TK.blog

好きな映画や小説etc

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回大阪アジアン映画祭

お久しぶりです!
私は元気です!頑張ります!
ということで、今年の第11回大阪アジアン映画祭も行きますよー。
東京在住なので、関西への実家帰省を含んでの5日間のプチ映画祭帰省。

今回は無理せず4本だけ見る予定。
チケットゲット済みは、


・『私の少女時代 -Our Times-』(原題:我的少女時代)
 製作年:2015年
 製作国:台湾
 監督:陳玉珊
 出演:ビビアン・サング(宋芸樺)、ワン・ダールー(王大陸)

楽しみにしてたのでチケットゲット出来て嬉しい♪
ゲストで劉徳華、言承旭が出演っていうのも楽しみ。



・『欠けてる一族』(原題:缺角一族)
 製作年:2015年
 製作国:台湾
 監督:ジャン・フォンホン(江豐宏)
 出演:ELLA (陳嘉樺)、リン・ボーホン(林柏宏)、ツァイ・シンナン(蔡振南)、リン・メイジャオ(林美照)

”質問されると5秒間硬直してしまう青年が、その“病気”を克服するためヒッチハイクの旅に出る。いろいろな人に出会って、人生の“欠けたピース”を探す青春ヒューマンドラマ。”だそうな。


・『湾生回家』(原題:湾生回家)
 製作年:2015年
 製作国:台湾
 監督:ホァン・ミンチェン(黄銘正)
 出演:冨永勝、家倉多恵子、リー・シンロン(李幸蓉)

戦前、台湾で生まれ育った日本人「湾生(わんせい)」。見知らぬ祖国・日本に送還された「湾生」の人々が、
生まれ故郷である台湾に里帰りし、懐かしい人々を探し求める姿を追ったドキュメンタリー作品。
話題になってたり、台湾で泊まったホテルの部屋に書籍が置いてあったり、気になってきた作品。オープニングはチケ取るの難しいと思ったのでナナゲイで取りました。


・『荒らし』(原題:老笠)
 製作年:2015年
 製作国:香港
 監督:ファイヤー・リー(火火)
 出演:デレク・ツァン(曾國祥)、J. Arie(雷琛瑜)、ラム・シュー(林雪)、フィリップ・キョン(姜皓文)、スタンリー・フォン (馮淬帆)

実はこれが一番見たくて、この作品を軸に日程を調整しました。
”真夜中、老人がコンビニの店長を刺し、籠城する。偶然居合わせたマフィアのボスや訳アリの警官が暴れ、特殊部隊は来るわ、爆弾は出てくるわの大騒ぎ。まさに“香港映画”なコメディ!”
なんて書かれていたら見たくなるに決まってる(笑)。ゲスト登壇があるのでめちゃ楽しみ。



いまのところ上記の4本はゲット済み。他にも見たい作品はあるんですが、
5日間の日程だとこれが限界。実家でいろいろしたいこともあるし。
ちなみに『The Kids(仮)』と『レイジー・ヘイジー・クレイジー』は
東京国際映画祭で見たので今回は外しました。

スポンサーサイト

第26回東京国際映画祭

久々のブログアップ!私は元気です!元気もりもりです!

さて、来月から第26回東京国際映画祭。
今回も観たい作品をピックアップしてみました。

『So Young』 
2013年/中国
原題:致我們終將逝去的青春
監督:ヴィッキー・チャオ(趙薇)
出演:マーク・チャオ(趙又廷)、ハン・ゴン(韓庚)、ヤン・ズーシャン(楊子姍)、ジャン・シューイン(江疏影)

人気ネット小説を映画化した1990年代の甘く切ない青春群像。
ヴィッキー・チャオ監督作品でマーク・チャオ出演なので楽しみ☆

『激戦』 
2013年/香港
原題:激戰
監督:ダンテ・ラム(林超賢)
出演:ニック・チョン(張家輝)、エディ・ポン(彭于晏)、クリスタル・リー(李馨巧)

