TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スーパーナチュラル」シーズン2 Vol.11

『スーパーナチュラル シーズンⅡ』 SUPER NATURAL #22

SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン) コレクターズ・ボックス2

 製作:2006年~
 製作国:アメリカ





※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれてます。


第22話:選ばれし者たち(後編)
世界にとてつもないことが起ころうとしている。たった1人に戦士にジェイクが選ばれた。悪魔はジェイクを使って何をしようとするのか。一方愛するものをことごとく救えないことを嘆くディーン、今後何を支えに生きていったらいいのかもわからずにいた。だがディーンはある決心をする。
エレンが生きてた!そしてアッシュが残してくれて物からある場所が浮かび上がるわけで。
例の銃も再び登場し、懐かしい人物まで登場。その割にはあっけない・・・。黄色い目の悪魔はこれで本当に終わったの??
でも確実にまだまだ謎は残ってます。人が変わったかもしれないサム、そして悪魔と取引をしたディーン、サムの今後の役目とは。そしてこれからが戦争の始まり・・・。
ってシーズンⅢはいつから観れるのかな~??

スポンサーサイト

「スーパーナチュラル」シーズン2 Vol.10

『スーパーナチュラル シーズンⅡ』 SUPER NATURAL #20・#21

SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン) コレクターズ・ボックス2

 製作:2006年~
 製作国:アメリカ





※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれてます。


第20話:もう1つの世界
願いを叶えてくれる精霊ジンのアジトに1人で行ったディーン。目が覚めると知らない女性が横で寝てるだけでなく、母親も生きており、父親は脳卒中で亡くなっていたがごく普通の一般家庭の中にいたさらに幼少の頃、火事も起こっていなかった。違った世界に入り込んだディーンはジンについて調べることにしたが、そんな時白いドレスの女性が現れる。

第21話:選ばれし者たち(前編)
あるCAFEでサムが忽然と姿を消した。ゴーストタウンで目を覚ましたサムはアンディ(シーズンⅡ#5「悪魔のささやき」で登場)とエバ(シーズンⅡ#10「悪魔の計画(「遺言」」で登場) 、ジェイク、リリーと出会う。悪魔によってここに連れてこられ、世界を終わらせるために選ばれた者たちだけが集められたと言うサムだったが・・・。一方、ボビーやアッシュの助けを借りながらサムを探そうしロードハウスに行くが、そこには変わり果てた店しかなかった。
愛するものが生き返ったり、恐ろしい出来事がなくなったり、自分がそうであって欲しいと願う世界がいきなり目の前にあらわれたら?
疑問に思い質問ばかりするディーンに対して誰もが「飲んでるのか?」と聞くほど180度変わってしまった生活。
父親は亡くなっていたけど、写真の中ではサンタの帽子をかぶりとびっきりの笑顔。ジェシカも生きておりロースクールに通っているサムと付き合っている。ディーンにも彼女がいて、皆で母親の誕生日を祝うというごく普通の生活をしており狩りも戦いも何もない新たな人生を歩んでいこうとするディーン。ただサムとの関係は冷え切っており、さらに父親とサムとで解決したはずの事件が全く解決してないという現実(ん?別世界だから現実じゃないか^^;)。なんとしても夢から覚めようとするディーンは・・・。
願いを叶えてくれるなんてなんと嬉しい精霊かと思いきや、何世紀も人間を餌食にしている!それにしては最期があっけないような気も。自分の幸せか、救えるはずの人たちの命が大事か。夢の中での家族の最後の言葉が泣けてくる~。

21話:選ばれたのは皆サムと同じ23歳で同じ境遇、さらに特別な能力を持ってる者たち。
サムとエバは予知夢を見る、アンディは人を自由に操れる、リリーは誰かに触るとその人の心臓が止まる、ジェイクはとんでもない力持ち、そんな5人が集結するのですが、サムはみんなをまとめようと頑張ってる!そんな時、黄色い目の悪霊が現れあることをサムに告げる。
ああ、これからサバイバルゲームが始まろうとしている~!やるかやられるか、生き残るのは一体誰。
黄色い目の男は他にもいろんなヒントをくれてる。軍隊は間もなく完成するだとか他の世代にもリーダーがいるとかなんとか・・・ってことは後々サムのような能力を持った違う世代の者たちが登場するのか?!後編で黄色い目の悪霊とは決着がつくのか?
その前にサムは大丈夫なのか心配。そしてアッシュ、あなたのステキな髪型はもう見れないの~(><)?

