』#204・#205 

ER 緊急救命室 X<テン> セット
  製作国:アメリカ






※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。


第3話:愛しのアビー
新人レジデントがERにやってきた。そしてルカがアフリカから帰ってきたものの、ルカと話がしたいアビーはいつもの如く患者たちの相手でてんてこまい。さらに看護師たちの不満も聞かなきゃならない。カーターからの手紙を受け取ったアビーだったがそこには何が書かれてるのか。

第4話:ままならぬ夜
ERに慣れてない新人だらけの中でプラットは大忙し。ニーラはチェンに意地悪されてると思い、直接話しに行くが・・・。
看護師のアビーは辛い立場だなー。しかしプラットのチェンに対する発言はいかがなもんだろう。ここまでストレートに言われたらたまっちゃもんじゃない。
第4話ではコーデイ先生のセクシーシーンがちょっと見れる!思ってたよりもセクシーなんでびっくりした・・・。
女の医学生には厳しいチェンだけど、ニーラも気が強そうで今後も何かしそうな予感。このERで働くには気が強くちゃやってけないだろうな。

ERは緊急なのに何時間も待たされて怒りがおさまらない患者やその家族。確かに緊急にみてほしいからERにくるのに14時間もほったらかしじゃたまんないだろうな。超緊急の患者を診ていくとそうなるのが仕方がないけど、もっとスタッフを増やせないのかね(これはいつも問題になってるんだなー)。実際のERもこんなにてんてこ舞いなんだろうか。っていうか前から思ってたんだけどER内で音楽かけるのってあり(笑)?

「ERⅩ 緊急救命室」VOL.1

『ERⅩ 緊急救命室』#202・#203 

ER 緊急救命室 X<テン> セット
  出演:ノア・ワイリー(ジョン・カーター)
      モーラ・ティアニー(アビー・ロックハート)
      メキー・ファイファー(グレゴリー・プラット)
      アレックス・キングストン(エリザベス・コーデイ)
      ゴラン・ヴィシュニック(ルカ・コバッチュ)
      シェリー・ストリングフィールド(スーザン・ルイス)
      ミン・ナ(ジン・メイ・チェン)
                    シャリフ・アトキンス(マイケル・ガラント)
                    パーミンダ・ナーグラ(ニーラ・ラスゴートラ)
                    リンダ・カーデリーニ(サマンサ・タガート)
                    ポール・マクレーン(ロバート・ロマノ)
                    ローラ・イネス(ケリー・ウィーバー)

※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれます。


第1話:混乱と悲しみと
コンゴから戻ってきたカーターはすぐアビーの元へ。しかしアビーが発した言葉とは・・・。そしてER(カーター宛)に国際電話がかかってき、その内容とは?

第2話:失われた友を求めて
この2話ではコンゴが舞台。
再びコンゴへ向かったカーター。そこでコンゴの状況、ルカの行方を知ったカーターは・・・。
現在NHKでシーズンⅩを放送しており、Ⅸの途中(ちょうど真ん中あたり)までしか見てなかった私はレンタルショップに行きテレビ放送してる回まで借りてみることに。そしてやっと、やっとⅩまできた!以前NHKで第2話を見た時になぜコンゴにいるのかちんぷんかんぷんだったのが、ここまできてやっと納得。

第1話では、新たにニーナという研修生がやってくるのですが、やはり最初は何か見落とすことはあるもの。しかしERだけに人の命に関わることだけあってちょっとしたミスが後まで響くことがあるのは仕方がない。ニーナに対するプラットの優しさは医学生にとってはとてもありがたいものだけど、この優しさが後にいろんな意味でどう影響するのかが心配。だって既にジン・メイに影響が・・・。
一方、カーターのコンゴ行きはアビーには未だ納得が行かない様子。うーん、この回を見る限りではちょっと厳しすぎるんでは?アビーよ。

第2話ではERを離れてコンゴ。
なんだか今までのERとは違って戦争が絡む重々しいストーリになってる。家族を亡くしてから神を信じなかったルカが急に祈りはじめたのにはどんな心境の意味が込められているんだろう?
で、カーターは今後どうなるの??