気になる作品の中で一番観たい!総合格闘技アクション・ドラマらしいけど、
とにかく出演者が好きなので^^

『27℃ ― 世界一のパン』 台湾電影ルネッサンス2013 
2013年/台湾
原題:世界第一麥方
監督:リン・チェンシェン(林正盛)
出演:リー・クオイー(李國毅)、モン・コンルー(孟耿如)、ワン・ツァイフア(王彩樺)、カオ・モンチエ(高盟傑)、ホアン・トンフイ(黃鐙輝)、チウ・カイウェイ(邱凱偉)

若くして伝説となった実在のパン職人の修業と成長の物語。
観たあとお腹空きそう~。

『失魂』 台湾電影ルネッサンス2013 
2013年/台湾
原題:失魂
監督:チョン・モンホン(鍾孟宏)
出演:ジミー・ウォング(王羽)、ジョセフ・チャン(張孝全)、チェン・シアンチー(陳湘琪)、レオン・ダイ(戴立忍)、チン・シーチエ(金士傑)

ホラー風味の衝撃作だそう。同監督作『停車』のような感じだと嬉しいんだけど、
『4枚目の似顔絵』のようだと頭の中が???になるかも…。

『高雄ダンサー』 台湾電影ルネッサンス2013 
2013年/台湾
原題:打狗舞
監督:ホー・ウェンシュン(何文薰)、ファン・ウチョル
出演:エド・パン(潘永)、ホアン・コーチン(金士傑)、クオ・ユィティン(郭育廷)

海底の宝物に憧れる幼なじみ3人組の成長に寄り添うビターな青春映画。
台湾と韓国の新人監督ふたり、早稲田大学安藤研究室が共同製作。
予告編を見たけど、物語の先がまったく見えない。物語自体もよくわからない。
そういう意味で気になる作品。

『Together』 台湾電影ルネッサンス2013 
2012年/台湾
原題:甜‧祕密
監督:シュイ・チャオレン(許肇任)
出演:ホアン・シャオヤン(黃劭揚)、リー・リエ(李烈)、ケニー・ビー(鍾鎮濤)、ソニア・スイ(隋棠)、マー・ジーシアン(馬志翔)、ウー・チエンホー(巫建和)

17歳の高校生ヤンの目を通して描く、父、母、姉、それぞれの恋愛模様。
台湾映画のこういうタイプの作品は大好き。なので楽しみ☆

『総舗師 ― メインシェフへの道』 
2013年/台湾
原題:總舖師:移動大廚
監督:チェン・ユーシュン(陳玉勲)
出演:リン・メイシウ(林美秀)、トニー・ヤン(楊祐寧)、キミ・シア(夏于喬)、ウー・ニエンチェン(吳念真)、クー・イーチェン(柯一正)、シー・シアン(喜翔)

伝説の名料理人を父に持つ少女が家業の立て直しに乗り出す物語。
リン・メイシウさん!台湾ドラマによく出ていて好きな女優さん。
楽しそうな雰囲気の作品なので観てみたい。

『坊やの人形』ディスカバー亜洲電影 
1983年/台湾
原題:兒子的大玩偶
監督:ホウ・シャオシェン(侯孝賢)、ワン・レン(萬仁)、ツォン・チュアンシアン(曾壯祥)
出演:チェン・ボージョン(陳博正)、ヤン・リーイン(楊麗音)、ジュオ・シャンリー(卓勝利)、ジャン・シャー(江霞)、ジン・ディン(金鼎)、チェン・チー(陳琪)

製作30周年を記念したデジタルリストア版。
30年もの前の台湾映画を見たことがないので気になる作品。

『マラヴィータ』 
2013年/アメリカ=フランス
原題:Malavita
監督:リュック・ベッソン
製作総指揮:マーティン・スコセッシ
出演:ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、トミー・リー・ジョーンズ、ディアナ・アグロン、ジョン・ディレオ

監督、製作総指揮、出演者が豪華で内容も面白そう♪
でもこちらは11月に公開が決まっているので映画祭で行くかどうかは微妙^^;


今年は"台湾電影ルネッサンス2013"があって嬉しい♪
でもさすがに全部は鑑賞できないので、とりあえず『激戦』、『失魂』、
『総舗師 ― メインシェフへの道』だけは観たいな~。
スケジュール公開が楽しみです☆