「スーパーナチュラル」シーズン2 Vol.9

『スーパーナチュラル シーズンⅡ』 SUPER NATURAL #18・#19

SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン) コレクターズ・ボックス2

 製作:2006年~
 製作国:アメリカ





※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれてます。


第18話:ハリウッドの亡霊
撮影場で幽霊が出ると噂されてる「呪われたセット」、そこで演技練習していたタラはスタッフの死体を発見する。タラは幽霊も見たといい、その後同じスタジオでまた死人が出た。調査のために映画スタジオにやってきたディーンは制作助手に間違われるが、そのままなりきり幽霊について調査を続ける。

第19話:脱獄
ある刑務所で、閉鎖した独房を再び開けた時から服役者や看守が死亡する事件が続いた。殺人容疑でFBIに追われてる身でありながら、調査するためにわざと捕まり刑務所に潜入するサムとディーン。いざこざを起こし独房に入ったとたん、すぐさま事件が始まる。時間がない2人は弁護士と面会した3時間後に脱獄した。
この撮影スタジオにやってきて、スターに会えるんじゃないかと浮かれ気分のディーン、映画にかなり詳しいみたいだけど、狩りで忙しい身なのに一体いつ観てるんだろう。サムとコンビを組むまでは比較的ヒマだったとか^^;
しかもサムは制作助手にかなりなり切ってて楽しんでる♪狩りをしてなかったら映画の世界でやっていけそう。

作品中に、いろんな映画名や俳優名が出てくるので、映画や音楽に詳しい人は結構楽しいかも。中にはパロディったのもあるし。ちなみに私は詳しくないので「誰?何?」ってな感じでした^^;
16、17話が切ない話だったのに対し、18話はユーモアがあって面白い。結局このスタジオに来て1番得をしたのはディーンって感じ^^

19話では、多少の危険は覚悟の上といっても、FBIに追われてる身でよく刑務所に入ったなと感心。それもそのはず、昔父親の命を救った男性ディーコンからの頼みだったから。借りた恩は必ず返すという信念は素晴らしいけど、どうやって脱獄するの?大丈夫なのか?!と思っていたら、なるほど、最初からそういう計画だったのね~。

ずっと2人を追っていたヘンリクセン捜査官はまたもや「チクショー」って感じでしょうか。
ダニエルズという女性捜査官(多分)は、2人の過去の事件に矛盾点が多いことが気になっており、事件の裏に何かあると思っているようでこの捜査官2人はまた登場するだろうな。
脱獄したことによってますますヤバイ立場になったサムとディーン、今後は派手な調査は出来ないはずだけど、きっとまた何かやらかしてくれるはず。

「スーパーナチュラル」シーズン2 Vol.8

『スーパーナチュラル シーズンⅡ』 SUPER NATURAL #16・#17

SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン) コレクターズ・ボックス2

 製作:2006年~
 製作国:アメリカ





※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれてます。


第16話:死へのドライブ
山道で迷った車が人を轢きそうになり、避けようとして事故に遭う。乗っていたのは夫婦だったが、事故後に夫が消えてしまった。15年前にこの道路でなくなった男性グリーリーが、命日の晩に現れるという調査でこの場に来ていたサムとディーンは、女性と一緒に夫が消えた車の場所に行くが車自体がなくなっていた。3人はグリーリーの死体を除霊するため捜そうとするが・・・。