いつのまにかERーXが・・・

土曜日、久々に夜更かしをしてて1時頃NHKをつけてみると何かアフリカを舞台とした映画が。
なんの映画だろうと見てるとどこか見た顔の俳優さん・・・。もしかしてルカ?しばらく見てると今後はカーターが登場。この2人の登場といつのも声優さんってことはもしかしてER??そう、アフリカ映画だと思ったこの放送は紛れもなく『ERX 緊急救命室』
私はIXの途中までしか見ておらず、続きを見なきゃ見なきゃと思ってるうちにいつのまにかXがTVで始まってたなんて・・・。毎日新聞のテレビ欄をチェックしてたのにと思ってたら先週は旅行中だった・・・。旅行も楽しかったけどこれは後悔だわ。
今回はXの2回目らしく、しかも途中から見たのでルカとカーターがなぜコンゴにいるのかが全く不明。そしていつものERとは違い戦争もからんだ重々しい雰囲気の模様。
このXではコンゴが舞台なのか?と思ってたら次回予告でいつものERの様子が映ってました。どうやら一時的にコンゴに行ってる感じ。カーターとアビーは一体どうなってるの?ER内にも知らない人がいたけど誰?なんて疑問が!!ネットでコンゴに行く経過を調べようと思ったものの、今までのは早急にレンタルしようと思っているのでグッと我慢の子。

ERは好きな海外ドラマベスト3に入るほど好きだったのにすっかりXの事は忘れた私。自分で自分に喝を入れたいほど自己嫌悪ですわ・・・。我が家では民放だけしか見れないのでTV放送を見逃すとあとはレンタルのみ。そろそろ有料チャンネルを導入しようかなとしみじみ思っちゃいました。
とにかく次回放送までに今までのをレンタルしなきゃ!!

「プリズン・ブレイク」

『プリズン・ブレイク 第1話』 PRISON BREAK

プリズン・ブレイク vol.1
  製作年:2005年
  製作国:アメリカ
  出演:ウェントワース・ミラー(マイケル・スコフィールド)
      ドミニク・パーセル(リンカーン・バロウズ)
      ロビン・タニー(ベロニカ・ドノヴァン)
      サラ・ウェイン・キャリーズ(サラ・タンクレディ)




「ファンタスティック・フォー」のDVDを借りたら、そこにタイムリミット・サスペンス「プリズン・ブレイク」第1話が特別収録されていたので簡単なあらすじと感想を。

副大統領の兄弟を殺し5月11日の死刑を待つ身のリンカーン、自分は何もしておらずワナにはまったと訴えるのを聞いた弟のマイケルは、兄リンカーンを助けるためにわざと銀行強盗を起こしてフォックスリバー刑務所へ。リンカーンの犯行を示す証拠があっても兄の言葉を信じて疑わないマイケル。一方でシークレットサービスも動いており、何やら深い陰謀がありそうな雰囲気・・・。

まだ1話しか見てないので何とも言えませんが、いきなり刑務所の中です・・・。
兄リンカーンがなぜ刑務所に入ることになったのかの詳細は、きっとこれから徐々に出てくるんでしょうね。
シークレットサービスの動きもまだまだ序幕って感じですが、今後の動きには要注意ってとこかな。
刑務所の中でマイケルの助けになってくれそうな人物もなんとなくわかるような気はしますが、「24 -TWENTY FOUR-」のように超身近な人物が敵だったってこともあるのでまだまだ油断は禁物!
しかしマイケルの考える脱獄計画、大丈夫なのか?!体に入れた刺青の意味を知ったときはかなり驚きましたがこれって可能なのか?!
これからどんなふうに進んでいくのかが楽しみです♪

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。