第8回大阪アジアン映画祭

本日、第8回大阪アジアン映画祭のチケット発売がありました☆
まずはチケットをゲットした作品 ↓


・『毒戦』(原題:毒戦)
 製作年:2013年
 製作国:中国/香港
 監督:ジョニー・トー(杜琪峰)
 出演:ルイス・クー、スン・ホンレイ、ホァン・イー、ミシェル・イェ、ラム・シュー

オープニング・セレモニー作品。やった~!トー監督モノは今までの大阪アジアン映画祭からみて絶対あると思ってた♪作品解説によると中国本土を舞台にした本格クライム・サスペンスとのこと。めっちゃ楽しみ^^

・『低俗喜劇』(原題:低俗喜劇)
 製作年:2012年
 製作国:香港
 監督:パン・ホーチョン(彭浩翔)
 出演:チャップマン・トー、ロナルド・チェン、ダダ・チャン、フィオナ・シット、サイモン・ロイ

パン・ホーチョン監督が好きなので外せない作品。作品解説には"パン・ホーチョン節炸裂の大爆笑最新作"と。期待しちゃおっと☆

・『恋の紫煙2』(原題:春嬌與志明)
 製作年:2012年
 製作国:香港
 監督:パン・ホーチョン(彭浩翔)
 出演:ミリアム・ヨン、ショーン・ユー、シュウ・チェン、ヤン・ミー、ヴィンセント・コク

またまた大好きなパン・ホーチョン監督作品。<2010東京国際映画祭>で『恋の紫煙』を鑑賞し面白かったので、2は絶対観ようと思ってました!2012回東京国際映画祭で上映されており、東京まで観に行こうかと思ったぐらい^^; 映画祭に監督来てくれないかな~。監督自身もめちゃ面白いので話聞きたいデス☆

・『GF*BF』(原題:女朋友。男朋友)
 製作年:2012年
 製作国:台湾
 監督:ヤン・ヤーチェ(楊雅喆)
 出演:グイ・ルンメイ、ジョセフ・チャン、リディアン・ヴォーン、
     チャン・シューハオ、レナ・ファン、ティン・ニン

やったー!台湾でこのDVDを買おうか何度も迷った挙句、中文字幕で観ると時間がかかってしょーがないので結局諦めた作品なので、日本初上映が本映画祭なのがとっても嬉しい(TT)。

・『ポーとミーのチャチャ』(原題:寶米恰恰)
 製作年:2012年
 製作国:台湾
 監督:ヤン・イーチェン(楊貽茜)/ジム・ワン(王傅宗)
 出演:ホアン・ペイジア、ポール・チャン、オウヤン・ルン、ジャン・シーイン、リー・チーチ

双子ポーとミーの青春ラブコメとのこと。2012年台北映画祭グランプリ受賞とのことなので楽しみ~。

・『BBS住人の正義』(原題:BBS郷民的正義)
 製作年:2012年
 製作国:台湾
 監督:ロー・リン(林世勇)
 出演:チェン・ボーリン、アイビー・チェン、シュウ・ジエカイ、パフ・クオ

チェン・ボーリンくん主演というだけでチケ買っちゃった(笑)。作品解説の内容を読むとなんだか面白そうな予感?!
とりあえず6作品のチケはゲット済み^^
でもまだ興味がある作品があるんだなー。

・『メモリー –First Time-』(原題:第一次)
 製作年:2012年
 製作国:香港/中国
 監督:ハン・イエン(韓延)
 出演:アンジェラベイビー、マーク・チャオ、ティエン・ユエン、チャン・シャン、シンディ・ユェン

実は年末の台湾旅行の機内映画で既に鑑賞済み。小さい画面で観にくかっただけでなく、ところどころ内容を忘れてるので観直そうかしらん?と軽く思ってる程度なので、おそらく観ないかな^^;

・『セデック・バレ 太陽旗』(原題:賽克・巴萊 太陽旗)
 製作年:2011年
 製作国:台湾
 監督:ウェイ・ダーション(魏徳聖)
 出演:リン・チンタイ、ダーチン、安藤政信、ビビアン・スー、木村祐一

<第7回大阪アジアン映画祭2012>で既に太陽旗編、虹の橋編が上映されており、今回はプレオープニング作品としてなぜか太陽旗編のみ上映。なして?!後半の虹の橋編は??どうやら2013年GW全国ロードショーで公開されるにあたり、一般公開に先駆けての上映みたい。もう一度観たかったので太陽旗だけでも…と思ったけど、GWに観た方がよさげ?