第17話:狼男
弁護士が心臓を抜き取られ死体となって発見された。同じような事件が数件起こっており、全て満月になる週にだった。死体発見者で秘書のマディソンから事情を聴くサムとディーンは、秘書が元カレからストーカーに遭ってあり、弁護士との仲を疑ってることを知る。元カレを調査する2人だったが・・・。
この世に何か未練がある霊は現世から離れられず、同じ過ちを何度も繰り返すというのはよく言われますが、このことを踏まえると途中から真実はわかってくるかも。(勘のいい人は最初の段階でわかる?)
今回はいつも登場するような霊ではなく、悲しい霊です。霊に新たな旅立ちをさせることもサムとディーンの仕事なんだな~。現世から離れた霊が行く未知の場所、これだけはサムとディーンにもわからない。

18話:昼は人間で満月の夜に狼になるという映画の中でしか観たことがない狼人間と対決できるということがディーンには嬉しいらしい。
優しいサムは狼人間を殺さず解決したいと考え、父親が残した手帳(この手帳、久々登場じゃない?)に書かれている解決法を実行するもそう上手くいくはずはなく・・。
この18話ではサムの恋愛にまで発展するのですが、サムとディーンの2人が涙を流す結果に。私まで目頭が熱くなった~(><)。

サムとディーンがじゃんけんをするシーンがあるんですが、このじゃんけんは初めて見た!これはアメリカ式?それとも地域性があるのかな。2人だけのやり方だったりして(笑)。

「スーパーナチュラル」シーズン2 Vol.7

『スーパーナチュラル シーズンⅡ』 SUPER NATURAL #14・#15

SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン) コレクターズ・ボックス2

 製作:2006年~
 製作国:アメリカ





※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれてます。


第14話:覚醒
1週間連絡がつかず行方不明状態だったサムからディーンの携帯に連絡があり、急いでサムのいる場所へ駆けつけると血だらけになった服を着ているサムが呆然としていた。自分の血ではなく、さらに何があったのかまったく記憶がないと言う。人を傷つけたんじゃないかと心配するサムだったが、調査していくうちに記憶がない間のサムの行動は、普段では考えられないようなものだった。そしてハンターであるワンデルの死体を発見した2人、防犯カメラを見たサムは愕然とする。

第15話:呪われたキャンパス
アーサー・コックスという教授が家へ帰ると女子学生が待っており、気軽に中に入れるがその後教授は飛び降り自殺をした。調査するサムとディーンはその大学には教授に捨てられた女学生の幽霊が出るという噂を突き止めるが、その後奇妙な事件が起こった。前回お世話になったハンターのボビーに助けを求めるが・・・
記憶がなくなったサムの1週間を調べる2人なのですが、タバコを吸ったりお酒を飲んだりと普段のサムとは全く別人。だけどサム自身が憎悪という感情が最近抑えられなくなっており、自分が犯人だと信じてる様子。
弟を守ってみせるというディーン、いつかは兄を殺してしまうんじゃないかと恐れ、その前に自分を殺してくれという弟。
結局は・・・なんか過去にも同じようなシーンがあったような。と思ったら同じ悪魔だった!次もしまたサムが別人になったら・・・あ~考えたくないけど絶対またありそう。しかも今度は・・・(><)

15話のオープニングは面白い!今までの互いに仕向けたイタズラや罵倒の数々♪何か物語を暗示してるのか?と期待しながら観ちゃいました。
どんなイタズラを仕掛けるのか楽しみにしてたのですが、どうやら今回は互いの回想録がターゲットになってるらしい。これもちゃんとしたストーリーの一つ。うーん、2人のイタズラじゃないのが残念というかなんちゅーか。
なんだかんだといってこの2人の会話、カップルみたいに感じるのは気のせい?呆れるボビーの気持ちの方が理解できた15話でした。でもラストが嫌な感じ・・・。