他にもいろいろと上映作品があり、チケもまだ余裕がありありのようなので
台湾・香港映画以外のアジア作品もじっくり物色しようと思います^^

とりあえず今は、放置気味のブログをなんとかしないと!
この1~2ヵ月間に観た映画や読んだ本の感想を早くアップしないと~

『図書館戦争』の実写映画化決定!

有川浩著『図書館戦争』の実写映画化が決定したそうです!
2013年ゴールデンウイークに全国東宝系で公開のこと。
オフィシャルサイトはこちら 

で、気になるキャストは…


堂上篤=岡田准一(V6)
笠原郁=榮倉奈々

小牧幹久=田中圭
柴崎麻子=栗山千明
手塚光=福士蒼汰
仁科巌=石坂浩二

図書館戦争実写

見た目でキャスティングしたのかなあ。
堂上&笠原なんてイメージどおり^^
栗山千明さんの柴崎もピッタリ!

で、石坂さん演じる仁科巌って誰でしたっけ??
上司にこんなお名前の人物いたっけな?

まだまだ先ですが、今から楽しみ☆☆

2012-2013 冬の香港傑作映画まつり

2012-2013 冬の香港傑作映画まつり

久しぶりにシネマート心斎橋のHPを見てみると、
今年の冬、「2012-2013 冬の香港傑作映画まつり」があるとのこと。
ラインナップは、


・『最愛』(原題:最愛)
 製作年:2011年
 監督:クー・チャンウェイ
 出演:チャン・ツィイー/アーロン・クォック/プー・ツンシン

・『大魔術師 Xのダブル・トリック』(原題: 大魔術師)
 製作年:2011年
 監督・脚本:イー・トンシン
 出演:トニー・レオン/ラウ・チンワン/ジョウ・シュン/ラム・シュー/澤田拳也
 特別出演:ダニエル・ウー/チョン・プイ/アレックス・フォン/ツイ・ハーク/ヴィンセント・クォック

・『狼たちのノクターン 夜想曲』(原題:大追捕)
 製作年:2012年
 監督・脚本:ロイ・チョウ
 出演:ニック・チョン/サイモン・ヤム/ジャニス・マン/マイケル・ウォン


どれも観たい~☆
シネマート六本木は12月15日(土)より公開、
シネマート心斎橋は12月29日(土)より公開。

<2012-2013 冬の香港傑作映画まつり>特設サイトはこちら

シネマート心斎橋は年末年始なので行けるかどうかわかりませんが、
せめて、せめて『狼たちのノクターン 夜想曲』だけは観に行きたいなぁ。

2012 夏の香港傑作映画まつり

久しぶりにシネマート心斎橋のHPを見てみると、
今年の夏、「2012 夏の香港傑作映画まつり」があるとのこと。

ラインナップは、


・『白蛇伝説 ~ホワイト・スネーク~』(原題:白蛇傳説)
 
 監督・アクション指導:チン・シウトン
 出演:ジェット・リー/ビビアン・スー他

・『盗聴犯 ~死のインサイダー取引~』(原題:竊聽風雲)
 監督・脚本:アラン・マック/フェリックス・チョン
 出演:ラウ・チウワン/ルイス・クー/ダニエル・ウー他

・『盗聴犯 ~狙われたブローカー~』(原題:竊聽風雲2)
 監督・脚本:アラン・マック/フェリックス・チョン
 出演:ラウ・チウワン/ルイス・クー/ダニエル・ウー他


どれも観たい~
シネマート六本木は7月14日(土)より開催とあったけど、
大阪のシネマート心斎橋は夏公開の記載だけ。
出来れば神戸でも上映して欲しいなー。

ちなみに6月9日から、神戸で
『ビースト・ストーカー/証人』、
8月に『王朝の陰謀』がやっと上映されます!
大阪より遅れての上映ですが、家から近い映画館に
観に行けるのがなにより嬉しい♪