「スーパーナチュラル」シーズン2 Vol.6

『スーパーナチュラル シーズンⅡ』 SUPER NATURAL #12・#13

SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン) コレクターズ・ボックス2

 製作:2006年~
 製作国:アメリカ





※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれてます。


第12話:豹変(再戦)
宝石店で、仕事仲間から慕われていた買い付け主任が強盗事件を起こした。ある銀行では勤勉な従業員が事件を起こすが、2人とも帰宅して自殺するという同じ行動を。調査で銀行の警備員から興味深い話を聞いたサムとディーンは、シェイプシフター(シーズン1,Vol.3 第6話にも登場)だと断定。次に事件が起こりうる現場に行くと、そこにはあの警備員がいた。

第13話:復讐の天使
ロードアイランド州でテレビを見てた女性グロリアがその後殺人を犯す。サムはグロリアが監禁されてる病院(?)に潜入して話を聞くと「神のご意思」だと言う。しかも神の使者である天使が来て、グロリアは神の代わりに悪い奴を倒したと言う。一方サムに外出禁止にされてるディーンはグロリアは神の名で人を殺してると、自分が見たことがない天使の存在は信じない言い切る。しかし同じような事件が続き、サムの前にも天使が現れた。
警察に追われてるディーン、事件を解決しても警察からどうやって解決するのか?!
今回は2件の事件の登場人物は出てきません。銀行の警備員に焦点が当たってるからかな。この警備員がなかなかのオタク(?)で、的を得てるんだけど素人ということで熱くなりすぎたような。
そしてFBIはサムとディーンのことも知ってる様子(このFBI捜査官は要チェック)。サムとディーンは今後やばそうな予感・・・。

ところでディーンがやってる「魔法の指」って?マッサージのようだけど、これってベッドから体全体に振動があるのかな?アメリカのモーテルにはこんなベッドが付いてるの?リズムベッドみたいな感じ??うーん、気になる。

毎回思うんですが、外国って上下に開閉する窓が多いですよね。日本でもあることはあるけど。これって怖くないですか?急にドンって落ちてきそうな・・・。外国ホラーで窓から顔を出してると、開けてる窓が急に落ちてきて頭が刎ねるってシーンがあったのが印象的で(怖)。窓ギロチンのイメージが強すぎてどうもこの窓は苦手だ・・・。

13話では天使を信じるか信じないか。これは微妙なところ。小説や映画に出てくる天使や小悪魔は好きだけど、架空だと思ってるから面白く楽しめるわけで。
反対にUFOや異星人は信じてる私^^科学では証明されないことでも地球人に通用しない科学があるんじゃないかと思ってたり。
人間ではなく天使のような別の大きな善に守って欲しいというサム、なんとなくだけど自分に課せられた運命を誰かに、兄ではなく絶対的なものに守って欲しいという気持ち、わかるような気がする。
ご先祖様に守っていただいていると信じてる私はやっぱり日本人的^^;

「スーパーナチュラル」シーズン2 Vol.5

『スーパーナチュラル シーズンⅡ』 SUPER NATURAL #10・#11

SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン) コレクターズ・ボックス1

 製作:2006年~
 製作国:アメリカ





※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれてます。


第10話:悪魔の計画(「遺言」)
スコットは1年前から偏頭痛が始まり、その後触っただけで感電させられる能力がついた。そして夢の中に現れる黄色い目の男がいろいろ命令するという。黄色い目の男は計画があるらしいと医師に話した帰りに刺殺されてしまう。一方ディーンは父親が死に際に言った言葉をサムに話してしまい、今は狩りは止めておこうと言うが、サムは自分自身の問題解決のために1人で行動する。自分のような超能力者を探していたらスコットに行き当たった。その時、ディーンを夢で見たという女性エバが現れるが、サムはなぜかヴァンパイアハンターのゴードンに命を狙われる。その後エバが行方不明に。