上映時間に都合がつけば観にいくぞー☆

<第7回大阪アジアン映画祭2012> おまけ

今回の映画祭で嬉しかったのは、林書宇 (トム・リン)監督と、魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督の舞台挨拶があったこと♪

トム・リン (林書宇)監督
↑『星空』や『九月に降る風』の林書宇 (トム・リン)監督。

ウェイ・ダーション(魏徳聖)監督
↑『セディック・バレ』や『海角七号』の魏徳聖(ウェイ・ダーション)監督。

残念だったのは、林書宇監督のQ&Aや魏徳聖のトークイベントが私の時間の都合上、聞けなかったこと(悲)。


↓これは香港映画祭[HONG KONG NIGHT]に来られたゲストの方々。
香港映画祭[HONG KONG NIGHT]

↓[ウエルカム NIGHT] セレモニーに来られたゲストの方々。監督さんや俳優さんがずらり。
[ウエルカム NIGHT] セレモニー


↓以下は、[クロージング・セレモニー]での授賞式。
観客賞
監督は、早朝に台湾に帰られたとのこと。『セディック・バレ』が観客賞で私も嬉しい♪

ABC賞
監督は帰られたそうで、受賞式には出演者さんが登場。
今作品は観てないのですが、ABCで放送されるのでその時は観ようと思います!

来るべき才能賞
監督&出演もされたNameweeさん(?)が登場。
観ようかどうか迷った挙句、時間の都合で観なかった作品。わ~、無理してでも観たらよかった~(><)

スペシャルメンション
両作品とも紹介だけで終わり^^;

グランプリ
再び『神さまがくれた娘』です!


大阪アジアン映画祭で上映される作品はセンスがいいので、毎年楽しみにしてます。
来年も、ぜひ、ぜひぜひ開催してくださーい☆

第7回大阪アジアン映画祭

本日、第7回大阪アジアン映画祭のチケット発売がありました!

まずは指定席・整理券付き自由席のチケットをゲットした作品。↓

『捜査官X』 Wu Xia 
2011年/香港・中国/115分
監督:ピーター・チャン
出演:ドニー・イェン、金城武、タン・ウェイ、ジミー・ウォング

 チケット発売数分後に完売のマークである×が付いてたったのですが、
 その後、なぜか購入可の○マークが付いたり消えたり…
 ×マークがついているのに懲りずにチャレンジしてたら
 11時過ぎに購入することができました~(嬉)。
 なんだろう?ちょっとずつ小出しにしてたのかな?それとも当日券の分を出してたのかな??

『高海抜の恋』 Romancing in Thin Air 
2012年/香港/114分
監督:ジョニー・トー
出演:ルイス・クー、サミー・チェン、カオ・ユアンユアン、ホァン・イー、ウィルフレッド・ラウ、ワン・バオチアン

 すぐ売り切れるかと思っていたら、今現在もまだまだチケットはある模様。
 トー監督、舞台挨拶にきてくれるかなー?

『セデック・バレ 太陽旗』 Warriors of the Rainbow I: Sun Flag
『セデック・バレ 虹の橋』 Warriors of the Rainbow II: Rainbow Bridge
 
2011年/台湾
監督:カン・ヒョンチョル
出演:リン・チンタイ、マー・ジーシアン、ビビアン・スー、ランディ・ウェン、安藤政信、ルオ・メイリン、チェン・ジーウェイ

 観たかった作品なので楽しみ。でも前編143分、後編131分、
 夜の上映だから寝てしまわないか心配…。

『LOVE』 Don’t Go Breaking My Heart 
2011年/中国・台湾/127分
監督:ニウ・チェンザー
出演:スー・チー、ヴィッキー・チャオ


あと、共通自由席3回券を購入したので、

『星空』 Starry Starry Night 
2011年/中国・台湾・香港/98分
監督:トム・リン
原作:幾米
出演:シュー・チャオ、グイ・ルンメイ、レネ・リウ

と、あと2作品何か観に行く予定。
とりあえずお目当てのチケットがゲットできたので良かったです☆

来月から第7回大阪アジアン映画祭☆

3月にある「第7回大阪アジアン映画祭」の上映プログラムがHPに記載されてました。
今回は観たい!と思っていた作品がありこりゃ目が離せません!