第11話:禁じられた遊び(HPでは「空想の友達」)
エバの行方を捜してると、1930年に開業し廃業間近のピアポント・インで起こった事件を知ったサムはディーンと一緒に捜査することに。ホテルの主スーザンは気さくで良い女主人だが、廃業するにあたった関係者が犠牲者となる事件が起こったことから、廃業に反対するものの犯行だと2人は考えるが・・・。
ディーンがサムに父親の言葉を言ってしまったのはなぜなんだろう?どんな成り行きでこういう話になったんだっけ?9話の内容を忘れちゃった^^;
このことを聞いてからサムは自身の問題解決のため、自分と同じような能力を持ってる者を探すと・・・いるんだな。しかもサムと同じ能力でサムが思ってたパターンから外れてる。
死んだスコットが残した音声テープからある事を知ったサムとエバなんですが、ここで久々ヴァンパイアハンターのゴードン登場(シーズンⅡの3話にて登場)。今まで根に持ってたのか?と思ってたらどうやら職業柄からのことらしい。なんて仕事熱心な男なんだ。
ゴードンが登場するってことは、これからも過去に登場した人物が再登場するのかな?というかゴードンがいずれまた登場しそうな予感・・・。

11話では、ディーンは舞台となるホテルを「寄宿舎風お化け屋敷」と言ってますが、私にはとってもステキな外観に見えるんだけど。なんか日本人とアメリカ人の感覚の差を痛感~。
ディーンとサムが宿泊しようとすると、ゲイと勘違いされることが前にもあったのですが、確かに兄弟には見えない(というか全然似てない)。男前2人だと勘違いされても仕方ないか^^;
人を救ったら自分の運命を変えれる思ってるサム、ディーンにある約束をさせてしまうこともあり、よほど悩んでるんだ・・・。

この11話は結構意外な結末でした。ぼーと観てたので伏線があったのかもしれませんが、ラストに近づくにつれ「そうなの?!」と思っちゃった。人形が多く、ただでえさえ不気味な雰囲気。こういう話はリアルっぽくてついついのめり込んじゃう。なんだか悲しすぎる・・。

このVol.5では未公開シーンが収録。あの髪型がステキな(えっ?)アッシュのちょっとした秘密が♪これからもアッシュから目が離せません(←これはウソ。この回に登場するまですっかり忘れてました(笑))。

「スーパーナチュラル」シーズン2 Vol.4

『スーパーナチュラル シーズンⅡ』 SUPER NATURAL #8・#9

SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン) コレクターズ・ボックス1

 製作:2006年~
 製作国:アメリカ





※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれてます。


第8話:地獄の猟犬(HPでは「黒い犬」
ディーンはとうとうFBIの指名手配犯になってしまった。しかもデータベースに載ってしまい、サムは今後の活動に影響があるんじゃないかと心配するがディーンは気にしておらず、今からかかる事件の説明をサムに促す。その事件とは、建築家のショーン・ボイデンが自分が設計した自宅マンションから落下死。死ぬ2日前「黒い犬」に怯えてたというが、犬の痕跡は全くなかった。亡くなったボイデンについて捜査する2人は、10年前までバーでバーテンで働いておりそれをきかっけにボイデンの設計の才能が開花したと知る。

第9話:感染
ディーンが悪魔に取り憑かれた青年ドウェイン・タナーを殺すという夢を見たサム。2人は真相を突き止めるため現場となったルバーグローブへ。そこで木に彫られたある言葉を見つけた2人はロアノーク島で起こった出来事を思い出す。ボビーorエレンに連絡取ろうとするが、携帯は圏外、公衆電話は不通。ドウェインの家族に会うもどこか不自然と思ったのもつかの間、どうやらこの町の住民はウィルスに感染している模様。そしてロアノーク島と同じく町の住民が消えてしまった。
ボイデンの知り合いが言った言葉で、真の天才は早死にするというのは本当か?!確かにゴッホやモーツァルトは若くして亡くなったけど、モーツァルトに関しては、自ら才能を捨てたわけではないんでは?←詳しくは知りませんが^^;
アインシュタインやチャップリン、ピカソは長生きしたぞ?!もしやゴッホとモーツアルトを例に出したのは、ゴッホ=自殺、モーツアルト=病死or毒殺(他人の手によっての死)という早死にしたパターンには種類があるという事が言いたかったのか?そんな事を言うコヤツが怪しいと思ったのですが、これはいくらなんでも私の考えすぎか(苦笑)。

悪魔ハンターはいろんな事を知ってなきゃいけないもんです。悪魔を呼ぶ儀式で使う花の名は覚えてなきゃいけないし、世界の宗教の教えや言い伝えを知ってなきゃ迅速に判断できやしない。こりゃ大変だわ^^;
1930年、ミシシッピ州ローズデールで、ギターで最高のブルースマンになりたいと思ったロバート・ジョンソンが、1938年、ミシシッピ州グリーンウッドで黒い犬に襲われ男性が死亡するという伝説があり今回の事件と類似。成功するために悪魔と取り引きするが、その代償の重さに気付いた時はすでに遅い・・・。
だけどそんなことで諦めるディーンじゃない!というか父親が自分のために悪魔と取り引きしたかもしれないという事が心の中で残ってる模様。なのになのに・・・悪魔から新たな真実を聞かされたディーンの心中はいかに。

9話で、青年の家の近くでみつけた柱の傷、「クロアトアン」と書かれていた。ロアノーク島というイギリス植民地で突然人が消え、残ったのは木に残した一つの言葉、それが「クロアトアン」。
この回でサムにある免疫があることはわかったのですが、これはどういう意味が?!しかもある人物がかつて登場したメグと同じようなことをしてるじゃないか!もしやコヤツも・・・。
ディーンが最後に言ったセリフ、とうとうサムに言っちゃうのか?と思ってらここで終了・・・。次回が楽しみだわ♪

「スーパーナチュラル」シーズン2 Vol.3

『スーパーナチュラル シーズンⅡ』 SUPER NATURAL #6・#7

SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン) コレクターズ・ボックス1

 製作:2006年~
 製作国:アメリカ





※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれてます。


第6話:壁の中の殺人鬼
エレンとジョー親子が大ゲンカ。フィラデルフィアで80年の間に同じビルで6人の若い金髪女性が消えており、それをジョーが1人で調べ真相究明しようとしてることに、これ以上家族を失いたくないエレンはその行動に大反対。その場に居合わせたサムとディーンが調査することになるが、ジョーが母親を騙してそのアパートを借りにきてしまった!

第7話:容疑者
指紋が照合しディーンに殺人容疑がかかってしまう。しかしディーンは法律上“死亡”してることになっており、どうやって死を偽造したか、また状況証拠だけの殺人事件解明に警察は2人を追及する。凶器も動機も立証できない警察を前に、ディーンはどうなってしまう?
母親にベガスに行くという書き置きをして出てきたジョー、しかもバレないようにカード使用の記録をアッシュに頼んでくるなんてなかなか悪知恵が働く活発で口も達者なお嬢さんです。自分と同じ道をたどってほしくないディーンはいろいろとジョーに言うものの全く聞く耳持たず。
ジョーとディーンには共にハンターの父親を亡くしたという過去を持っており、ジョーが狩りをしたいという思いがなんとも辛い・・。と思ってたらエレンからジョーにある真実を知らされる。なるほど、そういう過去があったのか。ディーンとジョーのがメインのストーリーが出来そうな予感と前回書きましたが、こりゃなさそうだわ。
ところで作中に名前が登場するH・H・ホームズは実在した伝説の犯罪者で、このドラマで言われる遺体はセメント詰めだとか、殺人の館には隠し扉や仕掛けなどがあったとかは全て本当のことで、館の写真まで実物を使ってます。ってことは、このアパートは殺人の館が舞台ってこと??