絶対観に行くぞーと思っている作品は…

『LOVE』 Don’t Go Breaking My Heart 
2011年/中国・台湾/127分
監督:ニウ・チェンザー(钮承泽)
出演:スー・チー、ヴィッキー・チャオ
 『艋舺』以来、ニウ監督の新作映画を楽しみにしてました♪

『星空』 Starry Starry Night 
2011年/中国・台湾・香港/98分
監督:トム・リン (林書宇)
原作:幾米
出演:シュー・チャオ、グイ・ルンメイ、レネ・リウ
 幾米が原作の今作品、台湾でも昨年11月に公開されたばかり。
 なので日本語DVDはまだまだ先と思っていたので超嬉しいっ♪

『セデック・バレ 太陽旗』 Warriors of the Rainbow I: Sun Flag
『セデック・バレ 虹の橋』 Warriors of the Rainbow II: Rainbow Bridge
 
2011年/台湾
監督:カン・ヒョンチョル
出演:リン・チンタイ、マー・ジーシアン、ビビアン・スー、ランディ・ウェン、安藤政信、ルオ・メイリン、チェン・ジーウェイ
 昨年、台湾で話題(?)になった作品。日本に上陸してもミニシアター系で
 上映かなと思っており、まさか映画祭で上映されるとは思っていなかったので嬉しい。

『高海抜の恋』 Romancing in Thin Air 
2012年/香港/114分
監督:ジョニー・トー(杜峰)
出演:ルイス・クー、サミー・チェン、カオ・ユアンユアン、ホァン・イー、ウィルフレッド・ラウ、ワン・バオチアン
 映画祭でお馴染みのトー監督!これは観るしかない!

『捜査官X』 Wu Xia 
2011年/香港・中国/115分
監督:ピーター・チャン(陳可辛)
出演:ドニー・イェン、金城武、タン・ウェイ、ジミー・ウォング
 金城武出演!楽しみにしてました~♪
 ピーター・チャン監督が舞台挨拶の予定らしいです。


次は出来れば観たい作品

『変態、無頼、そしてその中間に挟まれた女』 Scumbag, Pervert, and the Girl in Between 
2011年/台湾・アメリカ/15分
監督:ブルース・ホァン・チェン(陳良侯)

『熊ちゃんが愛してる』 Bear It 
2011年/台湾/103分
監督:チェン・フェンフェン(鄭芬芬)
出演:ディラン・クォ、クー・ジャーヤン、ディン・チアン、マー・ズーチン、チェン・シーワン

『離れられない』 Inseparable 
2011年/中国/97分
監督:デイヤン・エン(伍仕賢)
出演:ケビン・スペイシー、ダニエル・ウー、コン・ベイビー

『2番目の女』 The second Woman 
2012年/香港・中国/105分
監督:キャロル・ライ(黎妙雪)
出演:スー・チー、ショーン・ユー、チェン・シュー、シー・メイチュアン、チャン・ナイティエン

『ビッグ・ブルー・レイク』 Big Blue Lake 
2011年/香港/98分
監督:ツァン・ツイシャン(曾翠珊)
出演:レイラ・トン、ローレンス・チョウ、エイミー・チュン


さぁ、今年は何作品チケットゲットできるかなー☆
曜日や時間の関係で、おそらく行けても4~5作品ぐらいかな。

2012年のはじまり

あけましておめでとうございまっす!

皆さま、昨年はいろいろとお世話になりました。

今年もよろしくお願い申しあげますm(_ _)m


さて、今回の年末年始も台湾に行ってき、

昨年観た『あの頃、君を追いかけた(原題:那些年, 我們一起追的女孩)』の

ロケ地巡りをしてきました~。

1月はこのロケ地巡りや、機内で見た映画、図書館で借りている本の感想を

UPしていく予定です。


7年目を迎える当ブログ、これからもよろしくお願いいたしまーす☆

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。