7話は怖かった・・・。振り向けば急にそこに霊がいるのはベタだけど、やっぱり心理的に怖い。
カード詐欺に不法侵入、墓あらしを今までしてきたディーン、冒頭に今まで扮した職業や偽造の名前などがざっと紹介されるのですが、いろいろあったな~。
2人が超常現象の事件を追うのと、ディーンに殺人容疑がかかってしまうという2つの事が冒頭で同時進行に進んでいってます。もともとディーンは女性を拷問して殺した容疑がかかっていたが法律上“死亡”したことになってるんですよね(Ⅰの15話で判明)。
結局ディーンは“死亡”したまんまなんだろうか・・・。それとも死を偽造してたということで“死亡”は撤回されるんだろうか。謎だ。

おまけ:
「女性刑事、誰かに似てない?」「さあ?」「ところで腹減った、緑の豆のスープが飲みたくなった」  
えっ?えっ??そうだったの?ビックリ!なるほどね~。よ~く考えたら粋な会話だ。

「スーパーナチュラル」シーズン2 Vol.2

『スーパーナチュラル シーズンⅡ』 SUPER NATURAL #4・#5

SUPERNATURAL スーパーナチュラル (セカンド・シーズン) コレクターズ・ボックス1

 製作:2006年~
 製作国:アメリカ





※順を追って感想を書いてるため、前回までのネタバレが含まれてます。


第4話:蘇った恋人
サムとディーンは母親の墓参りに行くことに。そこでディーンはあるお墓の周囲だけ草木が枯れていることに気がつく。調べてみるとそこは3日前に恋人との喧嘩が原因で車を運転中に事故死した女子大生アンジェラの墓だった。2人がアンジェラの周囲を調べ始めるといろんな事実がわかってきた。

第5話:悪魔のささやき
ある男性が携帯電話を受けてすぐ、銃を売ってる店に入り店主を撃ったあと自殺した・・・という予知夢を見たサム。2人はアッシュ(Ⅱの2話で登場)に事件の場所の特定をしてもらおうとエレンの店ロードハウスに向かう。そこでサムは自分と同じ境遇--火災があった家で火元は生後6ヵ月の赤ん坊の家を捜してもらうことに。自分と同じ立場の人間が関係してると思ったサムの考えは大当たりだったが、どんな人物なのか?
ディーンは両親の死を忘れたくて狩りをしたかったのか?まあ少なからず図星だけど、最後のディーンの言葉は切ないな~。
この4話自体はそれほど印象に残らないのですが、何かの力で生き返るべきではないというディーンの気持ちを反映したような事件だったのは確か。うーん、今回の復讐に燃える霊はイマイチかも。生前はとってもいい子だったのに、霊になったらいい子ちゃんじゃなくなってしまい、ただの復讐劇で同情する余地もないし、反対に手強い相手でもないときてる。ちょっとあっさりしすぎ?
そういやシーズンⅡの2話からエレンが登場したり(あるいは名前だけ登場)するのですが、これからも良き情報提供者として登場していくのかな。
ディーンがいない時、サムは1人でテレビを観てたようだけどなんだかあやしげなテレビ番組だったような・・気のせい?どうでもいいっか。

5話では再びアッシュの登場です!相変わらずカッコイイ髪型してる(笑)。ジョーは相変わらずディーンに気があるみたいで、いつかはこの2人がメインのストーリーが出来そうな予感。
サムは自分と同じ歳で同じ境遇のアンディを見つけるが、サムとは違う能力を持ってるだけでなくしかも動機がわからないときてる。
Ⅰの14話で同じ境遇のマックスが登場しましたが、今回の男性も危険人物なのか?とドキドキしながら観始めました。予想してなかった結果でしたが、新たな問題が増え、今後同じ境遇の人物を探すのが大変だな~。
悪魔は超能力者に計画があるっていう話、一体どんな計画があるんだろう。ん~~今後徐々に明らかになっていくんでしょうか。待ち遠しい~。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。